まとめ

【天才】『メメント』・『バットマン』などクリストファー・ノーランの作品一覧をご紹介!

インセプション』や『バットマン』三部作など、有名な作品をたくさん世に送り出してきたクリストファー・ノーラン監督のキャリアや作品一覧をまとめてみました。

またその中でも、個人的に好きなクリストファー・ノーラン監督の作品を紹介しています。

  1. 『メメント』
  2. 『バットマン・ビギンズ』
  3. 『ダークナイトライジング』
  4. 『インセプション』
  5. 『TENET テネット』
記事のポイント
  • クリストファー・ノーランのキャリアを知る
  • クリストファー・ノーラン監督の映画作品をご紹介

ネタバレは一切、ございません。

それでは、クリストファー・ノーラン監督のキャリアから見ていきましょう!

クリストファー・ノーランのキャリア

映画監督のクリストファー・ノーランは、1970年7月30日生まれのロンドン出身です。

初長編作品の『フォロウィング』(98)が、いきなりトロント・香港などの映画祭で高い評価を受けました。

続く『メメント』では、高いストーリー構成能力からインディペンデント・スピリッツ・アワードの監督賞と脚本賞を受賞しています。

以降も、クリストファー・ノーラン映画作品は、注目作ばかりです。

クリストファー・ノーラン監督作品一覧

作品名興行収入
フォロウィング
(2001年12月8日)
48482ドル
メメント
(2001年11月3日)
0.25億ドル
インソムニア
(2002年9月7日)
1.13億ドル
バットマン ビギンズ
(2005年6月18日)
3.74億ドル
プレステージ
(2007年6月9日)
1.09億ドル
ダークナイト
(2008年8月9日)
10.04億ドル
インセプション
(2010年7月23日)
8.25億ドル
ダークナイト ライジング
(2012年7月28日)
10.84億ドル
インターステラー
(2014年11月22日)
6.77億ドル
ダンケルク
(2017年9月9日)
5.27億ドル
テネット
(2020年9月18日)
3.63億ドル

※作品下の日付は、日本での公開日です。

とくに『バッドマン』三部作は、クリストファー・ノーラン監督のすごさを世の中に認知させました。

  1. 『バットマン ビギンズ』(2005)
  2. 『ダークナイト』(2008)
  3. 『ダークナイト ライジング』(2012)

    クリストファー・ノーランが製作に携わった作品リスト

    作品名興行収入
    マン・オブ・スティール
    (2013年8月30日)
    6.68億
    ドル
    製作
    原案
    トランセンデンス
    (2014年6月28日)
    1.03億
    ドル
    製作
    総指揮
    バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
    (2016年3月25日)
    8.73億
    ドル
    製作
    総指揮
    ジャスティス・リーグ
    (2017年11月23日)
    6.57億
    ドル
    製作
    総指揮

    こちらも、日本での公開日です。

    それでは、ここから個人的にオススメな作品を順に、紹介しています。

    1. 『メメント』
    2. 『バットマン・ビギンズ』
    3. 『ダークナイトライジング』
    4. 『インセプション』
    5. 『TENET テネット』

    【1】『メメント』のあらすじ

    保険会社の調査員をしていたレナードは、ある日、強盗に襲われて妻を失ってしまいます。

    その上、犯人と格闘したせいでレナードは頭を損傷してしまいます。

    わずか10分の間しか記憶を保てない病気になってしまったのです。

    妻の復讐に炎を燃やすレナードは記憶がこぼれ落ちないようにと、身体の至る所に記憶に関するタトゥーを彫って、忘れないようにします。

    そうして、犯人に迫っていくのですが……?

    作品名メメント
    監督クリストファー・ノーラン
    公開日2001/11/3
    上映時間120分
    キャストガイ・ピアース

    \\『メメント』を見るならここ!!//

    とけいの評価

     87/100点

    『メメント』が誕生したきっかけ

    『メメント』は、ノーラン監督と実弟であるジョナサン・ノーランとの会話がきっかけで生まれた作品です。

    『メメント』は、圧倒的な構成力で描かれた「伏線回収」の代表的な作品です。

    クリストファーノーラン監督の出世作となりました。

    『メメント』の結末を知った時、また作品を1から見直したくなるでしょう。

    こうして映画『メメント』を通じて、クリストファーノーラン監督は、多くの関係者や観客から好評を得ました。

    その結果、「バットマン」新シリーズの第1弾『バットマン・ビギンズ』の監督に抜てきされたのです。

    【2】『バットマン・ビギンズ』のあらすじ

    『バッドマン・ビギンズ』は、闇の騎士となるダークナイトの誕生秘話を描いた作品です。

    両親を殺害された御曹司ブルース・ウェインは、不正がはびこる都会に幻滅しています。

    どうにかして「悪と戦う技術を身につけよう」と、世界中を放浪していました。

    その後、ブルースは育った地であるゴッサムシティーに戻ります。

    そこで、執事のアルフレッドの協力を得ます。

    加えて警官ジム・ゴードンと右腕ルーシャス・フォックスも、力を貸してくれることになります。

    こうして遂にブルースは、もう1人の自分「バットマン」に変身するのです。

    作品名バットマン・ビギンズ
    監督クリストファー・ノーラン
    公開日2005/6/18
    上映時間140分
    キャストクリスチャン・ベール

