洋画

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は実話だった!【フランク・アバグネイルは司法試験を突破している】

詐欺師が活躍する映画は、たくさんあります。

その中でも、映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』はオススメです。

その理由は『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』が実話であるからです。

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のあらすじ
  • 実話と比較する詐欺の数

それでは、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のあらすじから見ていきましょう。

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のあらすじ

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は、1960年代に実在した天才詐欺師フランク・アバグネイルの実話がストーリーの土台です。

フランク・アバグネイルはわずか16歳から21歳までの間に約400万ドルを稼ぎ出し、世界26カ国で詐欺を行いました。

作品名キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
監督ティーヴン・スピルバーグ
公開日2003/3/21
上映時間141分
キャストレオナルド・ディカプリオ/トム・ハンクス
詐欺の数10(実話より)

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を見るなら

とけいの評価は?

 83/100点

レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクス

キャストモデル

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』が、レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスの初顔合わせとなりました。

レオナルド・ディカプリオが、主人公フランクを演じています。

また、FBIの捜査官役はトム・ハンクスです。

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の実話となったフランク・アバグネイルの詐欺の数々

実話

天才詐欺師フランク・アバグネイル詐欺のバリュエーションは、以下の通りです。

  1. 銀行詐欺(信用詐欺)
  2. パイロット(身分詐称)
  3. 教員助手(身分詐称2)
  4. 医師(身分詐称3)
  5. 弁護士(身分詐称4)

かつて実在した詐欺師の中では、フランク・アバグネイルの騙した金額こそ平凡であるものの、15歳という若さの点では突出していました。

また『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』鑑賞すると分かるように、そのフランク・アバグネイルのあまりに巧妙な手口は、実際に当時のニュースでも話題となりました。

その後、フランク本人が著した自伝「Catch me if you can」が脚本となり、映画化へとつながっていったのです。

映画よりも著書の方が面白い!」というレビューもあるくらいです。

フランク・アバグネイルの詐欺:銀行詐欺(信用詐欺)

POINT

フランク・アバグネイルは残高のない口座の小切手を書き、信用詐欺を行っていきました。

しかし当然、銀行から請求が来るまでの数回の間だけしか、この詐欺は通用しません。

その結果、フランク・アバグネイルは他の銀行でも口座開設をして同じ詐欺を繰り返します。

また、信用詐欺を継続するために、ウソの身分証明書まで作成したのです。

フランクの詐欺は段々と腕を上げていき、次々と新たな手口を考案していきます。

  1. 小切手の複製
  2. 偽の預金残高からの前貸し
  3. 完璧なウソの身分証明書の作成

逮捕後に行われた講演会でフランク・アバグネイルは、手口を事細かに説明しています。

  • 空白の預金伝票に、自分の口座番号を印刷銀行で本物の伝票に紛れ込ませる

この方法を使うと、当時は正規の顧客よりも審査が通りやすかったそうです。

フランク・アバグネイルが銀行詐欺(信用詐欺)のために用いた身分詐称で実際の業務も遂行していた

  1. 航空機のパイロット
  2. 教員助手
  3. 医師
  4. 弁護士

フランク・アバグネイルの身分詐称「航空機のパイロット」は、制服を入手したところから始まりました。

その後、身分証明書まで偽造して、自動運転ですが飛行機の運転を繰り返し行っています。

この時、フランク・アバグネイルは16歳-18歳の若さでした。

約2年間で、走行距離1,000,000マイル (1,600,000 km)を突破し、26カ国以上に降り立っています。

その後、教員助手として1学期の間、社会学を教えています。

それから、医師の身分詐称に切り替えたのです。

フランク・アバグネイルは、11ヶ月もの間、小児科のチーフ・レジデントに身分を偽ったのでした。

フランク・アバグネイルは司法試験に合格していた

最後の身分詐称は、弁護士です。

しかし、弁護士に関してはフランク・アバグネイルが詐欺をしていたかどうかは判別ができません。

なぜなら実際に、フランク・アバグネイルはパイロットを名乗っていた頃に司法試験に合格していたからです。

試験の際に使った証明書はもちろん偽造品ですが、難関である司法試験を正面突破しています。

フランク・アバグネイルは、頭が非常によい詐欺師でした。

まとめ:『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の映画と実話を比べた時の違い

映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』で何度も登場した身分詐称ですが、実はフランク・アバグネイルが行った身分詐称の回数の方が多いです。

  • 映画=パイロット・教員助手・医師・弁護士
  • 実話=パイロット・教員助手・医師・弁護士(映画で登場した詐欺)+連邦刑務局職員など合計8回以上

また、映画に登場するトム・ハンクス演じたFBI捜査官は、実在しません

複数のモデルを組み合わせて、一人の捜査官としていました。

ちなみにフランク・アバグネイルが行った最初の詐欺被害者は銀行ではなく、「父親」だったそうです。

お父さん、かわいそう。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。