映画コラム

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』でオススメされた映画まとめ【年間ランキング】

本ページはプロモーションが含まれています

これぞエンタメだ

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』は大人気ラジオ番組です。

本ラジオでは毎年、年間エンタメランキングが発表されています。

そこで本記事では佐久間宣行さんがオススメする映画(年間ランキング)を紹介していきます。

記事のポイント
  • 佐久間宣行さんのエンタメランキング3年分(2023/2022/2021)

佐久間宣行さんは元TV東京のプロデューサーであり、有名な番組を多く手がけています。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』ではエンタメ別に年間ランキングが発表されています。

  • 映画
  • 舞台
  • ドラマ

それでは佐久間宣行さんがオススメしていた映画ランキング(2023年)から見ていきましょう。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の2023年【映画部門】

  1. 『BLUE GIANT』
  2. 『ザ・キラー』
  3. 『窓ぎわのトットちゃん』
  4. 『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』/『aftersun/アフターサン』
  5. 『テトリス』
  6. 『怪物』
  7. 『ジョン・ウィック:コンセクエンス』
  8. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』
  9. 『非常宣言』
  10. 『雄獅少年/ライオン少年』
  11. 『ザ・フラッシュ』
  12. 『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』
  13. 『イコライザー THE FINAL』
  14. 『AIR/エア』
  15. 『リバー、流れないでよ』
  16. 『市子』
  17. 『別れる決心』
  18. 『バービー』
  19. 『グランツーリスモ』
  20. 『キリエのうた』/『タイラー・レイク -命の奪還-2』

アニメ映画が上位に目立つ

同率を含むトップ5の6作品のうち、半分がアニメ映画という結果になっています。

  • 4位『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』
  • 3位『窓ぎわのトットちゃん』
  • 1位『BLUE GIANT』

1位の『BLUE GIANT』は劇場で見た時の会場のうねりが圧倒的という評価でした。

とけい

とけいも2023年度1位は『BLUE GIANT』でした。

とけいの2023年度映画ランキング

  1. 『BLUE GIANT』
  2. 『AIR/エア』
  3. 『ザ・フラッシュ』
  4. 『aftersun/アフターサン』
  5. 『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』
  6. 『グランツーリスモ』
  7. 『別れる決心』
  8. 『バービー』
  9. 『ジョン・ウィック:コンセクエンス』

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の2023年【ドラマ部門】

  1. 『ムービング』
  2. 『一流シェフのファミリーレストラン』
  3. 『メディア王 〜華麗なる一族〜(原題:Succession)』シーズン4
  4. 『THE LAST OF US』シーズン1
  5. 『テッド・ラッソ』シーズン3
  6. 『ブラッシュアップライフ』
  7. 『大奥』シーズン1(NHK)
  8. 『ONE PIECE』(Netflix)
  9. 『ガンニバル』
  10. 『コタツがない家』
  11. 『だが、情熱はある』
  12. 『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』

面白いドラマは続編も根強い

3位になった『メディア王 〜華麗なる一族〜(原題:Succession)』シーズン4。

本作は2022年度ドラマ部門でも、シーズン3がトップ10入りの評価でした。

また『テッド・ラッソ』シリーズも常に高評価であり、面白いドラマは続編も根強い面白さを持っている印象を受けました。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の2023年【舞台部門】

  1. 『愛について語るときは静かにしてくれ』(コンプソンズ)
  2. 『天號星』(劇団☆新感線)
  3. 『おとこたち』
  4. 『萎れた花の弁明』(城山羊の会)
  5. 『また点滅に戻るだけ』(ダウ90000)
  6. 『浅草キッド』
  7. 『令和5年の廃刀令』(アガリスクエンターテイメント)
  8. 『綿子はもつれる』
  9. 『デンジャラス・ドア』
  10. 『ジャズ大名』

続いて2022年版です。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の2022年【映画部門】

  1. 『THE FIRST SLAM DUNK』
  2. 『RRR』
  3. 『トップガン マーヴェリック』
  4. 『わたしは最悪。』
  5. 『コーダ あいのうた』
  6. 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
  7. 『モガディシュ 脱出までの14日間』
  8. 『NOPE/ノープ』
  9. 『リコリス・ピザ』
  10. 『ケイコ 目を澄ませて』/『ハケンアニメ!』

