MCU

『アイアンマン』のアドリブはあの名台詞だった?ロバートダウニー・Jrが起用された裏話も

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のシリーズの第一弾『アイアンマン』は、少年心をくすぶる名作です。

今や大人気となったMCUシリーズですが、主役のロバートダウニー・Jrの起用方法ストーリーの作り方には、様々な工夫がありました。

記事のポイント
  • 映画『アイアンマン』は、アドリブから名台詞が誕生した?
  • ロバートダウニー・Jrが主役に起用された裏話とは

\\『アイアンマン』を見るならここ!!//

それでは、『アイアンマン』のあらすじから見ていきましょう。

『アイアンマン』のあらすじ

トニー・スタークは、アフガニスタンで自社兵器のデモ実験に参加していました。

その最中、テロ組織に襲われて拉致されてしまいます。

激しい戦場の中、胸に深い傷を負ったトニーは敵に捕まり、捕虜となったのです。

しかし、トニーは最強の武器を作る条件で命を助けられていました。

そこで、トニーはパワードスーツを開発します。スーツを着た力は、果たして……?

作品名アイアンマン
監督ジョン・ファヴロー
公開日2008/9/27
上映時間125分
キャストロバート・ダウニー・Jr

\\『アイアンマン』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 89/100点

『アイアンマン』のアドリブ

映画『アイアンマン』は、アドリブだらけです。

通常は決められたセリフになぞるようにして映画作品を撮っていきます。

しかし、映画『アイアンマン』では、あえてキャストに現場で自由にさせました。

「I am Iron Man.」もアドリブだった

「I am Iron Man.」

(私がアイアンマンだ)

アイアンマンの名ゼリフも、実は、アドリブです。

その背景には、『アイアンマン』撮影が開始された時点で、脚本が完全に仕上がっていなかったことがあります。

話の内容やストーリーに合った俳優の動きを求めるあまりに、時間が足りなくなったのです。

『アイアンマン』の名言

名言

「Sometimes you gotta run before you can walk.

(時には歩く前に走ることも必要だ)


「Records are made to be broken!

(記録は破られるためにある!)


「I just finally know what I have to do. And I know in my heart that it’s right.

(やっとやるべきことがわかったんだ。そして、心から思っている。

それは正しいと)

アイアンマンのスーツの値段や重さについて

  • アイアンマンのスーツの値段は、約16億ドル(当時で1700億円)
  • アイアンマンのスーツの重さは、40㎏オーバー

そのため、アイアンマンスーツを着用していたロバート・ダウニー・Jrは、

「あれを付けて演技をすると2時間くらいで精も根も尽き果てる。『もう十分、スタントマンの出番だ』と言いたくなってしまうんだ」

とインタビューで語るほど、重労働な撮影となったそうです。

ロバート・ダウニー・Jrが主役になった理由

キャスト

ロバート・ダウニー・Jrが映画『アイアンマン』の主人公であるトニー・スターク役を好演しています。

しかし、当初はロバート・ダウニー・Jr以外にも大物スターたちの名前が、トニー・スターク役の候補者として、名が挙がっていました。

  1. トム・クルーズ
  2. ニコラス・ケイジ
  3. ヒュー・ジャックマン

そもそもロバート・ダウニー・Jrは、『アイアンマン』主役どころかキャストにすら採用されない予定でした。

その理由が、ロバート・ダウニー・Jrのキャリアにあります。

ロバート・ダウニー・Jrのキャリア

キャリア

ロバート・ダウニー・Jrは、1965年4月4日生まれのアメリカ育ちです。

父が映画監督であったため、ロバート・ダウニー・Jrはたった5歳で映画デビューを果たしています。

高校中退をした後、『ピックアップ・アーチスト』(87)で初主演の座を獲得すると、『チャーリー』(92)ではアカデミー主演男優賞に初ノミネートされます。

しかし、ロバート・ダウニー・Jrの栄光は長くは続きません。

人気テレビドラマ「アリー・myラブ」(00~01)で主人公の恋人役を演じている最中に、薬物トラブルが発覚したのです。

ロバート・ダウニー・Jrの復帰

薬物トラブルで「アリー・myラブ」は、降板となってしまいました。

それ以降、ロバート・ダウニー・Jrは俳優業を活動停止しています。

ただしそれでも、2003年から「薬物依存を克服した」と宣言した後、ロバート・ダウニー・Jrは、俳優業に復帰しています。

アイアンマン』(08)の人気が爆発したことで、キャリアの復活を世間に印象づけました。

ジョン・ファヴローとロバート・ダウニー・Jrの関係性

当初、制作スタジオ側は、ロバート・ダウニー・Jrに対して「どんなことがあっても、彼を雇うことはない!」と明言していました。

その理由が、コカイン所持です。

しかし、周囲の反対を押し切ってまで、ロバート・ダウニー・Jrを『アイアンマン』の主役に推薦した人物がいました。

アイアンマン』や『アイアンマン2』で総監督をしたジョン・ファヴローです。

『アイアンマン』の制作陣は、何人かの候補者に絞った後、「スクリーンテスト(オーディション)」を開催しました。

『アイアンマン』のオーディション

チェック

ジョン・ファヴローのみがロバート・ダウニー・Jrを起用することに前向きでした。

が、制作側は、全く乗り気ではありません。

それでもオーディションが開幕すると、ロバート・ダウニー・Jrの高い演技力にスタッフ全員が、舌を巻いたのです。

こうして、ロバート・ダウニー・Jrの実力をスタッフ全員が認めたのでした。

まとめ

映画『アイアンマン』は、ロバート・ダウニー・Jrが主役を好演した傑作です。

コミックファンからの人気も根強い大人気シリーズMCUの第一作であり、『アイアンマン』シリーズ1作目の大ヒットにより、MCUの続編が作られていきました。

ぜひこの機会に、『アイアンマン』を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

▼『MCU』シリーズの記事▼

>>『インクレディブル ・ハルク』のキャストが変わった理由は?

©MARVEL

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。