邦画

映画『劇場』のラスト「ごめんね」の真相に迫る【原作とは異なる】

人気お笑い芸人・又吉直樹が書き下ろした2作目『劇場』の舞台は、「お笑い」の劇場ではありませんでした。

俳優が活躍する舞台の『劇場』を、ピックアップしています。

そんな原作小説がある『劇場』ですが、ラストシーンのみ映画に、アレンジが加えられています。

そこで本記事では、映画『劇場』のラストシーンを詳しく解説していきます。

記事のポイント
  • 映画『劇場』のキャスト
  • 原作と映画版の違いはラストシーン

\\『劇場』を見るならここ!!//

本記事は2ページ目より、ネタバレが含まれます。

それでは、映画『劇場』のあらすじから見ていきましょう!

『劇場』のあらすじ

脚本家と演出家であり永田は、前衛的な作風であるせいか全く客受けしませんでした。

劇団員たちも永田を見放す中、永田は自分と同じスニーカーを履いている沙希を見かけ、衝動的に彼女に声をかけます。

そこから、二人は恋仲になります。

しばらくして一緒に暮らし始め、沙希は永田に愛情を注ぎ続けるのですが……

作品名劇場
原作劇場/又吉直樹
公開日2020/7/17
上映時間136分
キャスト山﨑賢人・松岡茉優

\\『劇場』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 82/100点 

劇団『おろか』とは?

永田は高校を卒業後に、中学校からの仲である野原と共に上京してきました。

そうして劇団『おろか』を旗揚げします。

しかし客足は重く、評価も低調です。

永田はアルバイト生活で、その日暮らしをするしかありません。

『劇場』の主人公は、永田

永田(ながた)は、映画『劇場』の主人公です。

劇団俳優の駆け出しで、人気がありません。

永田は恋愛や夢を通じて、心の葛藤を繰り広げていきます。

『劇場』のヒロインは沙希

沙希(さき)は女優になるために、青森県から上京してきました。

永田と出会った当時、沙希は大学生でした。

永田に突然「靴、同じやな」とナンパされて、恐怖します。

しかし、必死に食らいついてくる永田に、カフェをなぜか奢ることになってしまいます。

『劇場』の野原

野原と永田は、中学からの同級生です。

野原は、あまり昔から感情を表に出しません。

そのため、野原に何を考えているのかを、永田には分からない時があります。

『劇場』には、キングヌーの井口も出演

永田とは対照的に、劇団で客足を伸ばしている人気劇団の主宰にはKing Gnuボーカルの井口理が好演しています。

映画『劇場』が、映画初出演となりました。

\\『劇場』を見るならここ!!//

(※本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。