洋画

【ジャンレノ主演】映画『レオン』のファッションとマチルダ・ランドー

不朽の名作」と呼び声が高い映画、『レオン』の魅力はどこにあるのでしょうか?

映画『レオン』のストーリーは、殺し屋のレオンと少女マチルダの間で育まれていく純愛にが軸です。

現在も世界中で愛されている映画『レオン』ですが、なぜここまで愛される作品となったのでしょうか?

その理由に、迫っていきます。

記事のポイント
  • 映画『レオン』が愛される理由は、2人の主役にあった?

それでは、映画『レオン』のあらすじから見ていきましょう。

『レオン』のあらすじ

マチルダは12歳の少女です。

父は麻薬の運び屋をしていて、マチルダを毛嫌いしています。

マチルダは、殺し屋のレオンが住むアパートと同じ階に住む一家の娘でありました。

ある日、レオンと知り合ったマチルダは買い物に出掛けます。

帰宅すると、自宅には殺された父の姿があり……?

ここから、殺し屋レオンと12歳の少女マチルダの生活が、始まっていきます。

作品名レオン
公開日1995/3/25
上映時間110分
キャストジャン・レノ/ナタリー・ポートマン
セット屋外(ニューヨーク)/アパート(パリ)

\\『レオン』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 93/100点

主人公『レオン』は、キャストのジャン・レノのためだった

実はジャン・レノのために、ベッソン監督が制作した作品が『レオン』となりました。

この話には、ベッソン監督の前作に手がけた映画『ニキータ』が関わっています。

1990年に公開された『ニキータ』にも、ジャン・レノは出演していました。

その役柄は「掃除人・ヴィクトル」であり、殺し屋でした。

『ニキータ』ではあっけない最期を迎えますが、ジャン・レノの演技に監督は大喜びし、大変ほれこみました。

その結果、ヴィクトルを軸とした物語『レオン』が誕生します。

両作品につながりこそ無いものの、『レオン』の原形には『ニキータ』があったのです。

レオン・モンタナの特徴

主人公の殺し屋「レオン・モンタナ」と映画史に残るヒロイン「マチルダ・ランドー」が、映画『レオン』を盛り立てました。

レオンはイタリア系移民であり、19歳の時にアメリカへ渡しました。

その際に、殺し屋として育てられた結果、今のストイックな殺し屋の顔があります。

レオンの日常は、常に「殺し」です。

マフィアのボスから依頼を受け、殺人を行います。

しかし、「女性と子どもは殺さない」というポリシーがあります。

また、字の読み書きができないなどのギャップもあります。

映画『レオン』のファッション

映画『レオン』公開当時、マチルダの髪型は「マチルダボブ」として大流行したそうです。

更には、黒いボブヘアとチョーカー、またフライトジャケットを着こなすマチルダのファッションに注目が集まりました。

内面でもマチルダは、成熟した言動が目立ちます。

頭の回転が良かったからこそ、レオンと対等に話し合いができたのでしょう。

マチルダがレオンに字を教えてあげている様子も、映画『レオン』で楽しめます。

大人びたマチルダ・ランドー


レオンは凄腕の殺し屋ですが、ずっと孤独でした。

殺し屋であるために、友達を作れなかったのです。相棒は、観葉植物だけでした。

ある日、レオンはマチルダと出会います。

マチルダの一家が殺された後で二人は同居を始めるのですが、徐々に二人の関係は「愛」に包まれていきました。

ただしこれは世俗的な「愛」ではなく、本質的な「愛」として映画『レオン』では描写されています。

  • 孤独で律儀なレオン
  • 大人びた思考で愛情を欲するマチルダ

違う見方をすれば、愛情をしっかり伝えられるマチルダと愛情を純粋に受け止めることが怖いレオンの対比が、浮き彫りになります。

対をなす2人の純愛が味わい深いストーリー、それが映画『レオン』です。

映画『レオン 完全版』と通常版の違いは?

映画『レオン』には、「通常版」と「完全版」が存在します。

通常版は、劇場公開されたままの映像作品です。

一方で、「完全版」は劇場公開版+22分の未使用カットで構成されています。

よりレオンとマチルダの関係性が色濃く分かる構成です。

映画『レオン』完全版で追加されたシーンは、以下の通りです。

  1. マチルダが暗殺の練習をするシーン
  2. マチルダがシャンパンをがぶ飲みするシーン
  3. マチルダがレオンに初体験の相手となることを求め、そこでレオンが自分の過去について語るシーン

監督はレオンとマチルダの関係の変化を表すために通常版から上記のシーンを公開したかったようです。

しかし、12歳のマチルダにはその行為が不適切(暴力・飲酒・恋愛)とされ、通常版ではカットされていました。

まとめ:『レオン』を引き立たせるマチルダの魅力

私たちは、なぜこんなにマチルダに惹かれてしまうのでしょうか?

それは、マチルダが「子どもの姿をした大人」であるからでしょう。

ただし純粋な愛情を欲する側面もマチルダは持ち合わせています。

マチルダの性格が、主役である『レオン』の孤独さをより際立たせていくのです。

※今回紹介した映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。