洋画

【どろぼう】『ホーム・アローン』子役の今は?ケビンの死亡説や改名について

ホーム・アローン』は、クリスマス映画の定番です。

本作は世界中で大ヒットし、『ホーム・アローン』の主役のケビンを演じた子役のマコーレー・カルキンは、大スターになりました。

ですが一時、マコーレー・カルキンの死亡説が飛び交っています。

そこで本記事を読めば、こんなことが分かるようにしました。

記事のポイント
  • 『ホームアローン』の子役は今?
  • 『ホームアローン』のどろぼう役のキャスト

ネタバレは一切、ございません。

それでは、『ホーム・アローン』のあらすじから見ていきましょう!

『ホーム・アローン』のあらすじ

マカリスター家は、大家族です。

クリスマスはパリ旅行に決まり、みんながワクワクした結果、当日に全員が寝坊します。

慌てて、大家族は空港へと出発します。ですが、末っ子のケビンだけが家に取り残されてしまったのです。

そんな空っぽの家に2人組の泥棒が、やってきて……?

作品名ホーム・アローン
監督クリス・コロンバス
公開日1991/6/22
上映時間103分
キャストマコーレー・カルキン
とけいの評価は?

 93/100点

天才子役マコーレー・カルキンが大暴れした映画『ホーム・アローン』は、誰が観ても楽しめる映画になっています。

『ホーム・アローン』の子役は今?

マコーレー・カルキン(Macaulay Culkin)は1980年8月26日生まれですので、『ホーム・アローン』では子役でしたが、今は40歳を超えています。

一度は俳優を辞めていましたが、現在も俳優として活動しています。

マコーレー・カルキンの子役時代

マコーレー・カルキンは1987年、わずか7歳で映画デビューを果たしています。その後、1990年に『ホーム・アローン』に出演し、世界的な大ヒットを飛ばします。

『ホーム・アローン』は最も売れた実写コメディ映画として、ギネス登録にも認定されています。

また『ホーム・アローン』の功績から、マコーレー・カルキンは「世界一有名な子役」としてギネスブックに名を刻みました。

翌年、映画『マイ・ガール』も大ヒットし、勢いそのままに『ホーム・アローン2』に出演しています。こちらもトランプ元大統領が出演するなど話題を集めて、大ヒットしています。

マコーレー・カルキンと裁判

この辺りからギャラが跳ね上がり、子役としては異例の450万ドルが支払われたといいます。その後も、ギャラは上がり続けます。

『ゲッティング・イーブン』(93)や『リッチー・リッチ』(94)では、800万ドルのギャラが支払われたという噂です。

しかし、マコーレーのマネージャーだった父の要求がめちゃくちゃ(とくに金銭面)で、1994年後半にはオファーが減少します。

その後、両親は離婚します。

更には、マコーレーが稼いだお金の分配でもめますこの裁判がきっかけで、マコーレー・カルキンは子役を引退を決断しています。

マコーレー・カルキンの俳優業の復活

高校生の間に結婚と離婚を経験をした後、マコーレーはロンドンの舞台から俳優業を復活させました。

本公演は、ニューヨークのオフ・ブロードウェイでも公演されるなど好評でした。

その3年後、マコーレーは『パーティー★モンスター』で9年ぶりに映画に出演を果たします。ゲイの連続殺人犯を演じており、ここでかつての子役のイメージを捨てています。

そして2004年、マコーレー・カルキンは規制薬物とマリファナ所持で逮捕されてしまいます。

『ホーム・アローン』子役死亡説はデマ

マコーレー・カルキンは、その後も薬物から離れられません。

  • 2004年 – 薬物不法所持で逮捕
  • 2012年 – ヘロイン中毒による自殺未遂

一連の流れからか、2014年終わり頃に大手メディアのフェイクサイトからマコーレー氏の訃報が流されてしまいます。

こうして、マコーレー・カルキン死亡説が一気に広まってしまいました。

しかし、ホームアローン子役死亡説は完全なデマです。

2018年には『ホーム・アローン』のようなGoogleアシスタントのコマーシャル・フィルムに出演

マコーレー・カルキンは2016年頃より俳優業を再開しており、2018年にはGoogleアシスタントのコマーシャル・フィルムに出演しています。

本CMは、「映画『ホーム・アローン』の世界にGoogleアシスタントがあったら」というパロディー作品です。

中年になったケビンがGoogleアシスタントを使って泥棒を退治していくストーリーです

マコーレー・カルキンが改名?

