Disney【Disney+】

『キングスマン』のスーツや傘は?ハリーなど主要キャストもご紹介!

スパイ映画『キングスマン』には、スーツなどのアイテムに驚きの機能が搭載されています。

これまでは靴やペンなどが、スパイグッズの主流でした。

しかし「新時代のスパイ映画」と呼ばれる『キングスマン』では、過去の伝統を引き継いだ上で、新たな機能を持つアイテムが多く登場しています。

記事のポイント
  • 『キングスマン』のスーツや傘の特徴
  • ハリーなど『キングスマン』のキャストを紹介

それでは、『キングスマン』のあらすじから見ていきましょう。

『キングスマン』のあらすじ

ロンドンの高級スーツ店が、世界最強の組織『キングスマン』の拠点です。

ある日、『キングスマン』チームの一員が殺害されて新人をスカウトすることになったエリートスパイの男・ハリーは、元エージェントの父を持つ街の不良少年・エグジーに声をかけます。

一方その頃、裏では前代未聞の人類抹殺計画がこっそりと動いていました。

作品名キングスマン
原題Kingsman: The Secret Service
公開日2015/9/11
上映時間129分
キャストコリン・ファース
とけいの評価は?

 83/100点

『キングスマン』のスーツ

マドンナの衣装を長年手掛けたデザイナーのアリアンヌ・フィリップスが、映画『キングスマン』の衣装を担当しています。

『キングスマン』の登場人物はみな、スーツがカッコいいです。

本作で登場するロンドンのサヴィル・ロウの高級紳士服店「キングスマン」は、実在するお店がモデルです。

しかし、「キングスマン」という店名ではありません。

1849年に設立された王室御用達のテーラー「ハンツマン」が、本当の名前です。

スーツの生地は、高級服地ブランド「ドーメル」のものを使用しており、なおかつ生地から縫製まで100%英国製とこだわっています。

『キングスマン』の傘

『キングスマン』のスパイグッズで目に留まるのは、やはり傘でしょう。

マシンガンの銃弾を、なんと傘で防げます。更には、内側から外の景色が見えるハイテク仕様です。

スパイグッズの傘は、実は『キングスマン』が初登場ではありません。

60年代に人気を博したイギリスのテレビドラマ『おしゃれ(秘)探偵』の映画版『アベンジャーズ』(1998)でも、主人公のジョン・スティードが、傘の中にナイフを仕込んだスパイグッズを利用していました。

『キングスマン』の傘は柄にある引き金を引くと、先端から電気縄や銃弾なども発射できます。

また、持ち手を回すことでモードの切り替えも可能であり、攻撃の強度調節まで対応しています。

ロンドンと傘の関係

イギリス・ロンドンの降水量は、東京の1/3程度です。

そのため、イギリスでは雨が降っても傘を差さない人が、大多数です。

そもそも伝統的な雨具は、オーバーコートのような外套(がいとう)であり、傘ではありません。

傘は、英国紳士が好んで持ち歩いています。ステイタスの象徴でした。

つまり、『キングスマン』のように高級なスーツを着てこそ「傘」が成り立ちます。

英国紳士のみが、周囲に怪しまれずに傘を携帯できるのです。

『キングスマン』に登場するその他スパイグッズ

  • ライター 手榴弾の役割
  • 靴    連絡手段や武器
  • 眼鏡   通信
  • 万年筆  毒殺   
  • 指輪   相手を感電させる

『キングスマン』のキャスト

ここからはハリー・ハートとエグジーの特徴を紹介していきます。

ハリー・ハート(コリン・ファース)

ハリー・ハートは、表向きは高級テーラーで働く仕立て職人です。

しかし、実はハリーはスパイ組織『キングスマン』のエージェントであり、コードネームは「ガラハッド」です。

主人公エグジーの父親(リー・アンウィン)に命を救われた過去を持ちます。

命の恩人の息子であるエグジーと再会してからは、かつてエグジーの父親が目指していたようなスパイ(紳士)になれるよう、エグジーを指導していきます。

ゲイリー・“エグジー”・アンウィン(タロン・エガートン)

ゲイリー・“エグジー”・アンウィンは、イギリスの独立情報組織「キングスマン」のエージェントです。

ハリーにスパイの基本からナイフとフォークの使い方などのマナーまで、徹底的に教え込まれます。そして、腕の立つスパイになりました。

また、ハリーから「ガラハッド」のコードネームを引き継いでいます。

監督のマシュー・ヴォーンについて

映画『キングスマン』の監督は、マシュー・ヴォーンです。

ガイ・リッチーとは親友で、よくコンビを組んで映画を製作していました。

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』・『スナッチ』などガイ・リッチー監督作品の製作を務めています。

転機となったのは映画『レイヤー・ケーキ』です。本作でガイ・リッチーが監督を突然、降板する事態となり、その代役を務めたのがマシュー・ヴォーンでした。

突然の監督デビューでしたが『レイヤー・ケーキ』以降、『X-MEN』などの映画監督として順調に活躍しています。

『キングスマン』はアメコミが原作だった

世界的大ヒットを記録した『キングスマン』は、アメコミが原作です。

映画「キングスマン」の原作コミックスにあたる「The Secret Service」は、アイコン・コミックスから出版されています。

このアイコン・コミックスはマーベル・コミックス内のレーベルの1つです。

ただしアイコン・コミックスは、マーベルのヒーロー作品のように出版社が作品やキャラクターの権利を持つわけではありません。

そのため『キングスマン』はアイコン・コミックスの作品ですが、作者のマーク・ミラーや画のデイブ・ギボンズが権利を所有しています。

加えて、映画『キングスマン』も、マーベル(MCU)製作に入っていません。

まとめ

映画『キングスマン』シリーズは大人気であり、続編も次々と制作されています。

また、新たなスパイグッズが最新作でも登場するのでしょうか?

期待しておきましょう。

▼こちらも読みたい▼

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。