洋画

トップガン2『トップガン マーヴェリック』のアイスマンから公開延期の理由まで!【ペニー・ベンジャミンとは?】

トム・クルーズ主演のトップガン2『トップガン マーヴェリック』が、世界中で大ヒットしています。

リピーターが続出している本作の魅力を、アイスマンの再登場製作の裏話など、様々な視点から紹介していきます。

記事のポイント
  • 『トップガン マーヴェリック』のキャストや戦闘機
  • ペニー・ベンジャミンとは?

ネタバレは一切、ございません。

それでは、映画『トップガン マーヴェリック』のあらすじから見ていきましょう!

『トップガン マーヴェリック』のあらすじ

『トップガン マーヴェリック』は、トム・クルーズを世界的に有名にした映画『トップガン』(1986)の続編です。

トップガン』は、アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校です。

その『トップガン』の卒業生である伝説のパイロット、マーヴェリックが教官として帰ってきました。

生徒の中には、かつてマーヴェリックとの訓練飛行中に命を落とした相棒グースの息子であるルースターの姿があり……?

作品名トップガン マーヴェリック
監督ジョセフ・コジンスキー
公開日2022/5/27
上映時間131分
キャストトム・クルーズ
とけいの評価は?

 94/100点

『トップガン』を見てから『トップガン マーヴェリック』を鑑賞しよう

『トップガン マーヴェリック』は、『トップガン』の続編です。

  • マーヴェリックやアイスマンの関係性
  • 親友グースの息子とのつながり

前作の『トップガン』から継続される人間関係が『トップガン マーヴェリック』に、大きく反映されています。

『トップガン マーヴェリック』の鑑賞は、前作の『トップガン』を見てからの方が楽しめます。

トップガン2『トップガン マーヴェリック』の公開日が延期した理由

当初、トップガン2の『トップガン マーヴェリック』は、2019年夏の公開を予定していました。

しかし、予定通りにはいきません。

  • 製作の遅れを理由に、2020年夏に変更
  • コロナ禍の感染拡大を受け、計4度延期

こうして『トップガン マーヴェリック』の公開日はズルズルと後ろにずれ、映画ファンは待ち焦がれ病により、本作の期待がより高まる結果となりました。

そんなファンからの上がりきった期待値という無謀なハードルを見事に超えていった、『トップガン マーヴェリック』は、すごいの一言につきます。

本作の興行収入は、今もなお、伸び続けています。

『トップガン マーヴェリック』のキャスト

『トップガン マーヴェリック』のキャストは?

ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル海軍大佐 トム・クルーズ

ブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショー海軍大尉 マイルズ・テラー

ペニー・ベンジャミン ジェニファー・コネリー

ジェイク・“ハングマン”・セレシン海軍大尉 グレン・パウエル

ナターシャ・“フェニックス”・トレース海軍大尉 モニカ・バルバロ

ロバート・“ボブ”・フロイド海軍大尉 ルイス・プルマン

ルーベン・“ペイバック”・フィッチ海軍大尉 ジェイ・エリス

ミッキー・“ファンボーイ”・ガルシア海軍大尉 ダニー・ラミレス

ジェイビー・“コヨーテ”・マチャド海軍大尉 グレッグ・ターザン・デイヴィス

トム・“アイスマン”・カザンスキー海軍大将 ヴァル・キルマー

ボー・“サイクロン”・シンプソン海軍中将 ジョン・ハム

ソロモン・“ウォーロック”・ベイツ海軍少将 チャールズ・パーネル

バーニー・“ホンドー”・コールマン海軍准尉 バシール・サラフディン

チェスター・“ハンマー”・ケイン海軍少将 エド・ハリス

ビリー・“フリッツ”・アワロン海軍大尉 マニー・ジャシント

ブリガム・“ハーバード”・レノックス海軍大尉 ジェイク・ピッキング

ローガン・“イェール”・リー海軍大尉 レイモンド・リー

ニール・“オハマ”・ヴィキャンデル海軍大尉 ジャック・シューマッハ

キャリー・“ヘイロー”・バセット海軍大尉 カーラ・ウォン

サラ・カザンスキー ジーン・ルイザ・ケリー

アメリア・ベンジャミン リリアーナ・レイ

ニック・“グース”・ブラッドショー海軍中尉 アンソニー・エドワーズ

キャロル・ブラッドショー メグ・ライアン

シャーロット・“チャーリー”・ブラックウッド ケリー・マクギリス

ペニー・ベンジャミンは『トップガン マーヴェリック』の新ヒロイン

ペニー・ベンジャミンは、『トップガン マーヴェリック』の新ヒロインです。

マーヴェリックの新たなロマンス相手として、ジェニファー・コネリー演じるペニー・ベンジャミンが登場します。

ペニー・ベンジャミンの仕事は、パイロットたちが集まるバーのオーナーです。

マーヴェリックとは若い頃、恋愛関係になっていたようです。

現在は、娘を育てるシングルマザーとして頑張っています。

前作『トップガン』にも「ペニー・ベンジャミン」という名前が登場していた

マーヴェリックが相棒のグースと共に、上官スティンガーから呼び出されるシーンがあります。

マーヴェリックは、スティンガーに「管制塔をかすめ飛ぶこと5回、さらに低空飛行で脅かした相手が司令官のお嬢さんときた」と怒られます。

すると、グースは「ペニー・ベンジャミンか?」とマーヴェリックの耳元でささやいたのです。

字幕版では「ベニーか?」になっています。

ちなみにグースの妻のキャロルも、後のシーンで「ペニー・ベンジャミン」の名に触れています。

アイスマン役、バル・キルマーは現実でも闘病中

前作『トップガン』でマーヴェリックのライバルであるアイスマンを演じたバル・キルマーも再出演します。

バル・キルマーは、2017年から喉頭がんで闘病中です。

しかし、トム・クルーズは続編『トップガン マーヴェリック』に、アイスマンの出演を強く望みました。

バル・キルマー自身も出演を熱望したため、アイスマンも喉にがんを患っている設定に変更したのです。

アイスマンの「発声」は、人工知能によるものです。

マーヴェリックとの会話は、主にテキストを通じて行われています。

『トップガン マーヴェリック』の戦闘機の中にトム・クルーズの所有物が

『トップガン マーヴェリック』には、トム・クルーズ自身が所有する機体が登場します。

作品冒頭とラストに登場する『P-51』という機体です。

『P-51』は、第2次世界大戦時に活躍した飛行機です。

ちなみに、トム・クルーズは操縦を許される「計器飛行証明」を所有している本物のパイロットです。

そのためかトム・クルーズは映画内で、空中を躍動しているシーンをよく見かけます。

  • 『トップガン』シリーズ:戦闘機
  • 『バリー・シール/アメリカをはめた男』:飛行機
  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』:ヘリコプター

『トップガン マーヴェリック』の撮影方法

『トップガン マーヴェリック』の撮影シーンは、全て本物です。

本作の撮影に使われたIMAXカメラは、なんと6台(1台、約数億円)です。

更にキャスト陣は、スタントなしで実際に戦闘機に乗っています。

そもそも戦闘機は、スピードや複雑さが異次元です。

そのため、従来の撮影方法では、通用しません。

実際に、機体の中にカメラを設置する方法を編みだすまでには、海軍と協力しながら15カ月もの期間を費やしています。

『トップガン』監督の死亡理由は?

『トップガン』の監督だったトニー・スコットの死亡理由は、自殺でした。

2012年、ロサンゼルスのビンセント・トーマス橋から身を投げたのです。

トニー・スコット監督は、手術で治すこともできない脳腫瘍を患っていた、との噂がありました。

しかしそれは、家族が否定しています。

当初、『トップガン2』はトニー・スコット監督に製作がオファーされていました。

トニー・スコット監督は、トム・クルーズの場面を少なくして、無人戦闘機での空中戦をメインで計画していたそうです。

まとめ

アメリカの文化遺産として保存に値すると判断された映画が、あることをご存じでしょうか?

作品の公開から、最低でも10年以上が経過していて、かつ、「文化的、歴史的、芸術的」に重要であると認められた作品です。

『恋はデジャ・ブ』や『ショーシャンクの空に』に並んで、『トップガン』は、米国国立フィルム登録簿に登録されているのです。

それだけ評価の高い作品の続編『トップガン マーヴェリック』が見られるのは、感動的であり、実際に最高でした。

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。