邦画

映画『佐々木、イン、マイマイン』のあらすじやキャストからロケ地まで

映画『佐々木、イン、マイマイン』は、俳優の細川岳さん(佐々木役で出演)の高校時代の同級生のエピソードが、原案です。

実際に「忘れられない青春時代の実話」から作り上げられたという本作のストーリーは、鑑賞後の余韻がすごいです。

そこで本記事では、映画『佐々木、イン、マイマイン』のキャストから裏話までを順に紹介していきます。

記事のポイント
  • 『佐々木、イン、マイマイン』のキャストや監督
  • 『佐々木、イン、マイマイン』の製作裏話からロケ地まで

『佐々木、イン、マイマイン』を見るなら▼

ネタバレは一切、ございません。

それでは、『佐々木、イン、マイマイン』のあらすじから見ていきましょう。

『佐々木、イン、マイマイン』のあらすじ

悠二は俳優になるために上京したものの、鳴かず飛ばずでした。

また、同棲中のユキとの生活も、うまくいっていません。

ある日、悠二は高校の同級生の多田と再会しました。

そこから在学当時に、ヒーロー的存在だった佐々木との日々を思い起こしていきます。

そんな矢先、悠二の電話に佐々木から数年ぶりの電話がかかってきます。

作品名佐々木、イン、マイマイン
監督内山拓也
公開日2020/11/27
上映時間119分
キャスト藤原季節/細川岳

『佐々木、イン、マイマイン』を見るなら▼

とけいの評価は?

 92/100点

『佐々木、イン、マイマイン』のキャスト:藤原季節

藤原季節のキャリア
  • 出身 北海道
  • 生年月日 1993年1月18日
  • 代表作『his』など

2013年に開催されたオーディションがきっかけで、芸能界入りを果たします。

映画デビューは、『人狼ゲーム ビーストサイド』(14)です。

その後は『イニシエーション・ラブ』(15)や『アイネクライネナハトムジーク』(19)などに、出演しています。

『佐々木、イン、マイマイン』のヒロインは萩原みのり

萩原みのりのキャリア
  • 出身 愛知県/名古屋
  • 生年月日 1997年3月6日
  • 代表作『何者』、『心が叫びたがってるんだ。』

スカウトされたことをきっかけに、事務所へと所属しています。

2013年にTVドラマに出演すると、映画『陽だまりの彼女』などに登場します。

青春映画『ハローグッバイ』(16)では、久保田紗友とダブル主演を務めました。

以降も、『何者』・『64 ロクヨン』前・後編(いずれも16)や『昼顔』・『心が叫びたがってるんだ。』(ともに17)など、いずれも注目作に出演しています。

萩原みのりは病気?

萩原みのりさんは、病気ではありません。

しかし、過去に中学1年生で発病した過去があったようです。

病名は公表されてはいませんが、自身のブログで「背中の病気」だと告白しています。

手術なしでは完治しないほどのレベルだったようですが、「もう病気は完治している」とのことです。

『佐々木、イン、マイマイン』の佐々木役は細川岳

細川岳のキャリア
  • 出身 大阪府
  • 生年月日 1992年8月26日
  • 代表作 『佐々木、イン、マイマイン』

映画『佐々木、イン、マイマイン』は、細川岳さんが映画『ヴァニタス』でタッグを組んだ内山拓也監督に、「高校時代の忘れられない友人の話をしたこと」からスタートしています。

これがダメなら俳優を辞めよう」という細川岳さんの強い想いが、『佐々木、イン、マイマイン』には込められています。

『佐々木、イン、マイマイン』を手がけた内山拓也監督

『佐々木、イン、マイマイン』を手がけたのは、内山拓也監督です。

初監督作品の『ヴァニタス』がPFFアワード2016観客賞を受賞して、注目を集めました。

またミュージシャンのPVも、数多く手がけています。

  • 平井堅
  • King Gnu

とくに内山監督が製作したKing Gnuの『The hole』のMVは、一本の映画を鑑賞したかのような充実感があります。

『佐々木、イン、マイマイン』にはキングヌー井口も

King Gnuの井口さんは、『佐々木、イン、マイマイン』のオーディションに、自ら応募しています。

つまり、内山監督とKing Gnuの『The hole』MVのつながりは、本作の出演には直接的に関係がありません。

内山監督の作風や演出の仕方を好んでいた井口さんが自ら、『佐々木、イン、マイマイン』の出演を希望して実現した話だったのです。

『佐々木、イン、マイマイン』の仮題は「ロング・グッドバイ」だった

本作の仮タイトルは、『ロング・グッドバイ』でした。

これは、映画の中に出てくる劇中劇のタイトルから取ったものです。

ほかにも、様々なタイトルが提案されます。

  1. ロング・グッドバイ
  2. OMOIDE IN MY HEAD

「映画のタイトルが、登場人物の名前になっている映画を作りたい」

という内山監督の構想をもとに、関係者が話し合った結果、最終的には「イン、マイ、マイン」のワードが誕生しています。

クラウドファンディングで映画製作費を集めた

『佐々木、イン、マイマイン』は、クラウドファンディングで映画製作費を集めています。

  • 出資者 410人
  • 集まった金額 5,721,277円

本作は、2020年代における新しい映画の作り方を、世に示す形となりました。

『佐々木、イン、マイマイン』のロケ地

公式Twitterによると、山梨県で撮影されたようです。

また、『佐々木、イン、マイマイン』は、武蔵野線線路沿い埼玉県三郷市の学校などで、各シーンが撮影されました。

まとめ

『佐々木、イン、マイマイン』のラストを見終えた後、余韻でしばらく立ち上がれなくなりました。

高校時代の何気ない記憶が、蘇ってきたからです。

今も、作内の『佐々木コール』が、耳に残っています。

青春と大人の狭間を生きる男たちを、ぜひ『佐々木、イン、マイマイン』でご覧になってみてはいかがでしょうか?

 ◆Amazonプライムの特典は?◆
見放題作品が30日間無料で視聴可能(他にもサービスがいっぱい)

▼登録・解約も簡単

※30日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。