洋画

【本当に面白かった映画】『ゴッドファーザー』から学ぶ人生の教訓

大人の渋い色気がにじみ出る映画『ゴッドファーザー』は、人生の教訓を作品内の名言から存分に味わえます。

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 映画『ゴッドファーザー』のあらすじを紹介
  • 映画『ゴッドファーザー』から学ぶ人生の教訓とは

それでは、映画のあらすじから見ていきましょう。

『ゴッドファーザー』のあらすじ

ゴッドファーザー』の舞台は、第二次世界大戦の終戦直後である1945年から始まります。

ニューヨーク五大ファミリーの一角で、最大勢力でもある「コルレオーネ・ファミリー」の家では、今まさにドン・コルレオーネヴィトー)の娘・コニーの結婚式が開かれていました。

独特のマフィアという世界観にファミリーという濃い関係が、人間関係を複雑にしていきます。

作品名ゴッドファーザー
公開日1972/7/15
上映時間178分
キャストアル・パチーノ
映画から得られる教訓プライスレス

とけいの評価

 97/100点

人生の教訓が、『ゴッドファーザー』には詰まっています。

それは単に、作品の結末からだけでなく、作品の節々によって得られるものが異なります。また、それは見ている人の年齢によっても映画の印象は、大きく変わるでしょう。

何度観ても、違った魅力を醸し出してくれるのが『ゴッドファーザー』の魅力です。

後のシリーズ第二弾では、ロバート・デニーロが登場――映画界に輝く名作です。

『ゴッドファーザー』の名言

1.家族と時間を過ごしてこそ本物の男

ヴィトーが放ったセリフに、

家族と時間を過ごさない男は、本物の男にはなれない」があります。

『ゴッドファーザー』の冒頭、娘であるコニーの結婚式中にいた一人にヴィトーがかけた言葉です。

働き盛りの男性にはストレートに突き刺さるような格言です。

仕事ばかりして、仮に上手くいっていたとしても、家族をないがしろにしているようでは本物の男と呼べない教訓。これは、実に筋が通っています。

現に、ヴィトーも家族を常に大切にし、家族を一番に想いながら生きているのです。

2.欲しいものは無茶をしてでも手に入れる

マフィア界のドンを目指すには、貪欲に欲しいものは手に入れていかなければなりません。

ヴィトーは結構な無茶を繰り返し要求して、相手から欲しいものを取ってきます。

その時にポイントとなるのは相手が無下にできないような申し出をして、断らせないこと。

NOとさえ言わせなければ、大丈夫だという強引な理屈です。

日本人には欠けている要素です。

しかし、ビジネスの場面において、必要になるケースも少なくありません。

3.性格で行動は決まる

長男であるソニーは、短気ですが、その短気が命取りとなります。

そんな危なっかしいソニーに対して、ヴィトーは「家族以外に考えを明かすな」と諭すシーンがあります。

対して次男・フレドはヘタレです。気が弱く、強気な判断が下せません。

いつも、意見の軸がぶれています。

一方で次男のマイケルは冷静沈着です。常に、シビアな判断が下せます。

誰が、次のボスの適任か。性格だけでも分かりますね。

4.何より健康が大事

マイケルがユダヤ系ギャングの大物、ハイマン・ロスと対面した場面。

ロスは「健康がいちばん大切だ。成功より金より力より」と語る所があります。

ごくごく当たり前なことかもしれませんが、すべてを手に入れた者が放つ言葉には重みがあります。

どれだけ権力があろうとも、健康には逆らえないのです。

5.敵の懐へ入りこむ勇気

マイケルは「友を近くに置け。敵はもっと近くに置け」と亡くなった父親・ヴィトーから間接的に教わりました。

敵と親密な関係を築き上げることで油断させます。

そうなってくると、自分の構想通りに敵を動かすことができるという意味ですね。

マフィア映画でも、映画賞を受賞できた理由は?

ゴッドファーザーが、アカデミー賞を受賞できたのは何故ですか?

A.俳優からの評価が高かったから

アカデミー賞の審査方法は、シンプルです。

俳優・技術スタッフまたプロデューサーなど映画関係者が投票を行う形式が採用されています。およそ8,000名の投票結果により、賞の受賞者(作品)が決まるのです。

ここで、人数の割合に注目してみましょう。

人数が多いのは、俳優です。

ですので、作品賞はおのずと「俳優が良い演技を見せている」映画となっていきます。

『ゴッドファーザー』は俳優映画の金字塔であり、作品賞の受賞は必然でした。

それは当時の助演男優賞ノミネートからでもよく分かります。

なんと助演男優賞ノミネート5名のうち、3名が『ゴッドファーザー』内の俳優から選ばれたのです。

また同じく、主演男優賞にはドン・ヴィト役のマーロン・ブランドが選出されています。

本人は受賞拒否していますが、これだけでも『ゴッドファーザー』の凄さが分かりますね。

まとめ

『ゴッドファーザー』は観るときの年齢や状況に応じて、感じることや響く場面が全く違ってくる名作です。

味わい深いワインのように、寝かせば寝かすほど作品が美味しくなっていきます。

何度でも新しい観点から堪能できる『ゴッドファーザー』をぜひ鑑賞してみてはいかがでしょうか?

※今回紹介した映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントが付与されます)

\登録・解約も簡単/

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2021年11月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。