まとめ

ビジネス映画のおすすめランキング!【洋画編】

本記事では、とけいが独断偏見のみで選んだビジネス映画のランキングを作成しています。

ビジネス映画といっても、様々な種類があります。

  • 詐欺師が活躍したビジネス映画
  • 特殊な業界のビジネス映画
  • パーリーピーポーなビジネス映画

また、個人的に各作品の評価もしていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

  1. 『プラダを着た悪魔』
  2. マネーボール』
  3. 『マイ・インターン』
  4. 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
  5. 『ザ・エージェント』
  6. 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
記事のポイント
  • ビジネス映画のおすすめランキング!【洋画編】

ネタバレは一切、ございません。

それでは、ビジネス映画のおすすめランキングのあらすじを順に見ていきましょう!

【1】『プラダを着た悪魔』のあらすじ

ライターを夢見るアンディは、世界中の女性が憧れる一流ファッション誌「RUNWAY」のカリスマ編集長ミランダのアシスタントに雇われました。

しかし、周りの目は冷たく、またミランダの要求もあまりに滅茶苦茶で……?

作品名プラダを着た悪魔
原題The Devil Wears Prada
公開日2006/11/18
上映時間110分
キャストアン・ハサウェイ/メリル・ストリープ

とけいの評価

 94/100点

『プラダを着た悪魔』の魅力

POINT

『プラダを着た悪魔』の舞台は、女性なら全員が憧れるファッション業界です。

アンディは新人アシスタントとして、編集長のミランダの下につくのですが、無理難題ばかりを突きつけられます。

そこでめげずに頑張るアンディの仕事に対する姿勢や恋愛模様に、注目してほしい作品です。

【2】『マネーボール』のあらすじ

メジャーリーグの球団「オークランド・アスレチックス」のGMを務めるビリー・ビーンは、悩んでいました。

弱小で、貧乏だったからです。

この状況からアスレチックスをどのようにして、「勝てる」球団にしていったのでしょうか?

作品名マネーボール
原題Moneyball
公開日2011/11/11
上映時間133分
キャストブラッド・ピット

\\『マネーボール』を見るならここ!!//

(※本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。)

とけいの評価

 90/100点

『マネーボール』の魅力

POINT

『マネーボール』では、ビリーの評価基準に要注目です。

統計学や数値から、選手を評価していく「セイバーマトリクス」制度を導入しています。

また、選手獲得で行われる他球団との心理戦も見どころです。

【3】『マイ・インターン』のあらすじ

華やかなファッション業界で起業をしたジュールスの会社に、シニア・インターンのンが雇われます。

当初は、ベンのことをあまり快く思っていなかったジュールスですが、人生の大先輩でもあるベンに対して、徐々に心を通わせていきます。

作品名マイ・インターン
原題The Intern
公開日2015/10/10
上映時間121分
キャストアン・ハサウェイ/ロバート・デ・ニーロ

\\『マイ・インターン』を見るならここ!!//

(※299円-です。本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。)

とけいの評価

 89/100点

『マイ・インターン』の魅力

POINT

ベンは、常に謙虚です。出来る範囲で、仕事をこなしていきます。

こうして職場から信頼を得ていったベンの姿から、ビジネスの初心を思い出すことができる作品です。

アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロという豪華なキャストにも注目です。

【4】『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のあらすじ

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は、1960年代に実在した天才詐欺師フランク・アバグネイルの実話を基にストーリーが構成されています。

フランク・アバグネイルはわずか16歳から21歳までの間に約400万ドルを稼ぎ出し、世界26カ国で詐欺を行いました。

作品名キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
監督ティーヴン・スピルバーグ
公開日2003/3/21
上映時間141分
キャストレオナルド・ディカプリオ/トム・ハンクス
詐欺の数10(実話より)

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を見るなら

とけいの評価

 83/100点

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の魅力

POINT

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』が、レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスの初顔合わせとなりました。

レオナルド・ディカプリオが、主人公フランクを演じています。

また、FBIの捜査官役はトム・ハンクスです。

フランクが犯す華麗なサギの数々に、要注目です。

【5】『ザ・エージェント』のあらすじ

スポーツ業界最大手のエージェント会社に勤めるジェリー・マグワイアは、数多くの有名スポーツ選手を顧客に持っています。

スポーツコンサルタントは、いかに大金や長期の契約を引き出すかが仕事の「カギ」です。

その点に、ジェリーは首をかしげますが……?

作品名ザ・エージェント
原題Jerry Maguire
公開日1997/5/17
上映時間138分
キャストトム・クルーズ

\\『ザ・エージェント』を見るならここ!!//

とけいの評価

 83/100点

『ザ・エージェント』の魅力

POINT

『ザ・エージェント』のジェリーは、スポーツ・エージェント会社のコンサルタントですが、仕事内容に疑問を抱いています。

スポーツコンサルタントという特殊な仕事と照らし合わせながら、本作から「本当にすべき仕事は、どのようなものか?」を考える機会をもらえるでしょう。

【6】『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のあらすじ

実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの半生を描いた作品です。

ジョーダンはわずか22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込みましたが、学歴もコネもありませんでした。

しかし若干、26歳で証券会社を設立します。

その後、年収4900万ドルを稼ぐようになったジョーダンですが、その驚きの手口とは?

作品名ウルフ・オブ・ウォールストリート
監督マーティン・スコセッシ
公開日2014/1/31
上映時間179分
キャストレオナルド・ディカプリオ

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を見るなら▼

とけいの評価

 65/100点

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の魅力

POINT

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、実話です。

モデルはジョーダン・ベルフォートであり、実は映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』にも登場しています。

また実際に「ペニー株」を用いて、大もうけに成功しています。

ペニー株を勉強する上においても、本作を鑑賞してみると良いかもしれません。

まとめ

ビジネスを題材とした、傑作の映画をピックアップしました。

ビジネスの職種を知る上において鑑賞するもいいですが、何よりビジネスがもたらす人間模様に注目です。

また実在する人物が、「今のビジネス業界において、多大な影響力を発揮するまで」の過程を描いた伝記映画もあります。

>>「どんでん返し」洋画編をまとめた記事はこちらから

幅広いビジネス映画を鑑賞することで、仕事のモチベーションを上げるツールとなってくれるかもしれません。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。