【PR】この記事は広告を含んでいます。

事件

『リチャード・ジュエル』はどこまで実話だったのか?【ネタバレあり】

Richard Jewell

実話映画『リチャード・ジュエル』は、1996年のアトランタオリンピックの爆弾テロ事件がテーマです。

そのため本作は、実話に基づいた映画です。

しかし、実話と完全一致はしていません。

そこで本記事では映画『リチャード・ジュエル』の実話部分をピックアップして解説していきます。

記事のポイント
  • 映画『リチャード・ジュエル』は実話に忠実
  • フィクション部分で大問題となった女性記者のエピソード

『リチャード・ジュエル』を見るなら▼

30日間無料!!

2ページ目から、ネタバレを含みます。

それでは映画『リチャード・ジュエル』のあらすじから見ていきましょう!

『リチャード・ジュエル』のあらすじ

1996年、アトランタで開催されたオリンピックで爆破テロ事件が発生しました。

ですが、大惨事には至りませんでした。

警備員のリチャード・ジュエルが爆弾の入ったバッグを、事前に発見していたからです。

しかしFBIは「爆弾の第一発見者」という理由でリチャード・ジュエルを容疑者に挙げます。

また女性記者キャシーのスクープ記事により、容疑の報道は熱を帯びていったのです。

作品名リチャード・ジュエル
監督クリント・イーストウッド
公開日2020/1/17
上映時間131分

『リチャード・ジュエル』を見るなら▼

30日間無料!!

『リチャード・ジュエル』のキャスト

  • リチャード・ジュエル: ポール・ウォルター・ハウザー
  • ワトソン・ブライアント: サム・ロックウェル
  • バーバラ・”ボビ”・ジュエル: キャシー・ベイツ
  • トム・ショウ: ジョン・ハム
  • キャシー・スクラッグス: オリヴィア・ワイルド
  • ダン・ベネット: イアン・ゴメス
  • リチャード・ラックレフ: ウェイン・デュヴァル
  • ナディア・ライト: ニーナ・アリアンダ
  • ブルース・ヒューズ: ディラン・カスマン

本人がそっくり?

『リチャード・ジュエル』がそっくりだと話題です。

本作は実話であり、リチャード・ジュエルも実在した人物です。

リチャード・ジュエル役は、ポール・ウォルター・ハウザーが好演しています。

上記の画像の通り、そっくりです。

弁護士のワトソン

弁護士のワトソン役には『グリーンマイル』『ジョジョ・ラビット』などで有名なサム・ロックウェルが演じています。

孤立無援のリチャードを信じて、一緒に闘う弁護士を演じています。

『リチャード・ジュエル』は実話

モデル

『リチャード・ジュエル』は実話であり、タイトルはモデルとなった本人の名から取られてます。

『リチャード・ジュエル』はアメリカ合衆国の警備員です。

1996年、アトランタオリンピックが開催されていました。

その期間中にセンテニアルオリンピック公園で、警備の仕事を担当しています。

アトランタ爆破事件の英雄

『リチャード・ジュエル』は警備中に不審なバックパックを発見します。

すぐさま警察官に報告して、周囲の人を避難誘導しました。

ですが結局、爆弾は爆発してしまいました。

  • 2名が死亡
  • 100名以上が負傷

それでも『リチャード・ジュエル』のおかげで、被害は最小限に済みました。

そのためメディアからは「英雄」と称賛されたのです。

英雄から容疑者へ

メディアは当時『リチャード・ジュエル』が第一発見者であると、英雄扱いしていました。

しかしその数日後、メディアは『リチャード・ジュエル』がFBIからアトランタ爆破事件の捜査対象になっていることを報道します。

こうして『リチャード・ジュエル』は、メディアから手のひら返しにあいます。

とけい

実話と映画『リチャード・ジュエル』の流れは、ほぼ同じだったのです。

その後『リチャード・ジュエル』はどうなったのでしょうか。

気になる続きは、ぜひ映画本編でお楽しみください。

『リチャード・ジュエル』を見るなら▼

30日間無料!!

(※本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。