邦画

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編に広瀬すずが出演?【こっくり・ミシェル役は関水渚 】

人気テレビドラマ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編では、こっくり・ミシェル役が広瀬すずさんに似ていると話題になりました。

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編のこっくり役は誰?

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編を見るなら▼

それでは、映画『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編のあらすじから見ていきましょう!

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編のあらすじ

コンフィデンスマンとは、信用詐欺師を意味します。

ダー子、ボクちゃん、リチャードはいつもお馴染み3人組です。

世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンドが他界し、10兆円とも言われる遺産が残ります。

フウ家のブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟が火花を散らしますが、執事トニーが相続人として発表したのは、誰も存在を知らない隠し子のミシェルでした。

世界中からミシェルを名乗る詐欺師たちが伝説の島・ランカウイ島に集結する中、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もフウ家に入り込みますが……?

作品名『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編
監督古沢良太
公開日2020/7/23
上映時間124分
キャスト長澤まさみ・関水渚ほか

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編を見るなら▼

とけいの評価は?

 83/100点

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編は事前知識がいる?

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編だけでストーリーは完結しています。

そのため事前知識なく、本作の鑑賞が可能です。

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編は、フジテレビ系で放送されたテレビドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画化第2弾です。

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編に広瀬すずが出演?

こっくり役は、関水渚さんが演じています。広瀬すずさんではありません。

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編に、広瀬すずが出演している?」とSNSで話題になりました。

それでも、「こっくり役と広瀬すずそっくりだと似すぎ」と『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編の本筋ではないところから、大きな反響を呼びました。

こっくり役を演じた関水渚とは?

関水渚のキャリア
  • 出身 神奈川県
  • 生年月日 1998年6月5日
  • デビュー作『町田くんの世界』(19)

関水渚せきみずなぎさ)さんは、石原さとみらと同じホリプロタレントスカウトキャラバン出身です。

残念ながらグランプリを逃していますが、2017年4月から放映された「アクエリアス」のCMで芸能界デビューを果たしました。

映画『町田くんの世界』(19)で1000人を越えるオーディションを勝ち抜き、ヒロインの猪原奈々役で映画初主演を果たします。

また、『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編にも出演を果たしました。

こっくりはダー子に憧れた

関水渚さんが演じたこっくりは『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編のキーパーソンです。

関水渚さんは、インタビューで「女優として、表現力や引き出しも多い。授業料を払いたいぐらい」とダー子を演じた長澤まさみさんに対して、尊敬のコメントを残しています。

また古沢良太監督は「確かな演技力と抜群の透明感があり、どんどん成長してくれる方がいい」と、関水渚さんに期待しています。

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編の殺し屋は誰?

『コンフィデンスマンJP』・プリンセス編の殺し屋(ナイフ使い)の2人の女性は、甲斐まりかさんとアイリス・ウー(Iris Woo)さんです。

甲斐まりかのキャリア
  • 出身 東京都
  • 生年月日 1995年10月8日
  • 学歴 英国エジンバラ大学卒業
アイリス・ウー(Iris Woo)のキャリア
  • 出身 マレーシア
  • 生年月日 1993年1月12日

まとめ:続編の『コンフィデンスマンJP 英雄編』が公開決定へ

『コンフィデンスマンJP』シリーズはドラマ版からロマンス編が人気を博し、プリンセス編も話題となりました。

そして映画第3弾『コンフィデンスマンJP 英雄編』と続いています。

ダー子ら三人組はもちろんのこと、関水渚さんも出演しています。

▼こちらも読みたい▼

(※本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。