洋画

【実は全編ワンカットじゃない】映画『1917 命をかけた伝令 』は実話だった?

全編をひとつの映像につなげて撮影する「ワンシーン・ワンカット」で描かれた映画が『1917 命をかけた伝令』です。

ただし、『1917 命をかけた伝令』のワンカットじゃなかったという話があります。

また本作が、実話かどうかに関しても真相がよく分かりません。

そこで本記事では、以下のようにまとめてみました。

記事のポイント
  • 『1917 命をかけた伝令』のあらすじからキャストまで
  • 『1917 命をかけた伝令』のワンカットじゃなかった?それに実話だった?

それでは、映画『1917 命をかけた伝令』のあらすじから見ていきましょう!

『1917 命をかけた伝令』のあらすじ

第1次世界大戦が、舞台です。

若いイギリス塀であるスコフィールドブレイクの2人が、最前線にいる仲間1600人の命を救うべく、将軍から重要な命令を受けます。

1917年4月、フランスの西部戦線では、ドイツ軍と連合国軍のにらみ合いが続いていました。

あらゆる危険が待ち受けているのを分かっていながら、2人の若き兵は任務を果たすために戦争の最前線まで突き進んでいきます。

作品名1917 命をかけた伝令
監督サム・メンデス
公開日2020/2/14
上映時間119分
キャストジョージ・マッケイ/ディーン・チャールズ=チャップマン

『1917 命をかけた伝令』を見るなら▼

『1917 命をかけた伝令』は、第92回アカデミー賞では10部門にもノミネートされた素晴らしい映画です。

とけいの評価は?

 88/100点

無名俳優だった2人を『1917 命をかけた伝令』の主人公に起用

映画『1917 命をかけた伝令』は戦場の2人の英国兵が、ストーリーの大部分を占めます。

ジョージ・マッケイディーン・チャールズ=チャップマンです。

「観客には、2人の目を通して新たな体験をしてほしい」

という理由で、メンデス監督はなんと主役2人に、無名俳優をセレクトしました。

ただし、主役を支える脇役たちにはベネディクト・カンバーバッチコリン・ファースマーク・ストロングなど、イギリスを代表する実力派が揃っています。

ジョージ・マッケイ

ジョージ・マッケイのキャリア
  • 出身 イギリス/ロンドン
  • 生年月日 1992/3/13
  • 代表作「はじまりへの旅」(16)、『1917 命をかけた伝令』(19)

ジョージ・マッケイ(George MacKay)は、映画「ディファイアンス」(08)に出演すると、「サンシャイン 歌声が響く街」(13)「パレードへようこそ」(14)など、イギリス映画で出演の機会を得ます。

その後、「はじまりへの旅」(16)や、「ずっとあなたを待っていた」(18)などでは、主要キャストを務めました。

戦争映画『1917 命をかけた伝令』(19)では、主役を好演しています。

ディーン=チャールズ・チャップマン

ディーン=チャールズ・チャップマン
  • 出身 イギリス
  • 生年月日 1997/9/7
  • 代表作「はじまりへの旅」(16)、『1917 命をかけた伝令』(19)

ディーン=チャールズ・チャップマンは、エルトン・ジョンが音楽を手がけた舞台「ビリー・エリオット・ザ・ミュージカル」に、2005年から出演しています。

以降、人気TVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」(13~16)で注目されます。

その後、映画「リピーテッド」(14)や「ブレス しあわせの呼吸」(17)などに出演していきます。

サム・メンデス監督の戦争映画「1917 命をかけた伝令」では、主役に抜擢されました。

サム・メンデス監督が祖父から聞いた実話を軸に、映画化したのが『1917 命をかけた伝令』

『1917 命をかけた伝令』は祖父の第一次世界大戦の伝令について話していた記憶が、サム・メンデス監督の記憶に強く残っていたことがきっかけで作成された物語です。

つまり、半分「実話」で、それ以外は脚色です。

また、主役のスコフィールドブレイクはフィクションであり、実在しません。

更には、危険な伝令が実際に行われたかどうかについても定かではありません。

ドイツで1917年に実際に行われた「アルベリッヒ作戦」

『1917 命をかけた伝令』は、第一次世界大戦でイギリスドイツが衝突した場面が、舞台となっています。

本作のきっかけとなる

ドイツが戦場から後退したように見せかけて、相手軍が追い打ちをかけてきたら準備満タンで迎え撃つ作戦

これは史実として、実際に行われたものです。

アルベリッヒ作戦」と呼ばれています。

当時、イギリスとドイツは、「塹壕を横に掘り込み相手の背後に回って攻撃をする」作戦が採用されていました。

しかし、両軍ともに同じ作戦を取った結果、塹壕が海側にまで達してしまい、決着がつかなくなってしまったのです。

そこでドイツ軍は、作戦を変更します。

塹壕から自陣を撤退したかのように見せて、後方の好立地の戦場までイギリス軍をおびき寄せます。

そこを追撃しよう、という作戦を立てたのです。

「アルベリッヒ作戦」誕生の瞬間です。

映画『1917 命をかけた伝令』とアルベリッヒ作戦

映画『1917 命をかけた伝令』では、アルベリッヒ作戦と知らずに先に追撃へ行ってしまったイギリス軍「デボンシャー連隊」の被害を、最小にしようと計画します。

そのため、主人公たちが命がけの伝令を行うことになったのです。

映画『1917命をかけた伝令』のこだわり抜いた【ワンカット風】撮影手法

映画『1917命をかけた伝令』は、すべてのシーンが一つにつながっているのように見える「ワンカット」撮影です。

全編ワンカットの映像で話題になった本作ですが、実際には全編ワンカットで撮影されたわけではありません。

各シーンをワンカットで撮影した上で継ぎ目をなくして、ワンカットに見えるような演出をしているのです。

『1917命をかけた伝令』では、若き兵たちが最前線に向かうため常に危険なエリアを歩き続けています。

つまり、歩くスピードや進む距離もすべて計算した上で、道や建物を作り上げたのです。

また、ワンカットでずっと撮影が続いているために、役者は演技をし続ける必要があります。かなり大変だったはずです。

007 スペクター』・『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』などの代表作で知られる名匠サム・メンデスが挑んだ意欲作は、とてつもないスケールの大きさに仕上がりました。

『1917 命をかけた伝令』に登場したロッホナガー・クレーター

映画内でスコフィールドとブレイクが、ドイツ軍陣地前でひときわ巨大なクレーターに出くわします。

これは1916年、実際にイギリス軍が25トンの爆薬をドイツ軍陣地地下で爆発させた跡です。

直径約91m・深さ27mの巨大なクレーターは「ロッホナガー・クレーター」と呼ばれ、現在は観光地化しています。

まとめ

映画『1917 命をかけた伝令』は、臨場感がすさまじい作品です。

第77回ゴールデングローブ賞では、作品賞(ドラマ部門)と監督賞を受賞しています。

基本的にはワンカット撮影であるため、まるで戦場にいるような気持ちを抱かせてくれる作品です。

またゲーム感覚のような視点で、本作を楽しめることでしょう。

そんな戦争映画の傑作『1917 命をかけた伝令』をぜひ、この機会に鑑賞してみてはいかがでしょうか?

※今回紹介した映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。