洋画

『スラムドッグ$ミリオネア』は実話だった?【感想も】

映画『スラムドッグ$ミリオネア』は、インド版のクイズ番組『コウン・バネーガー・カロールパティ』が、モチーフです。

  1. イギリスのクイズ番組『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』
  2. インド版の『コウン・バネーガー・カロールパティ』
  3. みのもんたで有名な日本版『クイズ$ミリオネア』

    と、世界的に有名なクイズ番組が題材となった映画『スラムドッグ$ミリオネア』は、実話だったのでしょうか?

    そこで本記事を読めば、こんなことが分かります。

    記事のポイント
    • 『スラムドッグ$ミリオネア』は実話だったのか?
    • 映画『ホテル・ムンバイ』の製作の裏側

    『スラムドッグ$ミリオネア』を見るなら▼

    それでは、映画『スラムドッグ$ミリオネア』のあらすじから見ていきましょう。

    映画『スラムドッグ$ミリオネア』のあらすじ

    『スラムドッグ$ミリオネア』は、スラム育ちの青年による人間ドラマです。

    インド・ムンバイのスラム街出身で無学の青年ジャマールは、TV番組「クイズ$ミリオネア」で、最終問題までたどり着きました。

    一夜にして億万長者となるチャンスをつかみますが、不正を疑われてしまいます。

    作品名スラムドッグ$ミリオネア
    原題Slumdog Millionaire
    公開日2009/4/18
    上映時間120分
    キャストデブ・パテル

    『スラムドッグ$ミリオネア』を見るなら▼

    とけいの評価は?

     87/100点

    『スラムドッグ$ミリオネア』は実話ではない

    『スラムドッグ$ミリオネア』は、フィクションです。

    実話では、ありません。

    インドの外交官ビカス・スワラップによる原作小説「Q&A」が、ベースです。

    『スラムドッグ$ミリオネア』はご都合主義?

    『スラムドッグ$ミリオネア』には、「ご都合主義」という意見があります。

    しかし、それこそが『スラムドッグミリオネア』のキモです。

    本作のラストシーンでその意味が分かるので、頭ごなしに「ご都合主義」だと決めつけるのは間違いでしょう。

    『スラムドッグミリオネア』のエンディング

    エンディングのダンスは、インド映画へのオマージュです。

    実は『スラムドッグミリオネア』は、イギリス映画です。

    ですが、本作はインドを舞台としているので、インド映画のように、キャストが最後にみんなでダンシングしています。

    『スラムドッグ$ミリオネア』は舞台化もされた

    日本では、映画『スラムドッグ$ミリオネア』が舞台化されました。

    主役のラムは、屋良朝幸が演じています。

    そしてクイズ番組の司会者には、川平慈英です。

    まとめ

    『スラムドッグ$ミリオネア』は、厳しいインドの実情を描いています。

    そのため社会派の印象が、強い作品です。

    その中に恋愛があり、家族の思いやりがあります。

    心がほっこりする場面や、ハラハラする場面もありで、総じて『スラムドッグ$ミリオネア』にはワクワクさせられっぱなしでした。

    ぜひ、インドを舞台にした映画を探している方は、『スラムドッグ$ミリオネア』をご覧になってみてはいかがでしょうか?

     ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
    見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

    ▼登録・解約も簡単

    ※31日間以内に解約で完全無料です

    『スラムドッグ$ミリオネア』は第81回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか、なんと最多8部門を受賞した傑作です。

    (※本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

    >>こちらのインド映画『きっと、うまくいく』もオススメです。

    ABOUT ME
    とけい
    映画大好きライターの「とけい」です。