洋画

映画『ホテル・ムンバイ』はどこまで実話だったのか?

映画『ホテル・ムンバイ』は、実話映画です。

2008年のムンバイ同時多発テロを、題材にしています。

  1. 無差別テロのひどさ
  2. 勇敢なホテルマンたち
  3. テロリスト側の視点
  4. 人種差別の問題

テロのリアルが描かれた映画『ホテル・ムンバイ』ですが、どこまでが実話だったのでしょうか?

そこで本記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 映画『ホテル・ムンバイ』はどこまで実話だったのか?
  • 映画『ホテル・ムンバイ』の製作の裏側

\\『ホテル・ムンバイ』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 90/100点

それでは、映画『ホテル・ムンバイ』のあらすじから見ていきましょう。

映画『ホテル・ムンバイ』のあらすじ

2008年11月、インド・ムンバイで同時多発テロが起こりました。

『ホテル・ムンバイ』では、テロリストに占拠されたインドを代表する五つ星ホテル「タージマハル・パレス・ホテル」での、人質脱出劇が中心に描かれます。

500人以上の宿泊客と従業員が、人質になった実話がベースの悲劇です。

作品名ホテル・ムンバイ
原題Hotel Mumbai
公開日2019/9/27
上映時間123分
キャストデブ・パテル

\\『ホテル・ムンバイ』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 90/100点

映画『ホテル・ムンバイ』はどこまでが実話だった?

『ホテル・ムンバイ』のモデル
  • 2008年11月26日にムンバイで発生した同時多発テロ
  • テロの標的はタージマハル・ホテル以外にも、あった
  • 少なくとも174人以上が殺害され、負傷者も239人

実際に、10件のテロ立てこもり事件が、同時多発的に発生しています。

  • チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅
  • 2カ所の五つ星ホテル
  • 人気のレストラン
  • 病院
  • ユダヤ教正統派のナリーマン・ハウス
  • 映画館

このうち、2カ所の五つ星ホテルのうちの一つが「タージマハル・ホテル」でした。

『ホテル・ムンバイ』では、「タージマハル・ホテル」で発生したテロ事件のみを取り扱っています。

ちなみに、テロ攻撃のうち8件が、南ムンバイです。

映画『ホテル・ムンバイ』で実話の部分

タージマハル・ホテルは、1903年12月16日に開業しています。

映画『ホテル・ムンバイ』内で、テロが発生したタージマハル・ホテルは実在します。

一流のホテルであり、過去に世界各国の要人や有名人が訪れています。

【1】テロリストたちの行動

映画『ホテル・ムンバイ』は、テロリストの行動も再現されています。

  • テロリストたちは舟で上陸
  • 地元住民に見られていた

【2】特殊部隊の到着するタイミング

『ホテル・ムンバイ』では、タージマハル・ホテルで特殊部隊が最後の任務を完了させるのに、60時間要しています。

これも事実で、実際に特殊部隊の到着が遅かったようです。

【3】タージマハル・ホテルの被害

タージマハル・ホテルはムンバイ同時多発テロで、300人以上が救出されました。

ホテルでの被害があった32人のうち、約半分がホテル従業員でした。

いかに、ホテルの従業員たちが必死にお客様をサポートしていたか分かる事実です。

まとめ:タージマハル・ホテルの現在

タージマハル・ホテルは、ムンバイ同時多発テロ直後は、放火や銃撃、爆破などによる建物の損傷によって、営業を停止していました。

しかし、わずか事件から3か月後には、修復を終えて、リニューアルオープンを果たします。

2022年現在も営業していて、タージマハル・ホテルの力強さを感じます。

ちなみに映画『ホテル・ムンバイ』のエンディングは、リニューアルオープン時の記録映像です。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

参考文献:Wikipedia ムンバイ同時多発テロ

>>こちらのインド映画『きっと、うまくいく』もオススメです。

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。