洋画

【むずかしい】『TENET/テネット』の評判は?登場人物からルールまでをご紹介!

一度『TENET テネット』を観ただけでは、「難しくてよく分からない!」という評判が続出しています。

たしかに、難しいのは事実です。

映画『TENET テネット』は、クリストファー・ノーラン監督が長い時間をかけて、ストーリーを作り上げた力作だからです。

しかし、「時間の流れ」のルールさえ知っておけば、『TENET テネット』が分かりやすくなるはずです。

記事のポイント
  • 映画『TENET テネット』のあらすじ・登場人物を紹介
  • 『TENET テネット』のルールとは

『TENET テネット』のあらすじ

ウクライナのキエフ――超満員のオペラハウスで、テロが発生しました。

主人公の名もなき男は、特殊部隊としてオペラハウスへと突入していきます。

しかし、ロシア人の敵に捕らわれてしまい……?

そこからストーリーは荒れ狂う大波のように展開が移り変わっていき、最終的に、名もなき男は人類滅亡のピンチに立ち向かうことになるのです。

――合言葉は、『TENET テネット

作品名TENET テネット
監督クリストファー・ノーラン
公開日2020/9/18
上映時間150分
キャストジョン・デビッド・ワシントン
とけいの評価は?

 87/100点

U-NEXTの無料トライアルの特典は?

  1. 見放題作品が、31日間無料で視聴可能
  2. 無料トライアルでも、600円分のポイントもらえる

(※199P必要です。本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

『TENET テネット』の登場人物・名もなき男

主人公は、「名もなき男」です。

主人公であるのに、名前が与えられていないという特殊な存在です。

そんな名もなき男を演じたのは、ジョン・デヴィッド・ワシントンです。

ジョン・デヴィッド・ワシントンは芸能界入りするまで、アメフト選手としてプレイしていた異例のキャリアを持ちます。

『TENET テネット』のアクションは、ジョン・デヴィッド・ワシントンのずば抜けた運動神経があってこそ成立しています。

名もなき男 のパートナーであるニール

映画のキーマンであるニールは、ロバート・ダグラス・トーマス・パティンソンが演じました。

名もなき男とニールの関係性には、ずっと謎が残ります。

詳しくは、本作のクライマックスシーンで2人の関係性が描かれているのですが、ネタバレとなってしまうため、今回は省略します。

『TENET/テネット』のクライマックスシーンに関する考察記事もあります。

『TENET テネット』のクライマックスシーンは見どころたっぷりであると同時に、とても難解です。

上記の記事では、難解なクライマックスシーンを「名もなき男」と「ニール」の視点から考察をしています。

セイター【時を逆行できる装置を持つ】武器商人とその妻・キャット

武器商人のアンドレイ・セイターを演じるのは、ケネス・ブラナーです。

セイターの妻・キャットは絵画の鑑定士です。

キャットは191㎝と長身のエリザベス・デビッキが演じており、ケネス・ブラナーより背が高いことが写真からも分かります。

『TENET テネット』のカギとなる時間の「順行」・「逆行」に関する仕組みをよく知っているキーパーソンです。

『TENET テネット』の基本ルールは?

映画『TENET テネット』は「回転扉」を利用すると、時間が「逆行」していきます。

いわゆるタイムリープです。

そのタイムループには、以下のような条件があります。

  1. 検証窓から、逆行(順行)する自分自身を確認しながら、入室しないといけません。もし自分の姿が確認できずに入ってしまうと、回転扉から出られなくなります。
  2. 逆行する世界では、酸素ボンベが必要です。(外気を肺に取り込められないため)
  3. 逆行する世界に行った際、もう一人存在する自分と直に接触してはいけません。
  4. 逆行する世界では高温のものが冷たく、低温のものは熱くなります。

時間に関するルールを把握しておくと、より映画『TENET テネット』を楽しめます。

詳しい「回転扉」の解説記事も用意しています。

タイムリープのルールを掴んでおくと、『TENET テネット』がとても観やすくなるはずです。

まとめ

映画のタイトルである『TENET テネット』には、どのような意味を込められているのでしょうか?

本来の「TENET」の意味は、「主義」です。

また「TENET」という文字列は、どちらから読んでも同じ意味になる回文であります。

この何気ないヒントが、映画『TENET テネット』をより壮大にしていくのです。

映画『TENET テネット』のタイトルに込められた本当の意味については、別記事で解説しています。

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。