洋画

ブラピ主演!映画『ファイト・クラブ』のあらすじやサブリミナル効果に迫る

ブラッド・ピットブラピ)が主演を務めた映画作品の中でも、やはり『ファイト・クラブ』のインパクトは、強烈でした。

映画の節々に散りばめられた「サブリミナル」な演出やブラピの鍛え上げられた肉体など、とにかく派手な構成が『ファイト・クラブ』では目立ちます。

記事のポイント
  • 映画『ファイト・クラブ』のあらすじを紹介
  • 『ファイト・クラブ』当時、ブラピは何歳?

それでは、映画『ファイト・クラブ』のあらすじから見ていきましょう!

『ファイト・クラブ』のあらすじ

主人公は、都会の自動車会社に勤務するサラリーマンです。

そんなある日、出張時の機内でタイラー・ダーデンと名乗る自由人と出会います。

二人は、意気投合します。しかし酒のせいもあり、殴り合いになります。

そんな殴り合いが、いつしか心のよりどころとなり、「ファイト・クラブ」と呼ばれる殴り合いのグループに発展します。

タイラーは「ファイト・クラブ」のカリスマ的リーダーになっていくのですが……?

作品名ファイト・クラブ
監督デビッド・フィンチャー
公開日1999/12/11
上映時間139分
キャストブラッド・ピット

\\『ファイト・クラブ』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 85/100点

『ファイト・クラブ』の時、ブラピは何歳?

『ファイト・クラブ』当時、ブラピは35歳です。

実は『ファイト・クラブ』の映画監督のデビッド・フィンチャーは当初、タイラー・ダーデン役の起用を誰にするのか悩んでいました。

  1. ブラッド・ピット
  2. ラッセル・クロウ

ラッセル・クロウは、『LA.コンフィデンシャル』で、高い評価を得ていました。

結局、デビッド・フィンチャー監督はブラッド・ピットを選んだのですが、今思えば、運命の二択だったのかもしれません。

また、主人公は『ハルク』の降板でも有名なエドワード・ノートンが演じています。

『ファイトクラブ』のブラピが魅せた美しすぎる筋肉

ブラピは役作りのために、過酷なトレーニングもこなすハリウッド・スターであります。

『ファイト・クラブ』撮影時には、タイラー・ダーデンは痩せているように見えますが、身体が絞れた上で筋肉もしっかりついています。

当時、ブラピの身長は180cmで、体重は約70kg弱、体脂肪率は4〜5%を維持していました。

細マッチョです。

ブラピは『ファイトクラブ』の役作りのために、自らのトレーニングで肉体改造をしています。

そのため、ブラピの筋肉は凄まじいものになっています。

筋肉量を増やして減量を行うという理想的なトレーニングから、タイラー・ダーデンは誕生したのです。

映画『ファイト・クラブ』と小説版の違い

映画『ファイト・クラブ』と原作である小説版では、かなりの違いがあります。

  1. エンディングが異なる
  2. 爆弾に関する生成過程の有無

原作にあたる小説『ファイト・クラブ』はチャック・パラニュークによって、1996年に発表されました。

原作と映画『ファイト・クラブ』では、エンディングが大きく異なります

当初、原作ファンから非難の声が上がった程です。

しかし、後に名声を得ています。

原作の『ファイト・クラブ』と同様に、細かな手順まで映画内に取り込もうとした「爆弾の生成過程」については、ロサンゼルス警察の爆弾処理班からクレームを受け、カットされています。

また当初、『ファイト・クラブ』の映画化プロジェクトは、『トレインスポッティング』(96)で有名なダニー・ボイル監督のもとに持ち込まれました。

しかし、96年当時のダニー・ボイルはアレックス・ガーランドが発表した小説『ザ・ビーチ』の映画化に力を入れていました。

そのため、代わりに監督の候補になったのがデヴィッド・フィンチャーだったのでした。

映画『ファイト・クラブ』のサブリミナルについて

『ファイト・クラブ』が物議を醸し出したのが、「サブリミナル」です。

実は『ファイト・クラブ』のストーリー内で、サブリミナルの映像が2回差し込まれています。

問題のシーンは、タイラー・ダーデンがどういう男であるのか説明する「映画技師」の場面とエンディングにあります。

こっそりと、どちらも「男性の局部」が映っているのです。

フィルムは一瞬ですが、間違いなく確実に差し込まれています。

※当商品は輸入版です。日本語字幕・吹替には対応していません。英語字幕のみ収録されています。

「僕」の内なる暴力性を強調する意味合いとして、必要であるサブリミナルだという意見もあります。

この演出については、観客や評論家から賛否両論が生まれたのも事実です。

  • DVD版『ファイト・クラブ』では規制され、カット
  • Blu-ray版『ファイト・クラブ』ではサブリミナルが復活

『ファイト・クラブ』唯一のラブシーンはCG

サブリミナル効果で表現した男性の局部に対して、『ファイト・クラブ』唯一のラブシーンであるブラッド・ピットとヘレナ・ボナム=カーターの絡みは、「CG」で表現されました。

ですので、ヌードを披露してはいますが、ヘレナ・ボナム=カーターが実際に脱いでいる訳ではありません。

まとめ

デビッド・フィンチャー監督は、『ファイト・クラブ』はコメディであると語っています。

劇場公開時の興行成績は、成功とは言い難かった『ファイト・クラブ』ですが、徐々に口コミで評価を上げていきました。

2008年に行なわれた「歴代最高の映画アンケート」では見事10位にランクインされています。【イギリスの映画雑誌「エンパイア」調べ】

ぜひ、屈指の名作との呼び声が高い映画『ファイト・クラブ』をお楽しみ下さい。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。