映画レビュー

『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』の舞台に日本あり【大阪やパリにガンが舞う】

John Wick Chapter 4
本ページはプロモーションが含まれています

ジョン・ウィック4作目のコンセクエンス。

あるシーンは、日本が舞台となっています。

それも、東京でなく大阪。なんと梅田駅まで登場しています。

ほとんどアクションシーンだけで構成されている映画『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』。

本作で登場した日本を中心に解説します。

記事のポイント
  • 『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』の舞台は大阪
  • 『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』にウイスキー山崎が登場

それでは映画『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』のあらすじから見ていきましょう。

とけい

映画を年間200本くらい楽しむとけいが書いています。

『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』のあらすじ

作品名ジョン・ウィック4 コンセクエンス
原題John Wick: Chapter 4
公開日2023/9/22
上映時間169分
キャストキアヌ・リーブス

キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋になった『ジョン・ウィック』シリーズの第4弾です。

裏社会の掟を破りまくったものの、粛清から逃れたジョン・ウィック

自由になるべく動き出します。

主席連合の若き高官グラモン侯爵は、これまで「聖域」として機能してきたニューヨークのコンチネンタルホテルを爆破します。

またジョンの旧友だった盲目の暗殺者ケインをジョンのもとへ差し向けたのです。

ジョンは日本の友人シマヅに協力を求めます。

こうして舞台は、大阪のコンチネンタルホテルへ。

『ジョン・ウィック』シリーズのおさらい

  1. 『ジョン・ウィック』(2014)
  2. 『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)
  3. 『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)

『ジョン・ウィック』シリーズは、ガンアクションが魅力です。

またガン(拳銃)だけでなく、馬に乗ったアクション。

更にはカーチェイスならぬバイクチェイスなど、様々なアクションが楽しめます。

映画『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』を観た感想

とけいの評価は?

 88/100点

ジョン・ウィックを筆頭に、とにかくキャラが個性的で面白いです。

本作では日本の大阪コンチネンタルホテルが舞台だけあって、日本語が多く登場しています。

とけい

洋画あるあるの「なんだ、この日本感」は全くありませんでした。

とにかく『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』はアクションシーンが多い。

ですがカメラワークやアクションにメリハリが多くあり、飽きません。

随所にアクションへのこだわりが感じられた作品でした。

日本発のウイスキー山崎が登場

created by Rinker
HK酒店
¥18,590 (2024/05/17 00:13:03時点 Amazon調べ-詳細)

ジョン・ウィックと大阪コンチネンタルホテルのコウジ(真田広之)が酒を飲み交わすシーンでは、日本発のウイスキー・山崎が登場しています。

山崎は甘くなめらかな味わいが特徴であり、世界的に人気のあるウイスキーです。

『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』のキャスト

『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』のキャストは?

・ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)
・ケイン(ドニー・イェン)
・グラモン侯爵(ビル・スカルスガルド)
・シマズ(真田広之)
・アキラ(リナ・サワヤマ)
・バワリー・キング(ローレンス・フィッシュバーン)
・トラッカー(シャミア・アンダーソン)
・シャロン(ランス・レディック)
・ウィンストン(イアン・マクシェーン)
・キーラ(スコット・アドキンス)

『ジョン・ウィック4』のキャストには、キアヌ・リーヴスのほかにも続投されるキャストがいます。

ウィンストン役のイアン・マクシェーンやバワリー・キングを演じたローレンス・フィッシュバーンです。

日本人キャストも登場

また『ジョン・ウィック4』の舞台には大阪があるため、日本人も登場しています。

大阪のコンチネンタルホテルの親子役に真田広之

イギリスを拠点に活動する日本出身ミュージシャンのリナ・サワヤマが出演しています。

『ベイビーわるきゅーれ』の伊澤彩織がスタントで出演

『ジョン・ウィック4』のアキラ(リナ・サワヤマ)のスタントダブルを『ベイビーわるきゅーれ』の伊澤彩織が担当しました。(もう一人は和田崎愛)

『ベイビーわるきゅーれ』ではバキバキのアクションを見せていた伊澤彩織だけに、『ジョン・ウィック4』のスタントも納得です。

>>『ベイビーわるきゅーれ』は『U-NEXT』の無料トライアルで視聴可能です。

まとめ

『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』の舞台には、日本の大阪がありました。

梅田駅の地下鉄からジョン・ウィックが移動するシーンや日本発のウイスキー山崎を真田広之と飲み交わすシーンなど、日本人にとって嬉しい場面が多くあります。

また総じて、『ジョン・ウィック4 コンセクエンス』は壮大なジャパンといった様子であり、浮世離れしたようなトンデモ感はありませんでした。

本作の舞台は日本だけでなくパリなどにも行っており、とにかくジョン・ウィックが暴れ回っています。

続編がありそう

とけい

本作のエンドロールでは、続編に含みを持たせたラストで終わっています。

続編があるとしたら、一体どのような形になるのでしょうか。

間延びしないストーリーに期待です。

参考URL:https://johnwick.jp https://www.cinematoday.jp/news/N0139167 https://www.cinematoday.jp/news/N0139136

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。