映画用語

【映画】「邦画」の意味とは?「洋画」と「邦画」の違いも解説! 【あなたは、どっち派?】

あなたは「邦画」の意味を、正しく理解していますか?

記事のポイント
  • 映画でよく見かける「邦画」の意味とは?
  • 「邦画」と「洋画」の違い

それでは、邦画の意味から見ていきましょう!

邦画とは

えいが

「邦画」とは、「日本の映画・映画作品」を意味する用語です。

日本映画とも呼ばれます。

また日本映画は、一般的に日本国籍を持つ者・会社が制作をした作品を示します。

つまり、日本国内の映画館などで公開されることを前提とした作品邦画と呼びます。

「邦画」・「洋画」ともに「映画や劇場で公開される映画作品」を意味している点では、共通しています。

洋画とは

映画1
  • 洋画=Western movies
  • 邦画=Japanese movie

このように英語で示した方が、お互いの違いが分かりやすいはずです。

「洋画」とは、欧米の映画を示します。

また、洋画には海外で制作された映画という意味も含まれています。

ハリウッド映画の特徴

洋画の代表格は、やはりハリウッド映画でしょう。

ハリウッド映画の特徴は、圧倒的な予算規模から繰り出されるスケールの大きさです。

  • 大掛かりな撮影セット
  • 高性能なカメラ
  • 撮影技法

ハリウッド映画は、すべての分野で最先端を走っています。

邦画と洋画の違いは文化性

邦画と洋画の違いは、定義のほかにも「文化性」の違いが挙げられます。

例えば、アカデミー賞です。

アメリカ映画界が展開している「アカデミー賞」と日本映画界が開催している「日本アカデミー賞」では、歴史や賞の基準が異なります。

文化の違いが各国の特色となり、映画作品へと反映されていきます。

そのため外観や映画を彩る音楽など、邦画と洋画では明らかに違うのです。

中身から考える邦画と洋画の違い

POINT
  • 洋画=ストーリーがはっきりしている
  • 邦画=ストーリーがぼんやりしている

どちらが良くて、どららが悪いというお話ではありません。

洋画と邦画の大きな違いは「情緒」にあると考えています。

感情の起伏を非常に大事にしている日本人は、「感情」の表現を重視します。

その結果、ストーリーの輪郭がぼやけやすくなる傾向にあります。

とけいが考える洋画と邦画のジャンルとは?

ただし、洋画も万能ではありません。

意図的にストーリーを際立たせるような演出をした結果、話がめちゃくちゃになってしまった作品も存在します。

  • 洋画=SF・アクション向き
  • 邦画=純愛・ホラー向き

要は、監督の腕と俳優の演技力で、作品の出来は大きく変わるのです。

その点だけは、万国共通と言えるでしょう。

邦画・洋画の違い【映画監督編】

キャスト

日本と海外の映画業界(とくにハリウッド)では、大きな格差があります。

その最たる点は、「映画監督への待遇」です。

つまり、給料や評価方法において明確な開き(格差)があります。

日本の映画プロモーションでは、キャストが表方の俳優のみであるケースが多いです。

更には原作が小説・マンガまたはアニメから映画の題材が採用されているケースが目立ちます。

邦画でよく見かける製作委員会の方式を取る映画製作の場合、映画監督の評価はなかなか上がらないでしょう。

売上げの見込める映画作品を第一に考えた場合、映画監督のオリジナル作品を公開するケースは、かなりのリスクが生じます。

有名監督でない限り、いくら傑作でも集客が見込めない可能性があるからです。

売上げを意地でも出したい気持ちも分かります。

ですが、少しむなしいです。

映画産業はあくまでビジネスであり、集客力は常に「正義」であります。

洋画と一線を画した「韓国映画」

映画2

近年では「韓国映画」が、独自の作風から確固たるジャンルとして分類分けされるようになってきました。

韓国映画の特徴

映画の題材として「社会派映画」が多く、サスペンス作品も豊富です。

日本では「恋愛作品」や王朝時代を描いた「歴史物」が人気であり、大ヒット作品も連発しています。

洋画は、「外国映画」のすべてを含みます。

多くの映画ファンの認識として、主に「欧米」で制作された作品のハリウッド映画を中心に「洋画」だと考えているユーザーが多いことでしょう。

そのため近年、とくに人気の高い韓国映画が独自の分野を確立したという印象を受けます。

▼こちらも読みたい▼

インド映画の独自ジャンル「ボリウッド」とは?

またインド映画も、独特な感性から個性豊かなストーリーを描いています。

ボリウッドの特徴

よくインド映画の世界で語られる「ボリウッド」とは、インドのムンバイで展開される映画産業の俗称を示しています。

ボリウッドの由来と「ナヴァ・ラサ」

ボリウッドの由来は、ムンバイの旧称であるボンベイの「」と、アメリカ映画産業の中心地である「ハリウッド」を組み合わせて誕生した名称です。

また、インド映画には「ナヴァ・ラサ」と呼ばれる9つの感情要素があります。

  1. シュリンガーラ (恋愛)
  2. ハースヤ (笑い)
  3. カルナ (悲しみ)
  4. ラウドラ (怒り)
  5. ヴィーラ (勇敢)
  6. バヤナカ (恐怖)
  7. ビーバッア (嫌悪)
  8. アドゥブタ (驚き)
  9. シャーンタ (平穏)

必ずしも、「上記の要素をすべて入れなければならない」というルールはありません。

しかし、より「ナヴァ・ラサ」の要素を多く取り入れた方が映画にメリハリがつき、作品が面白くなることには違いないのでしょう。

▼こちらも読みたい▼

まとめ

正直な所、映画を観る上で「邦画」の意味を知っておく必要はありません。

「邦画」とひとくくりに言っても、どの作品がいいのでしょうか?

また、どの映画の評判が悪いのでしょうか?

答えなど、ありません。映画の感想は、人それぞれだからです。

邦画は、あくまでカテゴリーの1つに過ぎないのです。

▼こちらも読みたい▼
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。