洋画

映画『ラ・ラ・ランド』のあらすじやテーマ曲を紹介!【アナザー・デイ・オブ・サン】

ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のあらすじや、頻繁にTVでも流れていた本作のテーマ曲を紹介します。

また本作の裏話から、アカデミー賞6部門を受賞した映画『ラ・ラ・ランド』の魅力に迫ります。

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 『ラ・ラ・ランド』のあらすじやテーマ曲を紹介
  • 『ラ・ラ・ランド』の裏話

ネタバレは一切、ありません。

それでは、『ラ・ラ・ランド』のあらすじから見ていきましょう!

『ラ・ラ・ランド』のあらすじ

女優の卵であるミアとジャズ・ピアニストのセバスチャンは偶然、出会います。

後日、また2人は、たまたま出会います。

次第に恋に落ちていく2人を描いた物語です。ミュージカル映画の傑作です。

作品名ラ・ラ・ランド
原題La La Land
公開日2017/2/24
上映時間128分
キャストエマ・ストーン/ライアン・ゴズリング

\\『ラ・ラ・ランド』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 81/100点

映画『ラ・ラ・ランド』はアカデミー賞6部門を受賞

チェック

映画『ラ・ラ・ランド』は、アカデミー賞の6部門を受賞した傑作です。

ミュージカル映画の作品賞ノミネートは、1979年の『オール・ザット・ジャズ』以来となる快挙です。

更に『ラ・ラ・ランド』のアカデミー賞ノミネート部門は、14ノミネートです。

本作は、歴代最多のアカデミー賞ノミネートの『タイタニック』(1997)と『イヴの総て』(1950)に並びました。

『ラ・ラ・ランド』の曲は『アナザー・デイ・オブ・サン/Another day of sun』

冒頭の『ラ・ラ・ランド』の曲は、『アナザー・デイ・オブ・サン/Another day of sun』です。

映画の内容を知らなくても、この曲だけは聞いたことがある方も多いことでしょう。

CMでも耳なじみのある本楽曲は、ジャスティン・ハーウィッツによるオリジナル曲です。

高速道路の渋滞で車が動かなくなった人々が車から降りて、歌い踊るシーンから『ラ・ラ・ランド』は始まっていきます。

『ラ・ラ・ランド』よりミアとセバスチャンのテーマ

ミアとセブがバーで再会するきっかけとなった曲が『ミアとセバスチャンのテーマ』です。

三拍子のワルツであり、ジャック・ドゥミ監督の『ロシュフォールの恋人たち』の『シモンの歌(イヴォンヌの歌)』を参考に作曲されています。

『シモンの歌(イヴォンヌの歌)』の内容は「別れてしまった恋人を思い出す」です。

つまり、歌詞の無い『ミアとセバスチャンのテーマ』にどのような意味が含まれているのかは、『シモンの歌(イヴォンヌの歌)』から分かるのです。

『ラ・ラ・ランド』のキャストはエマ・ストーン

エマ・ストーンのキャリア
  • 出身 アメリカ/アリゾナ州
  • 生年月日 1988/11/6
  • 代表作 『ラブ・アゲイン』(11)・『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ(12ー)


エマ・ストーンは11歳の頃から地元の劇団や即興劇のグループに所属しており、2005年にTVドラマで女優デビューします。

映画では『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(07)で初出演を果たすと『小悪魔はなぜモテる?!』(10)で初主演を務めます。

以降、『ラブ・アゲイン』(11)や『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ(12ー)で人気と実力を得ます。

そして、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)で、アカデミー助演女優賞の初ノミネートを果たしています。

ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』(16)の主人公ミアでは、アカデミー主演女優賞を獲得しています。

セバスチャン役にライアン・ゴズリング

ライアン・ゴズリングのキャリア
  • 出身 カナダ/オンタリオ州
  • 生年月日 1980/11/12
  • 代表作 『きみに読む物語』(04)・『ドライヴ』(11)


ディズニー・チャンネルの『ミッキーマウス・クラブ』で子役タレントとしてキャリアをスタートさせたライアン・ゴズリングは、1996年に映画デビューしています。

その後『きみに読む物語』(04)の主演で有名になると、『ハーフ・ネルソン(原題)』(06)でアカデミー主演男優賞に初ノミネートされます。

また『ドライヴ』(11)や初監督作『ロスト・リバー』(14)などで、新たなファンを多く獲得しました。

ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』(16)で、2度目のアカデミー主演男優賞候補に挙がりました。

『ラ・ラ・ランド』のポスターがおしゃれ

ラ・ラ・ランド 映画ポスター フレーム別 B1より少し小さいめ約69×102cm おしゃれ 大きい インテリア アート グッズ /ADV-C-両面

とてもオシャレです。

【映画ポスター】 ラ・ラ・ランド La La Land ミアとセバスチャン /アート おしゃれ インテリア フレーム別 /ADV-B-両面 オリジナルポスター

こちらも、オシャレです。

『ラ・ラ・ランド』の監督はデイミアン・チャゼル

監督・脚本を務めたデイミアン・チャゼルは、もともとプロミュージシャンを目指していました。

ジャズ・ドラムを学んでいましたが、結局、自分の才能に限界を感じたデイミアンは映画を制作しました。

その結果、生まれた映画が『ラ・ラ・ランド』のシナリオです。

しかし2010年に出来た『ラ・ラ・ランド』の撮影を許可する会社はゼロで、なかなか制作に踏み込めずにいました。

  • ミュージカル映画は、’40〜’50年代が黄金期

フレッド・アステアジーン・ケリージュディ・ガーランドが活躍した頃が最後でした。

『ラ・ラ・ランド』の出資を受けるために映画『セッション』を制作

POINT

デイミアン・チャゼルは、『ラ・ラ・ランド』のために手を打ちます。

映画『セッション』の制作です。

映画『セッション』をヒットさせて、映画『ラ・ラ・ランド』の出資を取り付けようと考えたのです。

そこで、デイミアンはわずか330万ドルで『セッション』を制作します。

セッション』は、大成功を収めます。

その結果、映画製作会社のサミット・エンターテインメントとブラック・レーベル・メディアが、『ラ・ラ・ランド』への出資に同意したのでした。

▼こちらも読みたい▼

『ラ・ラ・ランド』のオマージュ

映画2
ダンディーな
おじさん

『ラ・ラ・ランド』は、ミュージカル映画の名作を引用しているのかね?

A.『雨に唄えば』などを引用しています。

ライアン・ゴズリングがロサンゼルスを見下ろしながら、丘の上で踊るシーンは『雨に唄えば』のオマージュといえるでしょう。

まとめ:映画『ラ・ラ・ランド』の功績

  1. 第73回ベネチア国際映画祭でエマ・ストーンが最優秀女優賞
  2. 第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)含む同賞の映画部門で史上最多の7部門を制す
  3. 第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネート
  4. デイミアン・チャゼル監督が、史上最年少で監督賞を受賞
  5. エマ・ストーンの主演女優賞など含む6部門でオスカー像を獲得

ラ・ラ・ランド』は、ミュージカル映画の傑作です。

ぜひ、この機会に一度『ラ・ラ・ランド』を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。