洋画

『エスター』のネタバレ解説からリアルエスター事件まで紹介!【続編エスター2が決定】

2009年に公開された『エスター』は、ホラー映画です。

孤児院から一人の少女『エスター』を引き取った優しい家族に襲い掛かる「恐怖」が、本作の軸です。

本記事では、映画『エスター』のどんでん返しの要素を2ページ目から詳しく解説していきます。

また、実際にアメリカで起きた『エスター』のような事件についても紹介しています。

記事のポイント
  • 『エスター』の続編のタイトルは?
  • 『エスター』のネタバレ解説と『エスター』にまつわる事件を紹介

本記事は2ページ目より、ネタバレが含まれます。

それでは『エスター』のあらすじから見ていきましょう!

『エスター』のあらすじ

かつて三人目の子供を流産したケイトとジョンの夫妻は流産の悲しみを乗り越えるために、孤児院から一人の少女『エスター』を引き取ることにします。

しっかり者のエスターですが、常に首と手首にリボンを巻いていたり、歯医者に行くことを嫌ったり、と変わった面も持ちます。

すると生活の中で徐々に、エスターの凶暴性が見えてきます。

エスターの抱える秘密とは……?

作品名エスター
原題Orphan (孤児)
公開日2009/10/10
上映時間123分
キャストイザベル・ファーマン
とけいの評価は?

 80/100点

ホラー映画紹介のコーナーでは、必ずと言っていいほど取り上げられる作品の1つです。

『エスター』の主人公はイザベル・ファーマン

イザベル・ファーマンは1997年2月25日生まれ、ワシントン出身の女優です。

女優としては2004年にデビューしています。

2009年の『エスター』では、11歳にして少女のエスターとしてバツグンの演技力を見せています。

本ストーリーにエスターの演技力は不可欠であり、彼女なしには良作になり得なかったでしょう。

その後『ハンガー・ゲーム』(2012)や『アフター・アース』(2013)などに出演しています。

『エスター』のケイト役は、ヴェラ・ファーミガが演じた

1973年8月6日生まれのアメリカ出身であるヴェラ・ファーミガは『テイキング・サイド』の代役で、ブロードウェイデビューしています。

舞台中心の活動でしたが、『ディパーテッド』(2006)のヒロイン役を勝ち取ると、映画の出演が徐々に多くなります。

マイレージ、マイライフ』では、アカデミー助演女優賞にノミネートされるなど実力派女優の一人です。

『エスター』では、3人目の子供を流産した、元アルコール依存の母を好演しています。

エスターの続編タイトルは『 Orphan: First Kill 』に決定

チェック

映画『エスター』の続編が決定しています。

続編のタイトルは『Orphan: First Kill』(孤児:初めての殺害)であり、その内容は前作『エスター』の過去のエピソードであるようです。

Orphan: First Killのあらすじ

前作「エスター」の数年前――リーナ(エスター)は、エストニアの精神病院「サールンインスティチュート」から命からがら抜け出して、アメリカに渡ります。

アメリカでは行方不明になっていた富豪の娘「エスター」のフリをして、エスターの家族に取り入ろうと、リーナは画策していました。

そこで、家族を守ろうとする母親と対立します。

『エスター』主役の続投が決まったイザベル・ファーマンが反応

1作目のタイトルは、「Orphan(孤児)」から、邦題で「エスター」に変更されています。

続編はどうなるのでしょうか? 続編の邦題に、要注目です。

主役の『エスター』には、なんと前作で主演だったイザベル・ファーマンが続投されます。

前作から11年以上が経過していますが、メイクアップや遠近法を利用して、イザベル・ファーマンをメインとした続編の撮影が行われていくそうです。

和訳)『ハンマーを磨いて、ナイフを研いでるわ!!

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。