スポーツ

映画『ドリームプラン』は実話でセリーナ・ウィリアムズを世に送り出していた

ドリームプラン
本ページはプロモーションが含まれています

映画『ドリームプラン』は驚きの実話です。

当時、テニス界は富裕層の白人ばかりでした。

ですが黒人のビーナス&セリーナ・ウィリアムズの娘たち。

また破天荒な実父リチャードによる『ドリームプラン』が実行されていきます。

それは娘たちをテニスの世界チャンピオンにまで育てていく壮大なプランでした。

記事のポイント
  • 映画『ドリームプラン』はどこまで実話?
  • 実父リチャードの暴君ぶり

『ドリームプラン』を見るなら▼

30日間無料!!

それでは映画『ドリームプラン』のあらすじから見ていきましょう。

とけい

映画を年間200本くらい楽しむとけいが書いています。

映画『ドリームプラン』のあらすじ

映画『ドリームプラン』は娘ではなく、テニス未経験の父親が主役です。

後に、テニス界の旋風を巻き起こした世界最強のテニスプレーヤー、ウィリアムズ姉妹。

ウィリアムズ姉妹の父リチャードは彼女たちを最強のテニスプレーヤーに育て上げるために計画を作りました。

それが『ドリームプラン』です。

作品名ドリームプラン
公開日2022/2/23
上映時間144分
製作にはウィル・スミスのほか、ウィリアムズ姉妹も名を連ねました。

映画『ドリームプラン』を観た感想

とけいの評価は?

 93/100点

ビーナス&セリーナ・ウィリアムズの娘たちを育て上げる『ドリームプラン』を実行するため、スパルタ教育を実行する父。

賛否両論だったようです。

とけい

父の感情に、共感できない気持ちもよく分かります。

ですが総じて評価すると、ストーリーの運び方が見事です。面白かったです。

『ドリームプラン』を見るなら▼

30日間無料!!

『ドリームプラン』のキャスト

『ドリームプラン』のキャストは?

ウィル・スミス(東地宏樹) – リチャード・ウィリアムズ
アーンジャニュー・エリス(根本圭子) – オラシーン・“ブランディ”・ウィリアムズ
サナイヤ・シドニー(杉山里穂) – ビーナス・ウィリアムズ
デミ・シングルトン(高倉有加) – セリーナ・ウィリアムズ
トニー・ゴールドウィン – ポール・コーエン
ジョン・バーンサル – リック・メイシー
ミケイラ・ラシェ・バーソロミュー – タンディ・プライス
ダニエル・ローソン – イシャ・プライス
レイラ・クロフォード – リンドリア・プライス

映画『ドリームプラン』はどこまで実話?

意味、疑問

ウィル・スミスが父リチャードを好演した映画『ドリームプラン』。

実は現実のリチャードは、22歳で最初の結婚をしています。子どもも、5人いました。

ですがそれでも成功を諦められずに家族を捨てて、失踪しています。

その後の再婚で、ヴィーナスとセリーナを含めた5人の娘の父となったのです。

『ドリームプラン』は限りなく夢を現実にした

主演を演じたウィル・スミスは『ドリームプラン』の実現度合いに、心から驚いています。(上記YouTube参照)

ある日、優勝したテニスプレーヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿をテレビで見たリチャードは思いつきます。

娘たちを、テニスチャンピオンにしようと。

そこで世界王者にする78ページの計画書『ドリームプラン』を独学で作成しました。

原題は『King Richard』

映画の原題は『ドリームプラン』でなく、『King Richard』でした。

この原題は、シェークスピアの『リチャード3世』になぞらえて付けられたタイトルです。

実は、自らの子どもが生まれる二年前から、テニスプレイヤーにしようと考えていました。

子どもたちの素質を、見抜いたわけではありません。

また実際には映画以上にスパルタ教育であり、娘をスターにするためにわざわざ治安の悪い場所に引っ越していました。

父リチャードは暴君だった

リチャードは前妻が病気になっても助けませんでした。

更に残された子どもの世話を、妻オラシーンに押し付けています。

とにかく女性たちを振り回した暴君でした。

とけい

映画の『ドリームプラン』は実話をベースに家族仲をまろやかにした感じでしょうか。

今では両親が離婚しています。父とウィリアムズ姉妹の距離も遠いようです。

まとめ

映画『ドリームプラン』は実話です。

ウィリアムズ姉妹を世に送り出した素晴らしい計画でした。

しかし実話を深掘りすると、決して父の偉業を手放しで褒められるものではありません。

ですが父リチャードの強い意志は、夢を叶えるためには絶対に必要な要素であり、一見の価値ある映画です。

『ドリームプラン』を見るなら▼

30日間無料!!

※30日間の無料体験はいつ終了するか分からないのでお早めに。

(※本ページの情報は2023年12月時点のものです。最新の配信状況はAmazon公式サイトでご確認ください。)

参考URL:

https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/g38978843/born-at-toxic-family-220208/

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。