韓国映画

映画『パラサイト 半地下の家族』のラストの考察から感想まで

第92回アカデミー賞で『パラサイト 半地下の家族』は、アジア勢初の作品賞を受賞しました。快挙です。

本作は構成が見事で、伏線もたっぷりです。

『パラサイト 半地下の家族』の魅力に迫るために、ラストまでの考察をしています。

記事のポイント
  • 『パラサイト 半地下の家族』の感想
  • 『パラサイト 半地下の家族』のラストの考察

\『パラサイト 半地下の家族』を見るならここ!!/

2ページ目より、ネタバレが含まれます。

それでは、『パラサイト 半地下の家族』のあらすじから見ていきましょう。

『パラサイト 半地下の家族』のあらすじ

「半地下住宅」に暮らす貧しいキム一家は、4人家族です。

ある日、長男ギウの友人ミニョクが「留学中に家庭教師を代わってほしい」と、バイトの話を持ってきます。

こうして初日、豪邸のパク一家で母娘の信頼を勝ち取ったギウは、家庭教師の職を得ます。

その後、身分を装い、妹のギジョンがパク家の息子の絵の教師になり、そして……?

作品名パラサイト 半地下の家族
監督ポン・ジュノ
公開日2020/1/10
上映時間132分
キャストソン・ガンホなど
とけいの評価は?

 90/100点

映画『パラサイト 半地下の家族』を動画配信サイトでフルで無料視聴するには?

配信サービス配信状況お試し期間/特典
U-NEXT
見放題配信
作品視聴31日間無料
600ptゲット
Amazonプライム
見放題配信
作品視聴30日間無料
ポイントなし
Hulu
見放題配信
作品視聴2週間無料
ポイントなし
2023年1月時点の情報です。

『パラサイト 半地下の家族』にラブシーンはある?

『パラサイト 半地下の家族』には、ラブシーンがあります。

とくに登場人物が、豪邸のソファで寝ようとするシーンには、要注意です。

『パラサイト 半地下の家族』は、PG12指定です。

家族みんなで鑑賞しようと考えている方は、注意が必要でしょう。

『パラサイト 半地下の家族』のポスター

家族ごとの対比が、足や服装に出ています。

『パラサイト 半地下の家族』のポスターには、隠れたキーワードが散りばめられているのです。

  • パク家は身なりが整った上で、靴を履いている
  • キム家は部屋着で、全員が裸足

    このように、二つの家族の集合写真ですが、対比が明確です。

    『パラサイト 半地下の家族』のポスターに、作品のヒントが

    共通点として、なぜかみんな、黒・白のバーで目が隠されています。

    それは、どこか容疑者のようでもあります。

    また一番、ポスターで目につくのが、向かって左側に見切れている人の足です。

    これは、何を示しているのでしょうか?

    『パラサイト 半地下の家族』を見終わると、その意味がよく分かるいいポスターです。

    『パラサイト 半地下の家族』のほとんどがセットだった

    『パラサイト 半地下の家族』は、キム一家が暮らす半地下の家もしくは豪邸のシーンが、ほとんです。

    実は、その両方ともがセットです。

    ちなみに半地下の家は、周辺の路地裏も含めて全てがセットです。

    家の中の小道具から壁のシミも、忠実に再現されています。

    対して豪邸の方も、家の前の通り以外はセットです。

    『パラサイト 半地下の家族』から、韓国映画の技術力の高さが分かります。

    『パラサイト 半地下の家族』の「半地下」住宅

    『パラサイト 半地下の家族』の半地下(パンジハ)は、南北朝鮮の対立が激化したせいでテロ事件が相次ぐようになった背景から、設置されるようになりました。

    防空壕として半地下が機能した後、1980年代に起こった住宅危機の対応に、半地下の住宅使用が認められたのです。

    集合住宅の半地下部分にある住居は日当たりが悪く、夏は蒸し暑くすぐにカビだらけになります。

    キム一家が住む半地下は、まさにこの物件です。

    天井が低いために、まっすぐ立てない場所もあるような劣悪な環境です。

    トイレは逆流しないようにと、高い位置に設置されています。

    その実態は、映画『パラサイト 半地下の家族』で確認できます。

     ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
    見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

    『パラサイト 半地下の家族』を見る▼

    (※本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

    ※次のページから、ネタバレを含みます。

    1 2
    ABOUT ME
    とけい
    映画大好きライターの「とけい」です。