映画用語

伏線とは?「伏線を張る」の意味から「伏線を回収する」方法まで

伏線」は映画だけでなく物語を作る上において、とても大事な要素です。一般的に「伏線」は、ストーリーの筋や内容をほのめかすようなニュアンスで使われています。

しかし、本来の「伏線」の読み方や意味をご存じでしょうか?

本記事では「伏線」の正しい読み方や意味から「伏線を張る」といった慣用句の表現も、あわせて解説していきます。

記事のポイント
  • 「伏線」のよくある読み間違い
  • 「伏線を張る」とは

それでは、伏線の読み方から見ていきましょう!

伏線の読み方

伏線の読み方は、「ふくせん」が正解です。

よくある読み間違いとして「伏線」を「ふせん」と読む方がいます。しかし実際は、「ふせん」ではありませんので、注意しましょう。

「伏線」の「伏」のみでは、「ふ」せるや「ふ」すと読みます

しかし「伏線」のケースでは、音読みの「ふく」が採用されて、「ふくせん」となります。

「伏線」の成り立ち

  • 「伏」は「身体を低く保ち、うつむきになる」や「物の下に潜む・隠れる」などの意味
  • 「線」は「話の筋」や「道筋」などの意味

英語で表記すると、「伏線」は「foreshadowing」です。

それでは次に、「伏線」の意味を見ていきましょう。

伏線の意味とは?

伏線の意味は、以下の通りです。

伏線(ふくせん)

小説・戯曲などで、のちの展開に必要な事柄をそれとなく呈示しておくこと。
のちの物事の準備として、前もってひそかに設けておくこと。

【出典:三省堂「大辞林」第三版】

また「伏線」の意味は、映画などのストーリーにおいて大きく2つに分けられます。

  1. ぼんやりと、それとなく展開を呈示すること
  2. 将来に向けて事前に準備しておくこと

これから起こるイベントに対して、あらかじめ「伏線を張っておく」ことでクライマックスシーンで観客に興奮と快感を与えるのです。

「伏線を張る」の意味とは

「伏線を張る」の意味は、「物語などで、のちの展開のために事前にそれに関連する物事を示しておくこと」です。

また「伏線を張る」の類語は、以下のパターンが存在します。

  1. 「暗示する」
  2. 「伏線を敷く」
  3. 「仄めかす」
  4. 「示唆する」
  5. 「伏線を設ける」
  6. 「布石を敷く」など

「伏線」と「布石」の違い

「布石」は囲碁用語であり、「要所に石を配置する」意味を持ちます。

それでは「伏線」と「布石」の違いは、どのようなものでしょうか?

実は「伏線」・「布石」ともに意味は、ほぼ同じであります。

  • 「伏線」は映画などのストーリー
  • 「布石」はビジネス戦略

以上のように、使用されるジャンルが異なっているだけで、意味はほぼ同じです。

映画における「伏線を回収する」とは

では、「伏線」を張った後に、回収するとどのような効果が見込めるのでしょうか?

映画を例に見ていきましょう。

  1. 「隠す」伏線
  2. 「見せる」伏線

映画の場合、最初から最後まで観客にヒントを与えない「隠す」伏線とそれとなくアイテムや人物の動きで観客にヒントを与える「見せる」伏線があります。

どちらのパターンでもやり過ぎは、NGです。

映画の「伏線」はストーリーのメリハリに関して、重要な役割を果たしています。

伏線は、「ストーリーを盛り上がらせる」ための準備段階にあたるからです。

そして、この「隠す」伏線と「見せる」伏線の両方を扱っている作品に、映画『アフタースクール』があります。伏線の回収を見事に活用した傑作といえるでしょう。

▶こちらも読みたい:【ネタバレ】内田けんじ監督が手がけた『アフタースクール』はどんでん返し映画の傑作

まとめ

映画において、伏線とは「あとで明らかにされる真実のために、あらかじめほのめかしておく話の筋」であり、ストーリーを盛り上げていく大事な材料です。

映画に対して、ストーリーの続きを「観たい」という欲求をさらに刺激するのが「伏線」であり、更には映画を盛り上げるエッセンスとして「伏線」が機能するのです。

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。