Disney【Disney+】

【DISNEY】ディズニーとピクサーの関係性とは?ピクサーの歴史を紹介

© Pixar

ディズニー作品は大きく「DISNEY」・「Pixar(ピクサー)」・「マーベル」・「スター・ウォーズ」に分かれています。

今回は、その中でも「Pixar(ピクサー・アニメーション・スタジオ)」にピックアップしていきます。

記事のポイント
  • Pixar(ピクサー)の歴史と、ディズニーとの関係が分かる

ピクサーはトイストーリー』シリーズなど、数々の名作を世に送り出している会社です。

それでは、ピクサーの歴史から振り返っていきましょう!

ピクサー(Pixar)ロゴの由来

ピクサーのロゴおよびイメージキャラクターである電気スタンドのルクソーJr.は、1986年に製作されたキャラクターです。

つまりロゴのために、キャラがデザインされたわけではありません。

同名の短編映画を制作した際に、電気スタンドのルクソーJr.が誕生したのです。

それがこうして今は、ピクサーロゴのキャラとして機能しています。

ちなみにルクソーJr.を作ったのはジョン・ラセターです。

ピクサーの社名はどこから?

ピクサー」という社名の由来は、コンピューターの名前から来ています。

正式名称は、「ピクサー・イメージング・コンピュータ」であり、コンピュータの開発者であるアルヴィ・レイ・スミスが名付けました。

スミスの生まれ育った地は、スペイン語が第二言語のニューメキシコ州でした。

スペイン語は動詞の語尾が「-er」や「-ar」になっている場合が多く、ピクサー(Pixar)も、スペイン語の影響を受けています。

以上のような背景から、スミスは画像の最小単位であるピクセル(pixel)を動詞化した造語ピクサー(Pixar) を社名に採用しました。

ピクサー(Pixar)の歴史

ピクサーの歴史は古く、1971年に設立したルーカス・フィルムが基盤を作っていきます。

また、ジョージ・ルーカスから歴史が始まっています。

ルーカ・フィルムにエドウィン・キャットマルが入社し、同社にコンピューター・アニメーション部門を創設したのですが、この部門こそ、ピクサーの前身と呼ばれています。

初めてのピクサー作品は?

1984年に製作された短編映画『アンドレとウォーリーB.の冒険』は初めてのピクサー作品と言われています。

しかし実は、ルーカスフィルムとして製作されたものでした。

ただし、『アンドレとウォーリーB.の冒険』に関わったほとんどのスタッフがピクサーに移っているので、事実上のピクサーが手掛ける初作品だと認める声も少なくありません。

ピクサーとスティーブ・ジョブス

1986年に、スティーブ・ジョブスがApple社株の売却益を資金に、ピクサーを買収します。

ルーカスフィルムのCGアニメーションだった部門は「ピクサー・アニメーション・スタジオ」として生まれ変わったのです。

ダンディーな
おじさん

ピクサーがここからどうやって、ディズニーと関係を持つんだい?

A.取引先の一つに、ディズニーがありました

しかし当時から、「ピクサーが、ディズニー映画を制作する」と話がトントン拍子で進むわけもありません。

あくまで取引先の一社として、ゆっくりと濃い関係を築いていったのでした。

ピクサーの経営は赤字続き

どちらかというと当時は、ルーカスフィルム社時代に開発していた映像制作のハイスペックコンピューターを売る事業に全力を注いでいました。

その取引先に、ディズニーもいたのです。

しかしそれでもピクサーの経営状態は良くならず、毎年赤字の状態が続いていきます。

当然、ジョブズはアニメの制作について難色を示していきます。

その後、アニメ制作する部署はスティーブ・ジョブズによって売却されてしまいました。

独立企業としてのピクサーが誕生

こうして1985年に独立企業として、ピクサーが創立されました。

誰がどう見ても逆境下の立場において、それでもアニメ映画を作ろうと意欲的な人物がいました。

ジョン・ラセターです。

ジョン・ラセターはディズニーと共に、短編作品など多くのアニメーションを製作しています。

そして1991年、ピクサーは決断します。

従来の主力部門であったシステムやコンピュータの販売部門を縮小したのです。対して、CG作品の製作に力を入れ始めたのでした。

ジョン・ラセターが生み出した傑作『トイ・ストーリー』

こうして長編CG作品の作成が決定し、ジョン・ラセターが監督に任命されます。

その後、1995年に発表した作品が、ディズニー/ピクサー映画の第1作目となりました。

映画『トイ・ストーリー』です。

トイ・ストーリー』は全世界で大ヒットを飛ばします。

後に本作で、アカデミー特別業績賞を受賞しています。

その受賞者こそ、当時、初のCGフルアニメーション長編を手がけたジョン・ラセターでした。

この『トイ・ストーリー』の成功により、ピクサーはディズニーと共同でアニメを制作する契約を結びます。

ピクサーはディズニーの完全子会社に

しかし、2000年代に入ると、ピクサーとディズニーの関係は悪化します。

契約内容の問題が、原因です。

しかし、ディズニーのCEOが変わったことで、両社は関係を持ち直しました。

人間関係が、ビジネスでも非常に大事なファクターを占めていると分かる瞬間です。

そして2006年、大型契約を全うしたピクサーは、5月5日にディズニーの完全子会社となりました

こうしてピクサーのスタッフは、ディズニーの役員に就任したのでした。

まとめ

ピクサーの歴史に、映画『トイ・ストーリー』の話は欠かせません。

1995年に公開された映画『トイ・ストーリー』こそ、ピクサー作品人気の火付け役になったからです。

その仕掛け人は誰であろう、ジョン・ラセターでした。

こうして、コンピューターの事業から始まったピクサーは、今やアニメ映画界のトップに君臨しています。

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。