韓国映画

『パラサイト 半地下の家族』のラストの考察から感想まで【アカデミー賞受賞】

第92回アカデミー賞で『パラサイト 半地下の家族』は、アジア勢初の作品賞を受賞しました。快挙です。

本作は構成が見事で、伏線もたっぷりです。

『パラサイト 半地下の家族』の魅力に迫るために、キャストから裏話までを順に紹介していきます。

また2ページ目からはネタバレありで、『パラサイト 半地下の家族』のラストの考察を解説しています。

記事のポイント
  • 『パラサイト 半地下の家族』のキャストや裏話
  • 『パラサイト 半地下の家族』のラストの考察から感想まで

本記事は2ページ目より、ネタバレが含まれます。

それでは、『パラサイト 半地下の家族』のあらすじから見ていきましょう。

『パラサイト 半地下の家族』のあらすじ

「半地下住宅」に暮らす貧しいキム一家は、4人家族です。

ある日、長男ギウの友人ミニョクが「留学中に家庭教師を代わってほしい」と、バイトの話を持ってきます。

こうして初日、豪邸のパク一家で母娘の信頼を勝ち取ったギウは、家庭教師の職を得ます。

その後、身分を装い、妹のギジョンがパク家の息子の絵の教師になり、そして……?

作品名パラサイト 半地下の家族
監督ポン・ジュノ
公開日2020/1/10
上映時間132分
キャストソン・ガンホなど

\『パラサイト 半地下の家族』を見るならここ!!/

とけいの評価は?

 90/100点

韓国の格差社会をテーマにした、傑作です。

  • 第72回カンヌ国際映画祭では、韓国映画初の最高賞パルムドール
  • 第92回アカデミー賞では、非英語作品として初の作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞の4冠

『パラサイト 半地下の家族』のポスター

家族ごとの対比が、足や服装に出ています。

『パラサイト 半地下の家族』のポスターには、隠れたキーワードが散りばめられているのです。

  • パク家は身なりが整った上で、靴を履いてい
  • キム家は部屋着で、全員が裸足

このように、二つの家族の集合写真ですが、対比が明確です。

共通点として、なぜかみんな、黒・白のバーで目が隠されています。それは、どこか容疑者のようでもあります。

また一番、ポスターで目につくのが、向かって左側に見切れている人の足です。

これは、何を示しているのでしょうか?

『パラサイト 半地下の家族』を見終わると、その意味がよく分かるいいポスターです。

『パラサイト 半地下の家族』のキャスト

『パラサイト 半地下の家族』のキャストは、シナリオを考える際に自然と決まっていっとポン・ジュノ監督は明かしています。

そこでキャストの紹介と一緒に、キャスティングの理由などをまとめてみました。

ソン・ガンホが、半地下の家族の父親役を担当

ソン・ガンホのキャリア
  • 出身 韓国/金海
  • 生年月日 1967年1月17日
  • 代表作「渇き」(09)、「密偵」(16)

ポン・ジュノ監督とソン・ガンホの組み合わせは「ポンソンコンビ」・「ホホブラザーズ」などと呼ばれ、愛されています。

  1. 『殺人の追憶』(2003)
  2. 『グエムル 漢江の怪物』(2006)
  3. 『スノーピアサー』(2013)

ポン・ジュノ監督と名優ソン・ガンホが、4度目のタッグを組んだ作品こそ『パラサイト 半地下の家族』です。

ソン・ガンホさんが『パラサイト 半地下の家族』のシナリオを受け取ったときの衝撃と感動は、「殺人の追憶」の時と似てると思ったそうな。

チャン・ヘジンが、半地下の家族の母親役を

チャン・ヘジンのキャリア
  • 出身 ー
  • 生年月日 1968年5月15日
  • 代表作 「わたしたち」(16)

半地下家族の母親は、チャン・ヘジンさんが演じました。

元国体ハンマー投げの銀メダリストという役です。

映画「わたしたち」の母親役では、一瞬顔をゆがめるシーンがありました。

ポンジュノ監督はその表情が気に入り、会いに行ったのですが、チャンヘジンさんは思ったより痩せていたと感じたそうで、増量をお願いしたそうです。

役作りのために毎日6食を続け、15㎏もの体重を増やしています。

半地下の家族の息子ギウ役は、チェ・ウシク

チェ・ウシクのキャリア
  • 出身 韓国/ソウル
  • 生年月日 1990年3月26日
  • 代表作 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16)、「ゴールデンスランバー」(18)

『パラサイト 半地下の家族』(19)では、物語の中心となる「半地下の家族」の長男キム・ギウを演じています。

ポン・ジュノ監督との交流は『パラサイト 半地下の家族』からでは、ありません。

映画「巨人」を観た監督は、以前にもポン・ジュノ監督映画「オクジャ」にチェ・ウシクさんを起用しています。

チェウシクさんは「実際の性格と役が最も近い人」グランプリで、優勝しています。【共演者談】

半地下の家族の娘役に、パク・ソダム

パク・ソダムのキャリア
  • 出身 韓国
  • 生年月日 1991年9月8日
  • 代表作 「プリースト 悪魔を葬る者」(15)、「プロミス 氷上の女神たち」(16)


『パラサイト 半地下の家族』(19)では、半地下に暮らす貧しい家族の長女を演じています。

ポンジュノ監督は、パク・ソダムさんについて

「俳優の武器の一つであるセリフの発声が特にいい。ある瞬間、声と眼差しだけでとても正確に、鋭く表現する」

と、絶賛しています。

『パラサイト 半地下の家族』にはパク・ソジュンも登場

梨泰院クラス』でイガグリ頭の主役パク・セロイを演じていた、パク・ソジュンが『パラサイト 半地下の家族』にも登場しています。

ギウに家庭教師のアルバイトを持ちかけた、友人のミニョクを演じています。

『パラサイト 半地下の家族』にラブシーンはある?

ダンディーな
おじさん

『パラサイト 半地下の家族』に、ラブシーンはあるかね?

A.家族で見ていて、ちょっと気まずくなるラブシーンがあります

また『パラサイト 半地下の家族』は、PG12指定です。

家族みんなで鑑賞しようと考えている方は、注意が必要でしょう。

とくに登場人物がソファで寝ようとするシーンには、要注意です。

『パラサイト 半地下の家族』のほとんどがセットだった

『パラサイト 半地下の家族』は、キム一家が暮らす半地下の家もしくは豪邸のシーンが、ほとんです。

実は、その両方ともがセットです。

ちなみに半地下の家は、周辺の路地裏も含めて全てがセットです。

家の中の小道具から壁のシミも、忠実に再現されています。

対して豪邸の方も、家の前の通り以外はセットです。

『パラサイト 半地下の家族』から、韓国映画の技術力の高さが伺えます。

▼登録・解約も簡単

※30日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。