1位は『THE FIRST SLAM DUNK』

トップには「あらすじが非公開」というほぼゼロ・プロモーション。

だったのに圧倒的な人気となった『THE FIRST SLAM DUNK』が1位になっています。

2位は『RRR』

2位には長尺ながら映画ファンやアカデミー賞で話題となったインド映画『RRR』がランクインしています。

3位は『トップガン マーヴェリック』

続けて第3位には、トム・クルーズの熱演が話題を呼んだトップガン マーヴェリックが入りました。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の2022年【ドラマ部門】

  • 『鎌倉殿の13人』
  • 『ピースメイカー』
  • 『石子と羽男』
  • 『前科者』
  • 『初恋の悪魔』
  • 『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』
  • 『エルピス』
  • 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4
  • 『ザ・ボーイズ』シーズン3
  • 『メディア王 〜華麗なる一族〜(原題:Succession)』シーズン3

1位は、大河ドラマの『鎌倉殿の13人』でした。

またドラマのベスト3には『鎌倉殿の13人』『ピースメーカー』『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』を挙げられていました。

どれもオススメ作品という評価です。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の2022年【舞台部門】

  1. 『温暖化の秋-hot autumn-』(城山羊の会)
  2. 『ハリー・ポッターと呪いの子』
  3. 『夏の砂の上』(玉田企画)
  4. 『ヘアスプレー』(渡辺直美主演)
  5. 『いちおう捨てるけどとっておく』(ダウ90000)
  6. 『Q:A Night at the Kabuki』(NODA・MAP)
  7. 『命、ギガ長スW(ダブル)』(松尾スズキ)
  8. 『サムバディ』(画餅)
  9. 『愛に関するいくつかの断片』(五反田団)
  10. 『だからビリーは東京で』(モダンスイマーズ)

続いて2021年版です。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の2021年【映画部門】

  1. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』
  2. 『ミッチェル家とマシンの反乱』(Netflix)
  3. 『ドライブ・マイ・カー』と『偶然と想像』(同率3位)

一応、全部で20本分書いてあるけど、映画はこの4作品がすごく好きです。

と、佐久間さんは語っていました。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』のあらすじ

ごく平凡な生活を送っているように見える女性キャシーは、切れ者でした。

実は、キャシー。周囲が知らない夜の顔があります。

作品名プロミシング・ヤング・ウーマン
監督エメラルド・フェネル
公開日2021/7/16
上映時間113分
キャストキャリー・マリガン
とけいの評価は?

 91/100点

『プロミシング・ヤング・ウーマン』はエメラルド・フェネルの長編映画監督デビュー作品です。

2021年の第93回アカデミー賞で『プロミシング・ヤング・ウーマン』は作品・監督・主演女優など5部門にノミネートされると、脚本賞を受賞しました。

(※199P必要です。本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

『ミッチェル家とマシンの反乱』のあらすじ

幼い頃からケイティ・ミッチェルは、映画作りが好きな女の子でした。

やがて、念願の映画学校への進学が決まります。

その後、家族でのドライブ旅行に出発します。そんな矢先、巨大IT企業・PAL社のロボットが人類に反旗を翻します。

周囲の人々がロボット軍団に捕らえられていく中、運良く逃げ延びたケイティたちは世界を救うべく立ち上がります。

作品名ミッチェル家とマシンの反乱
原題The Mitchells vs. the Machines
公開日2021/4/30
上映時間114分
プロデュースフィル・ロード/クリストファー・ミラー

(※199P必要です。本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

『ドライブ・マイ・カー』のあらすじ

舞台俳優、演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と幸せに暮らしていました。

しかし、妻はある秘密を残したまま他界してしまいます。

2年後、喪失感を抱えながら生きていた家福は演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島へ向かいます。