マコーレー・カルキンの改名騒動も忘れてはいけません。

2018年のアメリカのトーク番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』に出演したマコーレー・カルキンは、ミドルネーム『カーソン』の改名としたと発表しています。

自身のウェブサイト『bunny ears(バニー・イヤーズ)』上で、ユーザーが投票して決定されました。

5つの候補に絞られたミドルネームは、以下の通りです。

  1. 『キーラン』
  2. 『シャーク・ウィーク』
  3. 『パブリシティ・スタント』
  4. 『マコーレー・カルキン』
  5. 『ザ・マックリブ・イズ・バック』

投票の結果、『マコーレー・カルキン』がミドルネームに決まりました。

そのため、マコーレー・カーソン・カルキンから『マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキン』への改名が決定しています。

なお、マコーレー・カルキンは2019年4月時点に「改名手続きのため裁判所に行かなければ」とツイートしたのを最後に、改名の件には触れていません。

マコーレー・カルキンの身長は170cm?

ダンディーなおじさん

マコーレー・カルキンさんは子役出身だから、身長の公表を10代以降していないんじゃないかね?

本当に成人した今の身長も、170cmしかないのかね?

A.167.6cmです。

『ホーム・アローン』どろぼう役は?

笑うと金歯が光るどろぼうハリー・ライム役は、ジョー・ぺシが演じました。

相棒のマーヴより163cmと身長がかなり低、気が短い特徴を持ちます。『ホーム・アローン』に出演していた時は、47歳でした。

ジョー・ぺシは、ロバート・デ・ニーロ監督作品の暴力的なマフィア役でよく出演しています。

また俳優だけでなく、プロゴルファーや馬主の顔を持ちます。

193cmとのっぽなどろぼうは、マーヴ・マーチャントです。能天気なモジャモジャ頭のヒゲ野郎を、ダニエル・スターンが演じました。『ホーム・アローン』出演時は、33歳でした。

『ホーム・アローン』の裏話

『ホーム・アローン』裏話には、プロデューサーのジョン・ヒューズの存在があります。

映画『おじさんに気をつけろ!』(1989)を制作していたジョンは、その作品内で出演していたマコーレー・カルキンに注目していました。

マコーレー・カルキンが個性を出して輝けるような作品を制作していった結果、『ホーム・アローン』のアイデアが浮かんだそうです。

『ホーム・アローン』主人公の子役オーディションも行われています。

100人以上のも応募がありましたが、マコーレー・カルキンのスター性はやはり凄く、当初からの話は予定通りに進んでいきました。

クリスマス映画のランキングでは、常に上位に食い込むコメディ映画です。

1990年に公開された『ホーム・アローン』は当時、興業収入が12週連続1位という素晴らしい記録を叩きだしています。

『ホーム・アローン』で流れる曲は?

映画『ホーム・アローン』で流れる曲は、クリスマスにちなんだ曲が多いです。

  1. ケイト達が、空港内を走る-Run Rudolph Run / Chuck Berry
  2. テレビでアニメをつけたままケビンがソファで寝ている-How The Grinch Stole Christmas
  3. マネキンなどで、ケビンが家に人がいる仕掛けを作る-Rockin’ Around The Christmas Tree / Brenda Lee
  4. 鏡の前でケビンが身支度する-White Christmas / The Drifters
  5. 教会でケビンがマーリーに話しかけられる-O Holy Night
  6. 教会でケビンがマーリーと会話する時-Carol Of The Bells
  7. パトカーを見送り、ケビンが家族の帰りを待つ-Have Yourself A Merry Little Christmas / Mel Torme

まとめ:『レゴ ホーム・アローン』が凄そう

日本での映画『ホーム・アローン』公開から30年の節目に、あの家がレゴブロックで発売されました。

ファンのアイデアが形になるレゴ アイデアシリーズの中でも、史上最大のピース数3,955を誇る『レゴ ホーム・アローン』は外観のクオリティだけでなく、室内やワナを仕掛けるギミックまで完全に再現されています。

また、開閉式の家の壁面と屋根を開くことで、内部が完全に見える仕様です。

主役のケビンを始め、どろぼうのハリーとマーヴ、マカリスター家の隣に住む老人のマーリー、ケビンの母親のケイトが、レゴのミニフィギュアとして登場しています。

映画『ホーム・アローン』のワクワク感は、まだまだ留まることを知りません。

▼こちらも読みたい▼

(※本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。