洋画

【ジョン・ウィック】主人公からホテルの掟、またコインの価値まで解説!

ジョン・ウィック』は、裏社会で知らない者がいないほど、有名な人物でした。

が、引退していました。

しかし、ある理由で再び殺し屋の世界に戻ってくるのです。

殺しの世界には、独特のルールがあります。そこで本記事では、こんなことを紹介します。

記事のポイント
  • 『ジョン・ウィック』のあらすじを紹介
  • 映画『ジョン・ウィック』のホテルの掟やコインの価値

それでは、映画『ジョン・ウィック』のあらすじから見ていきましょう!

『ジョン・ウィック』のあらすじ

ジョン・ウィック』は、不可能だと考えられていた条件をクリアし、殺し屋から引退をしていました。

今では、平穏な暮らしを送っている伝説の元殺し屋です。

しかし愛する妻と平穏な暮らしを送っていたのも束の間、妻が病死してしまいます。

生きる希望を失いかけたジョン・ウィックですが、亡き妻はそれを見越して子犬のプレゼントを手配していました。

亡き妻の思いを知り、生きる希望を取り戻しかけたジョン・ウィックに悲劇が起こります。

作品名ジョン・ウィック
監督名チャド・スタエルスキ
公開日2015/10/16
上映時間103分
キャストキアヌ・リーブス

\\『ジョン・ウィック』を見るならここ!!//

(※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。)

とけいの評価は?

 62/100点

『ジョン・ウィック』監督は元プロ格闘家だった

キャリア

『ジョン・ウィック』の監督を務めたチャド・スタエルスキは、ブルース・リーの大ファンです。

そのため、チャド・スタエルスキは幼少期から、ブルース・リーの盟友のダン・イノサント師に「ジークンドー」を学んでいました。

「ジークンドー」とは、ブルース・リーが創始した武術です。

過去には、MMA選手としても活動していた経歴を持つ本物の格闘家チャド・スタエルスキが、派手なアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズを手掛けています。

『ジョン・ウィック』の主人公はキアヌ・リーブス

チェック

キアヌ・リーブスが演じる主人公のジョン・ウィックは、かつてマフィアに雇われていた殺し屋でした。

殺しの才能が凄すぎるあまりに、ジョン・ウィックはマフィアの中でも「伝説の存在」として、名が知れ渡っています。

ジョン・ウィックの特徴は、以下の通りです。

  • あまり喋らない
  • 敵のほとんどが知り合い
  • 空気が読めない
  • ガン・フーアクションの使い手

ガン・フーアクションとは、銃(ガン)とカンフーを組み合わせた殺人術です。

ジョン・ウィックが得意とする戦闘術であり、ファンの間で呼び名が定着したノン・オフィシャルのものであります。

ほかにも

  • カー・フー(車)
  • ナイ・フー(ナイフ)
  • ウマ・フー(馬)
  • ドッグ・フー(犬)

など、様々な戦闘術を披露しています。

ジョン・ウィックが所有するハンドガン

ジョン・ウィックが主に利用するハンドガンは【H&K P30L】です。

基本モデルにスライドと銃身の長さを延長させたカスタム仕様で、死線をくぐり抜けています。

カスタムの1つとして、ジョンは「コンペンセイター」と呼ばれる反動抑制装置を先端に装着しているのです。

このカスタムから射撃時の反動を減らした上で、素早い連射を可能にします。

またサブハンドガンには持ち運びに便利な銃である【グロッグ26】を愛用しており、時折、アサルトライフル【CA-415】を使用するシーンも見受けられます。

ロシアンマフィアのボスはヴィゴ・タラソフ

かつて敵であったロシアンマフィアのボスが、ヴィゴ・タラソフです。

ミカエル・ニクヴィストが演じています。

ちなみにヴィゴ・タラソフが成り上がったのは、ジョン・ウィックのおかげです。

しかし、何の事情も知らないヴィゴ・タラソフのアホ息子のヨセフ・タラソフ(アルフィー・アレン)が、ジョン・ウィックの家を急襲してしまいます。

そして、ジョンの愛犬を殺してしまったのです。

裏社会に流通するコインの価値は?

映画『ジョン・ウィック』のコインの価値は、いくらでしょうか?

『ジョン・ウィック』の作内では、実際に死体処理一体にコイン1枚として流通する場面が見受けられます。

また、ホテルの宿泊代や武器の新調などにも、同じコインが利用されています。

公式からのコメントがないのであくまで憶測ですが、少なく見積もっても、1枚のコインにつき10万円-50万円くらいの価値はあるでしょう。

ホテル・コンチネンタルの存在

映画『ジョン・ウィック』の「コンチネンタル・ホテル」内での殺人は、ご法度です。

鉄の掟として、殺し屋の中に存在する厳格なルールの一つです。

また、殺し屋たちの休戦場であるコンチネンタル・ホテルのオーナーであるウィンストンは、ジョンと旧知の仲であります。

ジョン・ウィックの愛犬に名前は?

「うん。あの犬は何て名前なのかって聞かれることもありますね。でも彼は「いい子だ」とか「犬」と言うだけで。犬は犬だから、名付けの必要はないんです。」

引用元:https://theriver.jp/john-wick3-dog/2/

キアヌ・リーブス自身が、インタビューで愛犬について回答しています。

ジョン・ウィックの愛犬には、名前がつけられていません。

ちなみにジョン・ウィックの一代目の犬は、「デイジー」の名があり、亡き妻が名付けています。

犬の種類は、ビーグルでした。2代目の犬は、ピット・ブルです。

まとめ

映画『ジョン・ウィック』はキアヌ・リーブス主演であり、とにかくアクションが楽しい作品です。

殺し屋の腕を楽しむには、最高峰の一作であります。

▼こちらも読みたい▼

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。