映画用語

カメオ出演の意味とは?またカメオ出演がある映画作品もご紹介!

ハリウッド映画の情報を観ているとよく聞く言葉であるカメオ出演ですが、日本では馴染みのない言葉です。

そこで本記事では、映画とカメオ出演に関する気になる事柄を解説していきます。

記事のポイント
  • カメオ出演の意味や映画作品を知ろう

それでは、カメオ出演の意味から見ていきましょう!

カメオ出演とは

カメオ出演(cameo appearance/cameo role)は俳優や監督・原作者または、スポーツ選手などのゲストが短い時間に限定してゲスト出演することです。作品の対象は映画だけでなくドラマやアニメ、舞台などが該当します。

カメオ出演の由来は、工芸品・宝飾品のひとつであるカメオから来ています。

浮き彫りで人物などの装飾が施されたカメオは大きく華やかで、遠くからでも判別できます。この様子から「目を引く著名人が出演する演出手法」の呼び名として、カメオ出演が定着していきました。


サードニクス シェルカメオ ブローチ 18金イエローゴールド 枠 金具 ソレンティノ・チロ作 カメオ 落下防止シリコン付 ペンダントにもなる 2WAY

また、英語のcameoには名場面山場の意味があります。

そのため、ハリウッド映画や韓国ドラマなどではたびたび見受けられる出演形式であり、有名な人物が登場することも多いことから映画ファンにはサプライズ感覚で楽しまれています。

カメオ出演の歴史

カメオ出演のはじまりは、バレエ『本日休演』の幕間に上演された無声映画『幕間』(1924)です。『幕間』では、フランスの作曲家エリック・サティが友人たちと出演していました。

その後、映画『八十日間世界一周』(1956)で、フランク・シナトラがカメオ出演しています。なお、この作品がきっかけとなり、「カメオ出演」という言葉が使われるようになったそうです。

邦画など日本作品でカメオ出演とあまり呼ばない理由

日本では「カメオ出演」という表現はあまり使われません。しかし、カメオ出演のように著名人が出演する作品が無いわけでなく、むしろ多く存在しています。

たとえば、日本で1番有名な作家といっても過言でない東野圭吾氏は、映画『g@me.』や『秘密』といった自身が執筆した作品にカメオ出演を果たしています。また映画『ピンクとグレー』では、原作者の加藤シゲアキ氏がカメオ出演して話題になりました。

日本の場合、「特別出演」または「友情出演」の形で紹介されることが多く、カメオ出演という表現はあまり採用されていないのでしょう。

友情出演とは

友情出演とは、「監督やプロデューサー、出演俳優と親交の深い友人」が出演することです。友情を通じての出演であるため、基本的にギャラはノーギャラ、もしく低価格で出演しています。

特別出演とは

特別出演は、「大物俳優に脇役として出演依頼」をする際に用いられます。通常、大物俳優には出演シーンを多くしたり、配役を主役級にしたりと配慮します。

ただし、作品の都合上1シーンのみの出番となる場合もあり得ます。そういった場合に特別出演の形式で依頼を行い、スタッフロールでも最後にクレジット付きで紹介するのです。

特別出演は通常と同じくギャラが発生するので、友情出演と特別出演の違いはギャラの有無で区別してもいいでしょう。

有名なカメオ出演がある映画作品は?

カメオ出演で有名な作品に、マーベルシリーズがあります。『アイアンマン』・『スパイダーマン』など数々のアメコミヒーローを生み出してきた漫画原作者のスタン・リーはカメオ出演しまくっているんです。

その結果、スタン・リーがカメオ出演した作品の興行収入が「世界一の記録」としてギネス登録された程です。

また『アイアンマン』の映画監督を担当したジョン・ファヴローが出演した映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』には、ロバート・ダウニー・Jrの姿があります。

▶こちらも読みたい:アイアンマンの監督でもあるジョン・ファヴローが主演の『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』とは?

ピクサー作品はキャラクターがカメオ出演

ピクサー作品のカメオ出演は、変わった形を取っています。実在する人物ではなく、過去のピクサー作品や制作中の作品からさまざまなキャラクターたちがカメオ出演しているのです。

しかし、当のキャラクターが一瞬しか映っていないケースも多く、何度も作品を鑑賞してカメオ出演している姿を探し出す必要があります。

『トイ・ストーリー3』ではトトロがカメオ出演

2010年に公開された『トイ・ストーリー3』の中で、「トトロ」が出演したことが大きな話題を呼びました。

ちなみに、これはピクサーとジブリの関係性から実現した話であります。宮崎駿監督の了承を経て、トトロのカメオ出演が決まっています。

韓流ドラマや韓国映画はカメオ出演の宝庫

Netflixで配信されている『愛の不時着』では、ム・スヒョンが映画『シークレット・ミッション』(13)に出演した役名(北朝鮮からのスパイ「ドング」でカメオ出演しています。

また、『冬のソナタ』の出演で有名なチェ・ジウは本人役で第13話にカメオ出演しています。

ほかにも『梨泰院クラス』では、パク・ボゴムがイケメンシェフ役で登場しています。パク・ボゴムが主演を努めたドラマ『雲が描いた月明かり』のプロデューサーたちとの縁で実現したカメオ出演でした。

まとめ

監督や有名人がカメオ出演に至る理由はさまざまです。ただ「視聴者を楽しませたい」という制作側の気持ちは共通しており、映画ファンをワクワクさせてくれる一因となっています。

ぜひ、カメオ出演のある作品を鑑賞して、映画の新たな面白さを楽しんでみてはいかがでしょうか?

※カメオ出演がある作品は、U-NEXTの無料トライアルで探すことができます。

\登録・解約も簡単/

※31日間以内に解約で完全無料です

↓   ↓   ↓   ↓

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。