邦画

映画『七つの会議』のモデルとなった会社からタイトルの意味まで

映画『七つの会議』の主人公・八角は、サボり社員です。

年齢は上がってきているのに、八角は係長のままです。

平気で、仕事中や会議でも昼寝をしています。

ビジネス映画では珍しい、ぐうたら社員が主人公の本作は、あの『半沢直樹』シリーズで有名な池井戸潤氏が、原作の映画です。

記事のポイント
  • 『七つの会議』のモデルとなった会社は?
  • 『七つの会議』のタイトルの意味

本記事は2ページ目より、ネタバレが含まれます。

それでは、映画『七つの会議』のあらすじから見ていきましょう!

『七つの会議』のあらすじ

舞台は、中堅メーカーの東京建電です。

営業一課で万年係長の八角民夫は、仕事をサボりまくっています

それでも、のらりくらりと社会人生活をしています。

ある日、八角とは別件で、社内のパワハラ騒動が問題となりました。

しかし、この騒動にはもっと深い裏があると八角は勘づいていて……?

作品名七つの会議
監督福澤克雄
公開日2019/2/1
上映時間119分
キャスト野村萬斎・香川照之・及川光博

\\『七つの会議』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 82/100点

『七つの会議』で八角を演じたキャストは?

『七つの会議』で登場するキャストは、「豪華」です。

主演のぐうたらサラリーマン・八角役を、狂言で有名な野村萬斎が務めています。

本作が、初のサラリーマン役となりました。

営業部長に香川照之、No.2の立場に及川光博など、「半沢直樹」シリーズでも有名な二人が、本作の脇を固めています。

そのほかの登場人物は、以下の通りです。

  • 片岡愛之助
  • 藤森慎吾
  • 北大路欣也
  • 役所広司
  • 鹿賀丈史
  • 春風亭昇太
  • 小泉孝太郎
  • 世良公則
  • 橋爪功
  • 赤井英和
  • 吉田羊
  • 土屋太鳳
  • 溝端淳平

『七つの会議』から感じる「半沢」感

ダンディーな
おじさん

映画『七つの会議』は、「半沢直樹」感が強すぎないかい?

A.原作者と監督が、ドラマ「半沢直樹」シリーズと同じだから仕方ない部分があります。

半沢直樹」シリーズとは異なった魅力が、映画『七つの会議』から溢れているのも事実です。

とくに主演の八角を演じた野村萬斎さんのサラリーマンが、本当に渋くてカッコいいです。

『七つの会議』は脇役が強いのに、あそこまで主役の色が際立ったのは、ひとえに野村萬斎さんの演技が凄かったからでしょう。

日本企業に勤める「サラリーマン」のしんどさや凄さがすべて詰まっている作品です。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。