まとめ

【天才】『メメント』・『バットマン』などクリストファー・ノーランの作品一覧をご紹介!

インセプション』や『バットマン』三部作など、有名な作品をたくさん世に送り出してきたクリストファー・ノーラン監督のキャリアや作品一覧をまとめてみました。

またその中でも、個人的に好きなクリストファー・ノーラン監督の作品を紹介しています。

  1. 『メメント』
  2. 『バットマン・ビギンズ』
  3. 『ダークナイトライジング』
  4. 『インセプション』
  5. 『TENET テネット』
記事のポイント
  • クリストファー・ノーランのキャリアを知る
  • クリストファー・ノーラン監督の映画作品をご紹介

ネタバレは一切、ございません。

それでは、クリストファー・ノーラン監督のキャリアから見ていきましょう!

クリストファー・ノーランのキャリア

映画監督のクリストファー・ノーランは、1970年7月30日生まれのロンドン出身です。

初長編作品の『フォロウィング』(98)が、いきなりトロント・香港などの映画祭で高い評価を受けました。

続く『メメント』では、高いストーリー構成能力からインディペンデント・スピリッツ・アワードの監督賞と脚本賞を受賞しています。

以降も、クリストファー・ノーラン映画作品は、注目作ばかりです。

クリストファー・ノーラン監督作品一覧

作品名興行収入
フォロウィング
(2001年12月8日)
48482ドル
メメント
(2001年11月3日)
0.25億ドル
インソムニア
(2002年9月7日)
1.13億ドル
バットマン ビギンズ
(2005年6月18日)
3.74億ドル
プレステージ
(2007年6月9日)
1.09億ドル
ダークナイト
(2008年8月9日)
10.04億ドル
インセプション
(2010年7月23日)
8.25億ドル
ダークナイト ライジング
(2012年7月28日)
10.84億ドル
インターステラー
(2014年11月22日)
6.77億ドル
ダンケルク
(2017年9月9日)
5.27億ドル
テネット
(2020年9月18日)
3.63億ドル

※作品下の日付は、日本での公開日です。

とくに『バッドマン』三部作は、クリストファー・ノーラン監督のすごさを世の中に認知させました。

  1. 『バットマン ビギンズ』(2005)
  2. 『ダークナイト』(2008)
  3. 『ダークナイト ライジング』(2012)

クリストファー・ノーランが製作に携わった作品リスト

作品名興行収入
マン・オブ・スティール
(2013年8月30日)
6.68億
ドル
製作
原案
トランセンデンス
(2014年6月28日)
1.03億
ドル
製作
総指揮
バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
(2016年3月25日)
8.73億
ドル
製作
総指揮
ジャスティス・リーグ
(2017年11月23日)
6.57億
ドル
製作
総指揮

こちらも、日本での公開日です。

それでは、ここから個人的にオススメな作品を順に、紹介しています。

  1. 『メメント』
  2. 『バットマン・ビギンズ』
  3. 『ダークナイトライジング』
  4. 『インセプション』
  5. 『TENET テネット』

『メメント』のあらすじ

保険会社の調査員をしていたレナードは、ある日、強盗に襲われて妻を失ってしまいます。

その上、犯人と格闘したせいでレナードは頭を損傷してしまいます。

わずか10分の間しか記憶を保てない病気になってしまったのです。

妻の復讐に炎を燃やすレナードは記憶がこぼれ落ちないようにと、身体の至る所に記憶に関するタトゥーを彫って、忘れないようにします。

そうして、犯人に迫っていくのですが……?

作品名メメント
監督クリストファー・ノーラン
公開日2001/11/3
上映時間120分
キャストガイ・ピアース
とけいの評価は?

 87/100点

『メメント』が誕生したきっかけ

『メメント』は、ノーラン監督と実弟であるジョナサン・ノーランとの会話がきっかけで生まれた作品です。

『メメント』は、圧倒的な構成力で描かれた「伏線回収」の代表的な作品です。

クリストファーノーラン監督の出世作となりました。

『メメント』の結末を知った時、また作品を1から見直したくなるでしょう。

こうして映画『メメント』を通じて、クリストファーノーラン監督は、多くの関係者や観客から好評を得ました。

その結果、「バットマン」新シリーズの第1弾『バットマン・ビギンズ』の監督に抜てきされたのです。

1 2 3 4
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。