コラム

クリストファーノーラン監督が手がけた映画『TENET/テネット』の回転扉とは

TENET テネット』は時間の逆行を軸に、ストーリーが進められていきます。

クリストファー・ノーラン作品の中でも、ストーリーを最高レベルに難しくさせている装置が「回転扉」です。

本記事では、詳しく「回転扉」について解説していきます。

記事のポイント
  • 映画『TENET テネット』のあらすじを紹介
  • 『TENET テネット』の「回転扉のルール」を徹底解説

本記事は2ページ目より、ネタバレが含まれます。

それでは、映画『TENET テネット』のあらすじから見ていきましょう。

『TENET テネット』のあらすじ

ストーリーは、オペラハウスから始まります。

満員の客で埋め尽くされた、ウクライナの会場・オペラハウスではテロが発生します。

無差別な殺しを防ぐため、特殊部隊が館内へと突入していきます。

その部隊に参加している一人の男が、『TENET テネット』の主人公である「名もなき男」です。

ミッションのキーワードは<TENET>

「その言葉の使い方次第で、未来が決まる――」

作品名TENET テネット
監督クリストファー・ノーラン
公開日2020/9/18
上映時間150分
キャストジョン・デビッド・ワシントン
とけいの評価は?

 87/100点

U-NEXTの無料トライアルの特典は?

  1. 見放題作品が、31日間無料で視聴可能
  2. 無料トライアルでも、600円分のポイントもらえる

(※199P必要です。本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。