そこで出会った寡黙な専属ドライバーのみさきと過ごす中で、家福はそれまで目を背けていたあることに、気づかされていきます。

作品名ドライブ・マイ・カー
監督濱口竜介
公開日2021/8/20
上映時間179分
キャスト西島秀俊

『ドライブ・マイ・カー』の評価

『ドライブ・マイ・カー』は村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編を映画化したものです。

『ドライブ・マイ・カー』は2021年の第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で、日本映画では初の脚本賞を受賞しました。

更に2022年の第94回アカデミー賞では、日本映画史上初となる作品賞を含む4部門でノミネートされています。

『偶然と想像』のあらすじ

  1. 『魔法(よりもっと不確か)』
  2. 『扉は開けたままで』
  3. 『もう一度』

異なる3つの物語から構成されています。

ですが『偶然と想像』という共通のテーマを持っています。

作品名偶然と想像
監督濱口竜介
公開日2021/12/17
上映時間121分
キャスト古川琴音

濱口竜介監督初の短編オムニバスが、『偶然と想像』です。

『偶然と想像』は、ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞しました。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の2021年【ドラマ部門】

  1. Apple TV+の『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく シーズン2』
  2. U-NEXTの『メア・オブ・イーストタウン』
  3. ディズニープラスの『ワンダヴィジョン』

ドラマは各VODサービスからオススメ作品がピックアップされる結果となりました。

『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』のあらすじ

アメフトのコーチだったテッド・ラッソは、イギリスでサッカーの監督に転身します。

当然ながら経験がないため、クラブに問題が続出します。

しかし、テッド・ラッソはチームを立て直すために、奮闘するのです。

作品名テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく
原題Ted Lasso
公開日2020ー
シーズン1ー3
キャストジェイソン・サダイキス
とけいの評価は?

 95/100点

とけい

トップクラスに好きな作品の一つです。

『メア・オブ・イーストタウン』のあらすじ

ペンシルバニア州郊外の田舎町イーストタウンで、ある日突然、シングルマザーの少女が殺されました。

刑事メアことマリアンヌ(ケイト・ウィンスレット)は、郡警察から応援に来たコリン・ゼイベル刑事(エヴァン・ピーターズ)事件の調査に当たります。

しかし、誰もが容疑者となりうる状況で、捜査は難航します。

  1. 父親
  2. 元恋人
  3. 親友
  4. 教師
  5. 神父

やがて、事件は思いもよらない展開を見せていきます。

犯人は誰でしょうか?

また、なぜ少女は、殺害されたのでしょうか?

作品名メア・オブ・イーストタウン / ある殺人事件の真実
原題Mare of Easttown
公開日2021/8/27
放映権米国のHBO→U-NEXT
キャストケイト・ウィンスレット/エヴァン・ピーターズ

『メア・オブ・イーストタウン』を見るなら▼

▲独占見放題!!

『ワンダヴィジョン』のあらすじ

舞台は、『アベンジャーズ エンドゲーム』後の世界です。

長い恋愛の末に、結婚したワンダとヴィジョンは、とある郊外の町で幸せな日々を過ごしていました。

後に、双子の子どもを授かるなど、夢のような理想の結婚生活を送っていました。

しかし、死んだはずのヴィジョンが、なぜ幸せな生活を送っているのでしょうか?

隠された謎が、徐々に明らかになっていきます。

作品名ワンダヴィジョン
監督マット・シャックマン
公開日2021/1/15
話数9(29-47分)
キャストエリザベス・オルセン
マーベル・スタジオ初のオリジナルドラマシリーズです。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の2021年【舞台部門】

  1. 『夜は短し歩けよ乙女』
  2. 『旅館じゃないんだからさ』(ダウ90000)
  3. 『パ・ラパパンパン』(松尾スズキ)

まとめ

佐久間宣行さんのオススメ年間エンタメランキングを紹介しました。

実は、佐久間宣行さん。さらばと地上波では放送できない過激なネタだらけのコント番組を制作しています。

その名も『インシデンツ』。

DMM TVの独占配信です。

このDMM TVは月額550円のサービスですが、今なら30日間の無料トライアルやってます。

0円で楽しめますので、この機会にぜひ。

▼登録・解約も簡単

無料期間中に解約した場合、料金は一切かかりません

(※本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。