邦画

日本一の斬られ役・福本清三が演じた『太秦ライムライト』のロケ地や海外の反応は?

映画『太秦ライムライト』で「斬られるために生きる男」主人公・香美山を演じた役者は、日本一の斬られ役の福本清三でした。

映画『太秦ライムライト』は、海外の評価も非常に高い作品です。

そこで本記事では、『太秦ライムライト』を観た海外の反応ロケ地について紹介していきます。

記事のポイント
  • 映画『太秦ライムライト』を観た海外の反応は?
  • 『太秦ライムライト』のロケ地を紹介

それでは、映画『太秦ライムライト』のあらすじから見ていきましょう!

『太秦ライムライト』のあらすじ

『太秦ライムライト』は京都の太秦が、舞台です。

太秦の日映撮影所に所属する香美山清一は、斬られ役ひと筋でしたが、徐々に仕事が減っていきます。

ある日、新人女優のさつきと出会った香美山は、かつての大女優と似た雰囲気を感じます。そこで、殺陣の稽古をつける決断をします。

さつきはチャンスを掴み、東京でスター女優になりました。

時が経ち、時代劇の主演を得たさつきは、すでに引退した香美山との共演を熱望するのですが……?

作品名太秦ライムライト
主役福本清三
公開日2014/7/12
上映時間104分
ラスト美しい散りざまに感動
とけいの評価は?

 75/100点

『太秦ライムライト』に松方弘樹

福本さんが主演するなら」と福本さんを何度も斬ってきた松方弘樹さんは『太秦ライムライト』の出演を快諾しています。

また『太秦ライムライト』の脇を固めているのは、京都・太秦がゆかりのスター・松方弘樹だけではありません。

小林稔侍萬田久子など有名俳優が、『太秦ライムライト』にそろいました。

加えて、京都の次代を担う若手俳優たちも、総出演しています。

松方弘樹さんは、『太秦ライムライト』ではセリフを一字一句変えていません。

しかし、1カ所だけ「映画」を「シャシン」と言い換えています。

「シャシン」と読む最後の世代を目の当たりにし、『太秦ライムライト』の関係者たちは心打たれたといいます。

『太秦ライムライト』を観た海外の反応は?

えいが

福本さんが初めて主演した映画『太秦ライムライト』がカナダのファンタジア映画祭で、最優秀作品賞となるシュバル・ノワール賞を受賞しました。

さらに福本さんも、最優秀主演男優賞を受賞しています。

また、英ガーディアン紙は「福本さんの演技中の斬られる時の姿勢が『えびぞり』と名付けられ、有名である」と紹介されています。

  1. 背中を弓のようにしならせる
  2. 体をねじり、身もだえる
  3. 死ぬ直前には顔がテレビカメラのほうを向く

福本清三が演じる独特な斬られ姿は、まさに一級品です。

『太秦ライムライト』のロケ地

映画1

『太秦ライムライト』のロケ地は、太秦近辺と撮影所がほとんどでした。

そのなかでも、嵐電の帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅では、名シーンがあります。

  • 時代劇の減った京都で仕事がなくなった若い俳優が、福本演じる老俳優に熱い想いをぶつけるシーン

嵐電は撮影のために、駅構内で10回もレトロ車両を無料で動かしてくれたそうです。

さすが、時代劇の産地です。

ただし『太秦ライムライト』のロケ地には、京都以外の場所もあったのです。

『太秦ライムライト』には淡路島がロケ地のシーンも

太秦ライムライト』のロケ地には、淡路島の棚田も活用されていました。

斬られ役を引退していた香美山清一が、隠居していた地であります。

美しい夕陽を全身に浴びながら、剣を交える二人の姿は、「美しい」の一言に尽きます。

日本一の斬られ役・福本清三のキャリア

福本清三は1943年、兵庫県生まれです。

15歳で、東映京都撮影所へ入所しています。

ドラマ『水戸黄門』や『暴れん坊将軍』など大ヒット作品に、福本は「斬られ役」として出演を続けました。

2003年公開のハリウッド映画『ラストサムライ』にも起用され、14年には映画『太秦ライムライト』で初主演を果たしました。

ちなみに『太秦ライムライト』の主役オファーを受けた際、当初、福本さんは断ったそうです。

斬られ役の第一人者として有名であり、「5万回斬られた男」の異名を持ちます。

福本清三さんは「斬られ役」として55年もの長い間、活躍を続けていましたが、2021年1月1日肺がんのため、この世を去られました。

ご冥福をお祈りいたします。

まとめ

POINT

『太秦ライムライト』は時代が移り変わる中で、それでも斬られ役を続ける男の生き様を描いた見事な作品です。

福本さん自身が人生に込めた想いそのものが映画の中にも滲み出ているようで、非常によい映画でした。

とくに『太秦ライムライト』の幕切れは美しく、華があります。

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。