コラム

『プライベート・ライアン』は実話がベースだった?アパム伍長の存在意義をネタバレ考察【グロい】

スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『プライベート・ライアン』冒頭の約20分には、戦場のリアルが詰め込まれています。

そのため、多少グロいかもしれません。

そんな「兵士があっさりと死ぬ過酷な戦場を描いた」ストーリーの中で、本作に多くの疑問を与えたのがアパム伍長でした。

記事のポイント
  • 『プライベート・ライアン』は実話ベースだった
  • アパム伍長をネタバレ考察

\\『プライベート・ライアン』を見るならここ!!//

2ページ目から、ネタバレを含みます。

それでは、『プライベート・ライアン』のあらすじから見ていきましょう。

『プライベート・ライアン』のあらすじ

『プライベート・ライアン』は、第2次世界大戦が舞台です。

フランスでのノルマンディ上陸作戦の後、ミラー大尉にある指令が下されました。

三人の兄を戦争で失ったジェームズ・ライアン二等兵を探し出して、帰国させよ

果たして、上手くいくのでしょうか……?

作品名プライベート・ライアン
監督スティーヴン・スピルバーグ
公開日1998/9/26
上映時間170分
キャストトム・ハンクス/マット・デイモン
とけいの評価は?

 87/100点

映画『プライベート・ライアン』を動画配信サイトでフルで無料視聴するには?

配信サービス配信状況お試し期間/特典
U-NEXT
見放題配信
作品視聴31日間無料
600ptゲット
Amazonプライム
見放題配信
作品視聴30日間無料
ポイントなし
Hulu
見放題配信
作品視聴2週間無料
ポイントなし
2023年1月時点の情報です。

原題『Saving Private Ryan』の意味は?

意味

「Saving Private Ryan」は、「兵卒ライアンの救出」を意味します。

Private(プライベート)は、アメリカ陸軍の階級名称です。

『プライベート・ライアン』で、ライアン二等兵を救出する理由

そもそも、なぜライアンを救出する作戦が決行されたのでしょうか?

1948年当時、アメリカ合衆国陸軍省により「ソウル・サバイバー・ポリシー」制度が導入されていました。

「ソウル・サバイバー・ポリシー」制度は、兵役により戦闘任務に参加している家族が複数人、戦死した場合、最後に生存する息子を保護するというものです。

つまり、複数人の兄弟の生き残りは、絶対に助けなければならなかったのです。

ライアンは4人兄弟なのですが、3人の兄が戦死していました。

こうして「Saving Private Ryan」の計画が、実行されていきます。

『プライベート・ライアン』は実話ベースであり、ライアン二等兵にはモデルがいた

実話

『プライベート・ライアン』のライアン二等兵には、実はモデルとなった人物がいました。

フレデリック・ナイランド三等軍曹です。

戦場の前線から本国に送還されたナイランド兄弟の実話から、映画『プライベート・ライアン』は作り上げられていきました。

フレデリック・ナイランドは、ライアン二等兵のように兄弟がいたのですが、みな戦死しています。

ちなみに実際は、死亡通知を同時に受け取っただけで、長兄エドワードは戦死していません。

『プライベート・ライアン』の撮影方法

プライベート・ライアン』は、ハンディカメラによる撮影が意図的に行われました。

まるで、現地の戦場にいるかのような映像を『プライベート・ライアン』では、楽しむことができます。

  • 銃声は、本物の発砲音
  • 軍装には、本物もしくは限りなく本物に近いレプリカ

とくに冒頭の「ノルマンディー上陸作戦」のオマハビーチの戦闘は、多少グロさもありますが、度肝を抜かれます。

「戦争映画のあり方を変えた」と、映画ファンや関係者から絶賛の作品です。

『プライベート・ライアン』の舞台となった「ノルマンディー上陸作戦」とは

ノルマンディー上陸作戦とは第二次世界大戦中、ナチスドイツに占領されたヨーロッパ諸国を解放するために、連合軍が行った作戦です。

実際に歴史上でも、アメリカ軍は「ノルマンディー上陸作戦」を決行し、多くの犠牲者を出しました。

その中でもオマハビーチが最も激戦区であり、200万人以上の兵士が投入されたものの、ドイツ軍の攻撃により約半数が戦死しました。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。