洋画

【アル・パチーノ主演】名言がいっぱいのマフィア映画『スカーフェイス』 

評論家がさんざんこき下ろし、公開当時の評価が「最低」だった映画があります。

暗黒街の顔役」の現代版リメイクとなった映画『スカーフェイス』です。

しかし結果として、本作はアメリカのマイノリティ層(黒人やヒスパニックなど)の胸に突き刺さりました。

『スカーフェイス』ヒットの要因は、どこにあったのでしょうか?

記事のポイント
  • 映画『スカーフェイス』のあらすじを紹介
  • 映画『スカーフェイス』とラッパーの関係
  • セリフの特徴

それでは、映画『スカーフェイス』のあらすじから見ていきましょう。

『スカーフェイス』のあらすじ

時は1980年――

キューバからアメリカ・マイアミへ渡ったトニーは、コカインの取り引きを始めます。

その仕事ぶりがマフィアのボスに認められ、構成員となりますが……?

作品名スカーフェイス
公開日1984/4
上映時間169分
キャストアル・パチーノ
「FUCK!」の回数197

\\『スカーフェイス』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 75/100点

『スカーフェイス』の名言と生き様

トニーの飽くなき「向上心」が、名言からも常に感じられます。

また、トニーがトップの座に落ち着いてから態度としてにじみ出てくる「慢心」は、男の「良い点」と「悪い点」を凝縮させたような味わいがあります。

『スカーフェイス』の台詞の特徴

『スカーフェイス』の注目ポイントは、トニーが向上していく姿と同じくらい、自滅していく様がしっかりと作品内で描かれている点です。

加えて、トニーから放たれる名言にも目が離せません。

「FUCK!」と吐き捨てるシーンも、見どころの一つでしょう。

キューバからアメリカへ来た青年トニーが、マフィアの王になるまでの苦労がすごかったため、「FUCK!」と叫ぶ必要があったのです。(多分)

『スカーフェイス』で登場した「FUCK!」の回数は?

『スカーフェイス』のブルーレイ特典として作られた予告編「FUCK’in トレーラー」で判明していますが、197回です。

ちなみに映画『スカーフェイス』の上映時間は170分ですから、約50秒に1回は「FUCK!」と叫んでいます。

『スカーフェイス』の名言は、ヒップホップ界にも影響

映画『スカーフェイス』でトニーが放ったセリフは、ラッパーたちのハートを虜にしました。

「この世の中では、タマのある奴が命令を下す」

社会の底辺を生きる若者が、人生の逆転を狙い本当にスターになっていく本作は、ラッパーの生き様ともシンクロしています。

「この国はまず金だ。金が力をつくる。力があれば女を抱ける」

「(あと何が欲しい?という問いに)世界だよ。世界の全てだ」

映画『スカーフェイス』内でのトニーの生き様に大きく影響を受けた人物が、ラッパーのパフ・ダディです。

パフ・ダディは「『スカーフェイス』は64回観てるぜ!」と豪語しています。

更に、ノトーリアス・B.I.G.は「Warning」のPVで、映画『スカーフェイス』のオマージュを捧げています。

以上のように、映画『スカーフェイス』がヒップホップ界に与えた影響は、計り知れないものとなっています。

アル・パチーノの代表作

  1. 「スケアクロウ」
  2. 「狼たちの午後」
  3. 「スカーフェイス」
  4. 「カリートの道」
  5. 「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」(92)→アカデミー主演男優賞を受賞
  6. 「ヒート」(95)
  7. 「インサイダー」(00)
  8. 「オーシャンズ13」(07)
  9. 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(19)
  10. 「アイリッシュマン」(19)

アル・パチーノは、映画『ゴッドファーザー』シリーズのマイケル役が、非常に有名です。

▼映画『ゴッドファーザー』の生き様は、こちらから

また、ほかにも数多くの有名作品にも出演しています。アル・パチーノは、ハリウッド界きっての名優です。

まとめ

アル・パチーノ演じる青年が「ただの一般人」である状況から、野心のみで「麻薬王」にまで上り詰めていった映画『スカーフェイス』(83)は、屈指のマフィア映画です。

男の酸いも甘いも、すべてが凝縮された映画『スカーフェイス』をぜひこの機会に、お楽しみ下さい。

※今回紹介した映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。