コラム

映画『セブン』のネタバレありで、サブリミナル効果について解説!

後味のわるい作品の代表格といえば、映画『セブン』でしょう。

そんなダークな映画『セブン』のラストには、サブリミナル効果があると言われています。

そこで本記事では、こんなことをピックアップしてみました。

記事のポイント
  • 映画『セブン』のサブリミナル効果とは
  • 映画『セブン』を生み出した脚本家の執念

\\『セブン』を見るならここ!!//

2ページ目より、ネタバレが含まれます。

それでは、映画『セブン』のあらすじから見ていきましょう。

『セブン』のあらすじ

『セブン』では次々にあらゆる場所で、死人が発見されます。

そのため、ベテラン刑事サマセットと新人刑事ミルズが、事件解決に向けて動き出します。

やがて連続殺人は、キリスト教で有名な「七つの大罪」になぞらえられていると分かったのですが……?

作品名セブン
監督デヴィッド・フィンチャー
公開日1996/1/27
上映時間128分
キャストブラッド・ピット/モーガン・フリーマン
とけいの評価は?

 77/100点

映画『セブン』を動画配信サイトでフルで無料視聴するには?

配信サービス配信状況お試し期間/特典
U-NEXT
見放題配信
作品視聴31日間無料
600ptゲット
Amazonプライム
見放題配信
作品視聴30日間無料
ポイントなし
Hulu
見放題配信
作品視聴2週間無料
ポイントなし
2023年1月時点の情報です。

『セブン』の脚本家による執念

映画『セブン』を生み出した脚本家アンドリュー・ケヴィン・ウォーカーは、ビデオショップの店員からキャリアをスタートさせました。

アンドリューは、必死に図書館へと通い、読書を続けます。

  • ミルトンの「失楽園」
  • ダンテの「神曲」

七つの大罪をモチーフにした最も有名な文学作品に、ダンテの長編叙事詩「神曲(La Divina Commedia)」がありました。

その結果、七つの大罪をモチーフにした世にもおぞましいシナリオ『セブン』を、数年をかけて書き上げたのです。

その後、練り上げられたシナリオは、映画監督のデヴィッド・フィンチャーの元に届けられました。

デヴィッド・フィンチャー監督が認めた才能

当時、デヴィッド・フィンチャーは『エイリアン3』の大失敗から意気消沈していました。

そのため、『セブン』のシナリオを数ページ読んだまま、放置してしまいます。

ただしばらくして、脚本を読み直す時が来ます。

そこで、デヴィッドは「この脚本は、面白い」と唸りました。

このようにデヴィッド・フィンチャー監督の『セブン』成功の裏側には、元ビデオショップ店員の執念があったのでした。

キリスト教で有名な「七つの大罪」とは?

  1. 嫉妬(ENVY)
  2. 高慢(PRIDE)
  3. 怠惰(SLOTH)
  4. 憤怒(WRATH)
  5. 強欲(GREED)
  6. 肉欲(LUST)
  7. 暴食(GLUTTONY)

映画『セブン』では、キリスト教で有名な「七つの大罪」がカギとなります。

以上が、「七つの大罪」です。

数字の低い方が、重たい罪だとされています。

つまり「嫉妬」が1番の重罪です。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の情報はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。