邦画

【ネタバレ】映画『万引き家族』は気持ち悪い?ラストを考察やロケ地も紹介

映画『万引き家族』は、第71回カンヌ国際映画祭で本作が上映された際には、スタンディングオベーションが起こりました。

それがなんと、9分間も続いたのです。そして、最高賞のパルムドールを受賞しました。

しかし、映画『万引き家族』には、「気持ち悪い」という評価が多くあります。

一体、なぜでしょうか?

記事のポイント
  • 『万引き家族』は、気持ち悪い?
  • 『万引き家族』のロケ地を紹介

本記事は2ページ目より、ネタバレが含まれます。

それでは、『万引き家族』のあらすじから見ていきましょう!

『万引き家族』のあらすじ

東京の下町が、舞台です。

古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていました。

初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという「トンデモない一家」でしたが、家庭には笑いが絶えません。

ある日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰ります。

すると、親からの虐待が発覚し、信代は娘として育てる決断をしたのです。

作品名万引き家族
家族の形プライスレス
公開日2018/6/8
上映時間120分
キャストリリー・フランキー/ 安藤サクラ/松岡茉優

\\『万引き家族』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 80/100点

『万引き家族』は最高賞パルムドールを受賞

キャストモデル

『万引き家族』は、最高賞パルムドールを受賞しています。

日本映画で最高賞パルムドールの受賞は、1997年の映画『うなぎ』以来、21年ぶりの快挙です。

『万引き家族』は、松岡茉優や安藤サクラなど豪華キャスト

息子と一緒に、万引きを繰り返す父親・治はリリー・フランキーが演じます。

母の信江役に安藤サクラや信江の妹・亜紀役に松岡茉優も登場します。

更にはおばあちゃんの初枝役に、樹木希林と豪華なキャストが並びます。

万引き家族のロケ地1「新鮮市場 八幡店」

治と祥太が万引きをしたスーパーは、埼玉県草加市の「新鮮市場 八幡店」です。

「新鮮市場 八幡店」のアクセスは、東武スカイツリー線「新田駅」より、徒歩約13分です。

万引き家族のロケ地2「ルアーショップマニアックス」

『万引き家族』内で、釣り竿を万引している店は「ルアーショップ マニアックス」です。

「ルアーショップ マニアックス」は、東京都足立区にある釣り具専門店です。

ちなみに新品と中古品どちらも取り扱いがあります。

店内には多くのルアーがあり、釣り好きには有名なお店だそうです。

「ルアーショップ マニアックス」は、日暮里・舎人ライナー「谷在家駅」から徒歩約12分です。

万引き家族のロケ地3「甘味・かどや」

祖母の初枝と亜紀が、あんみつを食べていた店は「甘味・かどや」です。

ちなみに、ドラマ「リーガルハイ」などの撮影でもロケ地として使用されています。

「甘味・かどや」は、レトロな外観が特徴的な老舗の甘味処です。

「甘味・かどや」では甘味だけではなく、ラーメンや焼きそばといった食事もできます。

東武大師線「大師前駅」より徒歩3分です。

万引き家族のロケ地4「大原海水浴場」

『万引き家族』のポスターにもなった、柴田家みんなで海水浴に出掛けた場所は「大原海水浴場」です。

「大原海水浴場」は、千葉県にある海水浴場の1つです。

九十九里の海岸が望める「大原海水浴場」は、JR外房線「大原」駅より徒歩約20分です。

映画『万引き家族』がカンヌ国際映画祭で評価されたポイント

チェック

映画『万引き家族』がカンヌ国際映画祭で評価されたポイントについて、当時の審査員長のケイト・ブランシェットは「演技、監督、撮影などトータルで素晴らしかった」と語っています。

また安藤サクラさんの芝居についても大絶賛しており、とくに、泣くシーンについては「私も含め今回の審査員を務めた俳優の中で、今後、あの泣き方をしたら、彼女の真似をしたと思って」とコメントするほどでした。

『万引き家族』の仮題は『声に出して呼んで』だった

意味

映画の仮題は、『声に出して呼んで』でした。

血縁を持たない子どもたちから、「お父さん」「お母さん」と呼ばれたい、と願う気持ちを軸に、脚本が書き進められていたからです。

しかし、宣伝側から「もっと内容が伝わりやすいタイトルを」と依頼されたため、『万引き家族』に、タイトルが変更されたのでした。

映画『万引き家族』は気持ち悪い?

映画『万引き家族』への感想の中に、「気持ち悪いという意見」があります。

その理由に、感情移入できる登場人物が少なかったことが挙げられます。

ただし上記の理由が、作品の評価を下げるポイントには直結しません。

「家族愛」のあり方を考えさせてくれる作品だと考えると、『万引き家族』はトップクラスの出来映えであり、その点でとけいは高評価をつけています。

実は映画『万引き家族』は「気持ち悪い」を意識して製作された

『万引き家族』の気持ち悪い点に「万引き」の正当化があります。

また、登場人物の行動も「気持ち悪い」です。

  • 父の行動が、気持ち悪い
  • 祖母が入れ歯を外して食べる姿や爪切り姿が、気持ち悪い
  • 父と母のラブシーンが生々しすぎて、気持ち悪い

しかし、『万引き家族』は「気持ち悪い」と評価されるように役者と監督が狙って製作していたのです。

とあるインタビューでは、安藤サクラさん、リリー・フランキーさん、樹木希林さんが、撮影する際に「いかに気持ち悪いように演じられるかにこだわった」と語っています。

また、治と信代のラブシーンを「平成で、一番気持ち悪いラブシーンを演じよう!」と約束していたなんていう裏話もあります。

ぜひ『万引き家族』を鑑賞して、本当に気持ち悪いと思うかどうか確かめてみて下さい。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。