    『バットマン・ビギンズ』を見るなら▼

    とけいの評価

     88/100点

    『バッドマン・ビギンズ』は『バットマン』の初の実写映画ではない

    『バットマン・ビギンズ』は、初めての『バットマン』の実写映画ではありません。

    『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』の不評により、シリーズ第5弾の企画が中止されました。

    1997年の話です。

    それから、新たにクリストファー・ノーラン監督が起用され「ダークナイト・トリロジー」としてリブートが2005年に決まったのです。

    1. 『バットマン ビギンズ』(2005)
    2. 『ダークナイト』(2008)
    3. 『ダークナイト ライジング』(2012)

    『バッドマン・ビギンズ』の続編として制作された『ダークナイト』も、大ヒットを果たしています。

    こうして、勢いそのままに『ダークナイトライジング』が、公開されました。

    【3】『ダークナイトライジング』のあらすじ

    映画『バットマン・ビギンズ』の続編にあたる『ダークナイトライジング』は、バットマンの最悪の宿敵であるジョーカーが登場します。

    正義側の協力のもと、バットマンはゴッサム・シティーで起こるであろう犯罪を事前に撲滅していました。

    そうしてバットマンの活動が、成果を上げ始めていた頃です。

    「ジョーカー」と名乗る謎の犯罪者が、動き始めました。

    最強の敵・ジョーカーを前にして、バットマンは徐々に追い込まれていきますが……?

    作品名ダークナイトライジング
    監督クリストファー・ノーラン
    公開日2012/7/28
    上映時間165分
    キャストクリスチャン・ベール/アン・ハサウェイ

    『ダークナイトライジング』を見るなら▼

    とけいの評価

     89/100点

    『ダークナイトライジング』の裏話

    実は、たくさんのファンが『ダークナイトライジング』の制作に関わっています。

    これは『ダークナイトライジング』のとあるシーンのことです。

    音楽を作る際に、人の声が大量に必要でした。

    そのサンプルとして採用されたのが、映画ファンの「声」だったのです。

    実際に多くの声が集まった結果、曲は完成度の高いものとなりました。

    こうしてクリストファー・ノーランは、『バッドマン』三部作を大成功させて、天才の名を欲しいがままにします。

    そんな鬼才クリストファー・ノーランが作品の中心に、「時空」を歪ませたSFアクションを置いた作品があります。

    映画『インセプション』です。

    【4】『インセプション』のあらすじ

    ドム・コブは相手が夢を見ている潜在意識を、利用しています。

    重要な秘密を盗み出す仕事をしているためです。

    しかしドムは、自身のあまりにも強力な能力を持て余してしまいます。

    そうして遂には、国際指名犯として手配されてしまいました。

    ただし、ピンチばかりではありません。

    ドムには、人生を取り戻すチャンスが与えられました。

    その仕事こそ、『インセプション』を成功させることだったのです。

    『インセプション』とは、夢の状態で、相手の貴重な情報やアイデアを盗むのではありません。

    相手の心に、新たな記憶や感情を植え付ける任務です。

    作品名インセプション
    監督クリストファー・ノーラン
    公開日2010/7/23
    上映時間148分
    キャストレオナルド・ディカプリオ/渡辺謙

    \\『インセプション』を見るならここ!!//

    とけいの評価

     87/100点

    『インセプション』の撮影裏話

    『インセプション』のシーンの一つに、無重力状態になっているホテルの廊下で敵と戦うシーンがあります。

    この無重力空間での撮影をどのように行ったのでしょうか?

    実は、セットごと回転させたのです。

    製作の裏側は、上記のムービーで詳しく公開されています。

    このようにコブは、限りなく不可能とされた任務に挑んでいきます。

    が、頑張って任務を実行しようとすればするほど、時空は歪みに歪んでいきます。

    このようにクリストファー・ノーランは、「時空」や「時間」をテーマの軸とする作品を数多く発表しています。

    その集大成こそ、映画『TENET テネット』でしょう。

    【5】『TENET テネット』のあらすじ

    主人公には、ある課せられたミッションがありました。

    誰もが制約されているルール「時間」から脱出することです。

    現在から未来に進んでいく世界を、逆行していきます。

    そのミッションのキーワードこそ、『TENET テネット』です。

    国家を揺るがす重大な任務に巻き込まれた「名もなき男」とその相棒は、任務を完結することが出来るのでしょうか?

    作品名TENET テネット
    監督クリストファー・ノーラン
    公開日2020/9/18
    上映時間150分
    キャストジョン・デビッド・ワシントン

    TENET テネット』を見るなら▼

    とけいの評価

     87/100点

    まとめ

    クリストファー・ノーラン監督の作品は、「伏線回収」にカテゴライズされるでしょう。

    更には、他の監督とは一線を画したセンスで、客を圧倒しています。

    ぜひ、この機会に壮大なスケールで繰り広げられるクリストファー・ノーラン作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

     ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
    見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

    ▼登録・解約も簡単

    ※31日間以内に解約で完全無料です

    (※本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

    ABOUT ME
    とけい
    映画大好きライターの「とけい」です。