スポーツ

実話映画『マネーボール』にはイチローが登場【セイバーメトリクス理論とは】

Moneyball
本ページはプロモーションが含まれています

映画『マネーボール』は、ノンフィクション本が原作です。

メジャーリーグのオークランド・アスレチックスは弱小球団でした。

そこでビリー・ビーンGMは資金が少ない球団を常勝軍団にするため、セイバーメトリクス理論を採用します。

記事のポイント
  • セイバーメトリクス理論とは?
  • 『マネーボール』のイチローやビリー・ビーンGM

『マネーボール』は『U-NEXT』で配信中です。

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間0円で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

『U-NEXT』は無料トライアルでも600円分のポイントもらえます。

※31日間の無料体験はいつ終了するか分からないのでお早めに。

それでは『マネーボール』のあらすじから見ていきましょう。

映画『マネーボール』のあらすじ

MLBの弱小球団オークランド・アスレチックスのGMビリー・ビーンは悩んでいました。

有力選手を資金力のある球団に、引き抜かれてしまうからです。

メジャーリーグはマネーゲームの傾向が強くなっており、貧乏なアスレチックスは苦戦を強いられていました。

そこでビリー・ビーンは「セイバーメトリクス理論」を野球に取り入れる決断を下します。

作品名マネーボール
原題Moneyball
公開日2011/11/11
上映時間133分

>>『U-NEXT』の初回特典をチェック

※31日間の無料トライアル中に解約しても料金はかかりません。

『マネーボール』のキャスト

  • ビリー・ビーン:ブラッド・ピット
  • ピーター・ブランド:ジョナ・ヒル
  • アート・ハウ:フィリップ・シーモア・ホフマン
  • シャロン:ロビン・ライト
  • スコット・ハッテバーグ:クリス・プラット

映画『マネーボール』を観た感想

とけいの評価は?

 88/100点

映画『マネーボール』はノンフィクション本が原作です。

created by Rinker
¥1,000 (2024/04/11 18:40:34時点 Amazon調べ-詳細)

野球に、統計学を持ち込んでいます。

とけい

慣習とぶつかりながらも、強くなっていくチームに感動しました。

本作はヒューマンドラマの面白みが、詰まっています。

最近では当たり前のように、あらゆるスポーツにデータが持ち込まれています。

ですが映画『マネーボール』の時代では、考えられない大発見でした。

>>『U-NEXT』の初回特典をチェック

※31日間の無料トライアル中に解約しても料金はかかりません。

セイバーメトリクス理論とは?

実話

映画『マネーボール』では、セイバーメトリクス理論がカギになります。

セイバーメトリクス理論は、統計学的手法を用いた独自の選手評価システムです。

当時、野球界では、多くのホームランを打つ打者が高額年俸を得ていました。

そこでアスレチックスはセイバーメトリクス理論を活かして、誰もが見過ごしていた出塁率の高い選手に注目します。

野手に求めたこと

  • 出塁率が高い
  • 長打率が高い
  • 選球眼がよい
  • 慎重性がある

そのため安打やホームラン数だけではなく、四球を含めてとにかく出塁する選手を評価しました。

野手に禁止したこと

  • バント・犠打
  • 盗塁

セイバーメトリクス理論では、自動的にアウトを献上する行為を禁止しています。

また打点・得点圏打率は「偶然」だと考え、失策や守備率も評価から度外視されました。

その結果、他球団からは「欠陥品」の烙印を押されていた高出塁率の選手を安く集めるチーム作りに成功しています。

投手に求めたこと

  • 与四球が少ない
  • 奪三振が多い
  • 被本塁打が少ない
  • 被長打率が少ない

セイバーメトリクス理論では投手に対して、失点に結びつかない項目の数値を求めました。

投手に重視しなかったこと

  • 被安打の数
  • 防御率・自責点
  • 勝利数・セーブ
  • 球速

アウトに関係のない項目や投手個人だけで完結できない要素は、セイバーメトリクス理論では重要視されませんでした。

とけい

セイバーメトリクス理論は、近代野球に大きな影響を与えました。

映画『マネーボール』にイチローが登場

映画『マネーボール』内のイチローは、本物の試合映像で登場しています。

ブラッド・ピッドとイチローが間接的に、視線を交えています。

日本人としてどこか嬉しくなる1シーンです。

アスレチックスは20連勝していた

セイバーメトリクス理論を用いて選手を獲得していったアスレチックスですが、最初はビリーの思惑通りにはいきませんでした。

しかしビリーは無理やり、セイバーメトリクス理論の基準から外れた選手を他チームに移籍させる強硬手段を取りました。

チームにセイバーメトリクス理論を浸透させるためです。

こうして2002年8月から9月にかけて、アスレチックスは20連勝の記録を作りました。

ビリーのその後

映画1

セイバーメトリクス理論で成功したアスレチックスを見た他球団は、一斉に同様の理論をマネするようになりました。

その結果、高出塁率の選手の年俸が上がるようになります。

ここでビーンは主力選手を放出しながら、新たに得たマイナーリーガーを育てる方針に変更していきました。

その後もアスレチックスは上位の成績を残し、強豪の球団として名を連ねています。

ビリーは現在、オークランド・アスレチックスの上級副社長を務めています。

まとめ

実話映画『マネーボール』で重要なセイバーメトリクス理論を解説しました。

ただ堅苦しい理論の内容など知らなくても、本作では勝利にかける情熱やチームメイトとの友情を楽しめます。

『マネーボール』は『U-NEXT』で配信中です。

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間0円で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

『U-NEXT』は無料トライアルでも600円分のポイントもらえます。

※31日間の無料体験はいつ終了するか分からないのでお早めに。

(※本ページの情報は2024年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)


オススメ記事▼

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。