まとめ

【天才】スタンリー・キューブリック監督が手がけたおすすめ映画3選

あの「天才北野武も影響を受けた」と公言している監督をご存じでしょうか?

スタンリー・キューブリックです。

「鬼才」と称されたスタンリー・キューブリックのキャリアから、映画『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』までを順に紹介していきます。

記事のポイント
  • スタンリー・キューブリックのキャリアを知る
  • スタンリーキューブリック映画作品を紹介

『スタンリー・キューブリック作品』を見るなら▼

それでは、スタンリー・キューブリックのキャリアから見ていきましょう!

スタンリー・キューブリックのキャリア

キャリア

スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)は、1928年7月アメリカ生まれの映画監督です。

映画監督を目指した理由は、「現役の監督たちよりは、上手く撮れる自信があったから」だそうです。

当時、スタンリー・キューブリックは、カメラマンとして働いていました。

その後、短編ドキュメンタリー映画を自主製作したことにより、映画監督してのキャリアを歩み始めています。

本格的な映画監督デビューは、映画『恐怖と欲望』からです。

映画監督になりたての頃から、スタンリー・キューブリックは監督のみならず、映画製作のすべてを指揮するスタイルを貫いています。

脚本家やプロデューサーを、兼任していたのです。

そんなスタンリー・キューブリック監督作品は、独自のユーモア・撮影手法がたっぷり詰まっていました。

スタンリー・キューブリックの評価

  • 「映画史で最も偉大」かつ「最も後世に影響を与えた」の最高評価を得ている
  • 監督、撮影、脚本、編集を含めた映画製作に関わる全てを一人で細かく管理した
  • スタンリー・キューブリック作品は独自の個性に溢れており、今でも評価が高い

スタンリー・キューブリックの特徴

実話

キューブリックは、そこまで大したことのないシーンまでも異常にこだわり続けることから、周りから「完璧主義者」と呼ばれるようになりました。

完璧主義者のせいで、多くのスタッフや俳優陣とよくもめています。

しかし監督としてのキャリアは順調で、映画界にその名を徐々に知らしめていくのです。

1960年代以降、キューブリックはイギリスに活動の場を移しています。

スタンリー・キューブリックの主な映画作品

映画2

スタンリー・キューブリックが、発表した主な映画作品は以下の通りです。

  1. 『突撃』
  2. 『スパルタカス』
  3. 『ロリータ』
  4. 『博士の異常な愛情』
  5. 『2001年宇宙の旅』
  6. 『時計じかけのオレンジ』
  7. 『シャイニング』
  8. 『フルメタル・ジャケット』

時計じかけのオレンジ』や『フルメタル・ジャケット』など問題作が多くあります。

スタンリー・キューブリック作品のインパクトは、世界を見渡してもトップクラスです。

今でも、ユーザーにより評価が分かれます。社会現象を巻き起こす天才です。

▼キューブリックの初期作品は、こちらで大体カバーできます。▼

しかし、デビュー作となった作品『恐怖と欲望』は入っていません。悪しからず。

そんなスタンリー・キューブリック作品で、特に抑えておきたい映画は『シャイニング』・『2001年宇宙の旅』・『時計じかけのオレンジ』です。

『シャイニング』のあらすじ

山の上にあるオーバールック・ホテルが『シャイニング』の舞台です。

小説家になりたいジャック・トランスは妻のウェンディ、一人息子のダニーを引き連れてホテルに訪れていました。

冬の一時期、閉鎖されるホテルで管理人をするためにやって来たのです。

3人のホテル暮らしで待つものとは……?

作品名シャイニング
公開日1980/12/13
上映時間146分
キャストジャック・ニコルソン
原作者スティーヴン・キング

とけいの評価

 68/100点

『2001年宇宙の旅』のあらすじ

『2001年宇宙の旅』は、400万年前の人類創世記が舞台となっています。

謎の黒石板「モノリス」に接触したことで猿は、ヒトへと劇的な進化を遂げていきました。また宇宙開発をするくらいまで、科学技術は発達していきました。

2001年、いよいよ「モノリス」の謎に迫るため、人類は初の木星へと調査のために飛び立っていきます。しかし……?

作品名2001年宇宙の旅
公開日1968/4/11
上映時間164分
キャストキア・デュリア
原作者アーサー・C・クラーク

とけいの評価

 55/100点

『時計じかけのオレンジ』のあらすじ

スタンリー・キューブリックが「鬼才」と呼ばれる理由が、『時計じかけのオレンジ』には詰め込まれています。

『時計じかけのオレンジ』の主役は不良グループたちです。そのリーダーであるアレックスはやりたい放題。セックスや盗みに暴力。暴れまくっています。

ある日、殺人事件が起きます。アレックスは現場にいますが、もちろん逃げようとします。

ところが仲間に裏切られ、警察に捕まり、投獄されてしまいます。監獄の暮らしの最中に、刑期が短くなるという噂の実験を知り、アレックスは自身を実験台にと立候補しますが……?

作品名時計じかけのオレンジ
公開日1971/12/19
上映時間137分
キャストマルコム・マクダウェル
原作者アンソニー・バージェス

とけいの評価

 72/100点

まとめ

チェック

スタンリー・キューブリックは映画1本にかける制作期間が異常に長く、こだわりが強い監督でした。

そのせいで、制作スタッフや俳優陣とよく衝突を起こしています。

それでもスタンリー・キューブリックは、何よりも作品の完成度を第一に求めたのです。

その積み重ねこそが、「映画史で最も偉大」という最高評価につながったのではないのでしょうか?

※今回紹介した映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。