洋画

映画『アムステルダム』の実話はアメリカの黒歴史がベースだった!

映画『アムステルダム』は、デヴィッド・O・ラッセル監督が手がける最新作です。

7年ぶりの最新作となった映画『アムステルダム』は、「ありえないけど、ほぼ実話」とポスターにあるように、実話をベースに構成されています。

そこで、実話と照らし合わせていきながら、映画『アムステルダム』を解説していきます。

記事のポイント
  • 映画『アムステルダム』の実話は、アメリカの黒歴史がベース

それでは、映画『アムステルダム』のあらすじを見ていきましょう。

映画『アムステルダム』のあらすじ

1930年代のニューヨークが、舞台です。

バートハロルドヴァレリーは、第1次世界大戦の戦地で知り合いました。

その後、オランダのアムステルダムで一緒の時間を過ごし、親友となります。

「何があってもお互いを守り合う」と、誓い合ったのです。

ある時、バートとハロルドがひょんなことから殺人事件に巻き込まれて、容疑者にされてしまいます。

濡れ衣を着せられた彼らは、疑いを晴らそうと、ある作戦を立てます。

しかし、次第に自分たちが巨大な陰謀の中心にいることに、気づいていきます。

作品名アムステルダム
監督デビッド・O・ラッセル
公開日2022/10/28
上映時間
キャストクリスチャン・ベールなど
とけいの評価は?

 73/100点

映画『アムステルダム』の実話となったアメリカの黒歴史とは?

映画『アムステルダム』のストーリーの土台に、アメリカの黒歴史「ビジネス・プロット」があります。

「ビジネス・プロット」とは財界の大物たちがナチスに傾倒した結果、スメドレー・バトラー少将を指導者にして、クーデターを起こそうとした陰謀です。

ちなみに映画『アムステルダム』では、スメドレー・バトラー少将の名は、ギル・ディレンバック将軍に変更されています。

ギル・ディレンバック将軍を演じたのは、名優のロバート・デ・ニーロです。

『アムステルダム』のキャスト

  1. 楽観主義な医師のバート(クリスチャン・ベール)
  2. しっかり者な弁護士のハロルド(ジョン・デヴィッド・ワシントン)
  3. 負けん気が強いヴァレリー(マーゴット・ロビー)

主役の3人は、過去に主役級の作品をいくつも持つ、豪華キャスト陣です。

また、ラミ・マレックロバート・デ・ニーロなどなど、主役級のキャストが周りを固める超豪華なクライム作品です。

クリスチャン・ベール

クリスチャン・ベールは、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』3部作(05~12)のブルース・ウェイン/バットマン役を演じています。

また『アメリカン・ハッスル』でクリスチャン・ベールは、過去にデビッド・O・ラッセル監督とタッグを組んだ経験を持ちます。

ジョン・デヴィッド・ワシントン

更にジョン・デビッド・ワシントンは、『TENET テネット』で主役を担当しています。

マーゴット・ロビー

またもう一人のマーゴット・ロビーも、『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などなど、注目作に出演を続けています。

『アムステルダム』の脇役にラミ・マレックなども

『アムステルダム』は脇役も、メイン級です。

共演には『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックや『タクシードライバー』のロバート・デ・ニーロなど、凄まじい面子が揃います。

『アムステルダム』のキャストに脇役はいないのかもしれない

そのほか、『ラストナイト・イン・ソーホー』のアニヤ・テイラー=ジョイ、『アバター』のゾーイ・サルダナ、歌手のテイラー・スウィフトなどが登場しています。

映画ファンならワクワクすること間違いなし、のラインナップです。

『アムステルダム』のデヴィッド・O・ラッセル監督は、『ザ・ファイター』『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』など、注目作をこれまで多く作り上げています。

まとめ

映画『アムステルダム』のキャラクターは、とても充実しています。

とくに主役の3人組を取り巻く人々が、見どころです。

  • 資産家のトム(ラミ・マレック)
  • 看護師のイルマ(ゾーイ・サルダナ)
  • アメリカ政府の諜報員ヘンリー(マイケル・シャノン)
  • 元軍人のギル(ロバート・デ・ニーロ)など

ストーリーが予告のみでしか明かされておらず、前情報も少ない映画『アムステルダム』は、アカデミー賞の有力候補として大々的に宣伝されています。

どのように本作のストーリーが展開されていくのでしょうか?

それは、劇場でのお楽しみです。

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。