洋画

『時計じかけのオレンジ』のタイトルに込められた意味を解説!【ベートーヴェンは歓喜する】

時計じかけのオレンジ』は、1972年に公開された映画です。

スタンリー・キューブリックの代表作としても『時計じかけのオレンジ』は有名です。

本作のストーリーは、1962年に発表されたイギリスの作家アンソニー・バージェスの同名小説から構成されています。

映画の節々で、ベートーヴェンの曲が響き渡る点も印象的な作品です。

記事のポイント
  • 『時計じかけのオレンジ』のタイトルに込められた意味とは
  • アレックスを苦しめた「ルドヴィコ療法」とは
  • 『時計じかけのオレンジ』に流れるベートーヴェンの楽曲

それでは、映画『時計じかけのオレンジのあらすじから見ていきましょう。

『時計じかけのオレンジ』のあらすじ

近未来のロンドンが舞台。

『時計じかけのオレンジ』の主役は、不良グループたちです。

そのリーダーである15歳のアレックスはやりたい放題。セックスや盗みに暴力。暴れまくっています。

ある日、殺人事件が起きます。アレックスは現場にいますが、もちろん逃げようとします。

ところが仲間に裏切られ、警察に捕まり、懲役14年の刑となってしまいます。

アレックスは監獄の暮らしの最中に、刑期が短くなるという噂の実験「ルドヴィコ療法」を知ります。

アレックスは自身を「実験台」に、と立候補しますが……?

作品名時計じかけのオレンジ
公開日1971/12/19
上映時間137分
キャストマルコム・マクダウェル
原作者アンソニー・バージェス

\\『時計じかけのオレンジ』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 72/100点

カルト的に人気な『時計じかけのオレンジ』

POINT

暴力シーンはもちろんのこと、人間の「欲」に関して、包み隠さず表現したことで、「人間の悪意を誘発する」と今でも危険視されている作品であります。

アレックスの変化をもたらした「ルドヴィコ療法」や架空の若者言葉「ナッドサット」語・独特のファッションに、ベートーヴェンなど……

独特の感性で築き上げられた映画『時計じかけのオレンジ』は、まさにスタンリー・キューブリック節が炸裂した代表作といえるでしょう。

『時計じかけのオレンジ』が正式な名称であり、『時計仕掛けのオレンジ』ではありません。

※今回紹介した映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。