洋画

『パルプ・フィクション』にジョン・トラボルタが起用された理由とは?ほかにも曲や意味も紹介!

映画『パルプ・フィクション』は言わずとしれた傑作です。本作で、第67回アカデミー賞の脚本賞を受賞しています。

クエンティン・タランティーノ監督の独創的なストーリーは、今なお多くの映画ファンに語り継がれる一作です。

記事のポイント
  • 映画『パルプ・フィクション』の曲や意味を紹介
  • 映画『パルプ・フィクション』にジョン・トラボルタが起用された理由とは?

ネタバレは一切、ございません。

それでは、映画『パルプ・フィクションのあらすじから見ていきましょう!

『パルプ・フィクション』のあらすじ

クエンティン・タランティーノ監督が「大衆向け雑誌の犯罪小説(=パルプ・フィクション)」をモチーフに、3つのエピソードを1つの話に仕立て上げた作品です。

  1. ギャングのビンセントジュールスが、組織を裏切った青年の家に訪れる
  2. 落ち目のボクサーのブッチは八百長試合を引き受けますが、裏切って勝利を収める
  3. ミアが薬物を過剰摂取して、昏睡状態に陥ってしまう
作品名パルプ・フィクション
監督クエンティン・タランティーノ
公開日1994/10/8
上映時間154分
キャストジョン・トラボルタ/サミュエル・L・ジャクソン

\\『パルプ・フィクション』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 79/100点

『パルプ・フィクション』の意味は?

意味

『パルプ・フィクション』は、「安っぽい小説」の意味を持ちます。

本作はストーリーの構成が、画期的です。

『パルプ・フィクション』は、クエンティン・タランティーノ監督の代表作となりました。

『パルプ・フィクション』とジョン・トラボルタ

POINT

『パルプ・フィクション』のヴィンセント役ですが実は、ジョン・トラボルタが第一候補ではありませんでした。

当初は、『レザボア・ドッグス』のマイケル・マドセンが有力候補に挙げられていたのです。

しかし、マドセンが辞退してジョン・トラボルタが最有力となります。

スタジオ側はヴィンセント役に、『マイ・レフトフット』(89)でアカデミー賞を受賞したダニエル・デイ=ルイスの起用を望みました。

ここでタランティーノは「トラボルタがやらないなら、『パルプ・フィクション』は撮らない」とまで主張します。

監督は『パルプ・フィクション』で、トラボルタのキャリア浮上を期待していたのです。

結果は、言うまでもありません。

『パルプ・フィクション』は、映画史に残る傑作となりました。

トラボルタが出演していた『サタデー・ナイト・フィーバー』『ミッドナイトクロス』の大ファンだったタランティーノ監督自身が熱心にキャスティングを行った結果、本作は成功を収めたのです。

『パルプ・フィクション』とブルース・ウィリス

キャストモデル
  1. 『レザボア・ドッグス』
  2. 『パルプ・フィクション』

クエンティン・タランティーノ監督の2作目『パルプ・フィクション』が、大物キャストの目に留まりました。

ブルース・ウィリスです。

レザボア・ドッグス』がお気に入りだったブルース・ウィリスは、すでに『ダイ・ハード』(88)シリーズで、大ヒットを収めてスター俳優となっていました。

それでもどうしても『パルプ・フィクション』に出演したかったウィリスは、知人の紹介からタランティーノと会う機会を得ます。そして「どんな役でもやる」と宣言したのです。

サミュエル・L・ジャクソンに当て書きされた殺し屋ジュールス

チェック

クエンティンタランティーノ監督は、信心深いキリスト教徒である殺し屋・ジュールスを作り出しました。

このジュールスは殺しの前に、聖書の一説を口にするという変わった人物です。

監督がサミュエル・L・ジャクソンをイメージして描かれたのが、ジュールスです。

これら一連の動作は、日本の時代劇『影の軍団』を観たクエンティンタランティーノ監督が、「敵を斬る前に、必ず口上を述べる」千葉真一演じる主人公を観てオマージュしたものです。

▼キアヌは千葉真一に憧れて俳優になっていた?

ちなみに、サミュエル・L・ジャクソンと監督は『レザボア・ドッグス』のオーディションからの知り合いです。

『パルプ・フィクション』にはヴィング・レイムスも

ミッション:インポッシブル』(96)シリーズでおなじみのヴィング・レイムスもまた、冷酷なギャングのボス、マーセルスの役を獲得しています。

まだ無名時代の頃に、ヴィング・レイムスは『レザボア・ドッグス』のオーディションを受けて落選した過去があります。

強面ではあるけれど、不幸なハプニングからとんでもない惨事に巻きこまれる難役・マーセルスを、ヴィングは見事に演じきりました。

他にも、『パルプ・フィクション』には後に有名になるキャストが多数います。

  • エリック・ストルツ
  • ロザンナ・アークエット
  • ハーベイ・カイテル
  • ティム・ロスなど

『パルプ・フィクション』のミアとヴィンセントのダンスシーンは屈指の名シーン

ミアヴィンセントが、レストランでツイスト・ダンスを踊るシーンがあります。

ノリノリで踊るミアを見たヴィンセントは気が進みません。しかし結局は、激しく踊っています。

『パルプ・フィクション』を鑑賞していない方も、このカットだけは知っているのではないでしょうか?

ちなみに、ツイスト・ダンスシーンに流れる曲は、チャック・ベリーが歌うR&Rの「ユー・ネヴァー・キャン・テル」です。

まとめ:『パルプ・フィクション』の曲や制作費

『パルプ・フィクション』の曲は、有名なものが多いです。

  • オープニングはディック・デイル&ザ・デルトーンズの「ミザルー」(『TAXi』シリーズでも採用)
  • クール・アンド・ザ・ギャングが歌う「ジャングル・ブギー」など

そんなオシャレでセンス抜群の映画『パルプ・フィクション』の製作費は、わずか800万ドルでした。

それでも、ジョン・トラボルタサミュエル・L・ジャクソンユマ・サーマンの3人が好演した『パルプ・フィクション』は、今もなお人気が根強く残る作品です。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。