U-NEXT

『U-NEXT』のデメリット・メリット3選【ここだけの本音】

『U-NEXT』のデメリットとメリット
本ページはプロモーションが含まれています

『U-NEXT』のメリット・デメリットが知りたい!

そもそも『U-NEXT』だけのいいところって?

そこでギモンを解決するために、本記事では『U-NEXT』のデメリットとメリット3選を紹介します。

とけい

とけいは3年間『U-NEXT』を実際に利用しています。

記事のポイント
  • 『U-NEXT』のデメリット・メリット3選
  • 『U-NEXT』の登録はカンタン3STEP

それでは『U-NEXT』のデメリット3選から見ていきましょう。

『U-NEXT』のデメリット3選

POINT
『U-NEXT』のデメリット
  1. 月額料金が高い
  2. 有料コンテンツがある
  3. オリジナルコンテンツが少ない

【1】月額料金が高い

動画配信サービス月額料金【2023年時点】
Disney+990円(税込)
U-NEXT2,189円(税込)
Hulu1,026円(税込)
TSUTAYA DISCAS2,052円(税込)
FODプレミアム976円(税込)
Amazon Prime Video500円(税込)
Netflix880円(税込)

『U-NEXT』は月額料金が高いです。

『U-NEXT』の月額料金は2,189円(税込)。

他のVODサービスと比較すると、月額料金がトップクラスに高い。

ですが、ここからが重要なポイントです。

実質的な月額料金

『U-NEXT』の月額料金は2,189円(税込)。

ただし有料会員になると、毎月1,200円分のポイントがもらえます。

そのため実質的な月額料金は989円(2,189円-1,200円)となります。

『U-NEXT』は高すぎる?【3年間利用して分かった本音をレビュー】の記事では、実際に『U-NEXT』を利用している感想を書いています。

アカウント数は最大4つまで

また『U-NEXT』では家族と最大4つまでアカウントを共有可能です。

そのため『U-NEXT』を効率よく活用するイメージをしてみましょう。

  1. 実質的な月額料金は989円
  2. 最大4アカウントで989円÷4=約247円/人

と、実はそこまで割高ではないのです。

ファミリーアカウントの作り方は『U-NEXT』のファミリーアカウントでお得に利用【アカウント共有に関するギモンまとめ】の記事で紹介しています。

【2】有料コンテンツがある

『U-NEXT』のデメリット2つ目は、すべての動画が見放題ではない点です。

『U-NEXT』の料金には2種類あります。

見放題作品とポイントを支払って楽しむレンタル作品です。

新作映画は、ポイントによる有料作品になるケースが多い特徴があります。

新作映画は1200円分のポイントで

ですが『U-NEXT』の有料会員なら、毎月1200円分のポイントがもらえます。

新作映画は399Pが多い印象。

つまり月3本くらいなら、実質タダで新作映画が楽しめます。

【3】オリジナルコンテンツが少ない

『U-NEXT』の最大のデメリットは、オリジナル作品が少ない点です。

ですが「HBO Max」の作品が独占配信されるようになり、『U-NEXT』だけで楽しめるドラマが増加しています。

「HBO Max」はアメリカ最高峰のケーブルテレビです。

それでは次に『U-NEXT』のメリット3選を見ていきましょう。

『U-NEXT』のメリット3選

POINT4
『U-NEXT』のメリット
  1. 見放題作品数が日本一
  2. 毎月1200ポイントもらえる
  3. エンタメが『U-NEXT』だけで完結

『U-NEXT』のいいところ。

それは31日間の無料トライアル登録だけでも、有料作品に使える600Pがもらえる点です。

【1】見放題作品が日本一

  • 見放題作品29万本
  • レンタル作品4万本【2023年7月時点】

作品が、いっぱいです。

そのため「観賞したい映画がない!」といった不満を『U-NEXT』で感じたことがありません。

『U-NEXT』の見放題は少ない?」とのウワサについて。これは、ウソです。

【2】毎月1200ポイントもらえる

『U-NEXT』の有料会員になると、毎月1200ポイントがもらえます。

無料トライアル期間でも600Pもらえます。

つまり『U-NEXT』では、ポイントの有効活用がおトクに利用するカギです。

U-NEXTポイントの使い道がないはウソ!【おすすめの活用法5選】では、お得なポイント活用方法をまとめています。

【3】エンタメが『U-NEXT』だけで完結

映画以外のエンタメも『U-NEXT』では充実しています。

とくに雑誌の流し読みやアニメ観賞などにもいい。

『U-NEXT』のページ一つで全てが楽しめるので、エンタメごとにアプリを切り替えなくてはいけない。

そんな手間も省けます。

まとめ

『U-NEXT』のデメリットとメリット3選を紹介しました。

『U-NEXT』のデメリット
  1. 月額料金が高い
  2. 有料コンテンツがある
  3. オリジナルコンテンツが少ない
『U-NEXT』のメリット
  1. 見放題作品数が日本一
  2. 毎月1200ポイントもらえる
  3. エンタメが『U-NEXT』だけで完結

『U-NEXT』は見放題作品が他のVODと比べてダントツに多く、気に入った作品を見つけやすいです。

『U-NEXT』は日本発のサービスだから安心感もあります。

まずはお試し感覚で、気になった映画を『U-NEXT』を見ることがオススメです。

31日間の無料トライアルがある

『U-NEXT』には31日間の無料トライアルがあります。

31日間無料トライアル中に『U-NEXT』がどのくらい便利で、使いやすいか。

何より本当に『U-NEXT』を楽しめるのかを、しっかりと無料トライアルで確かめておくのもアリでしょう。

『U-NEXT』は登録もカンタンで、たったの3STEPです。

『U-NEXT』には31日間の無料トライアルがあるので、しっかりと試せます。

ほかにも『U-NEXT』の料金で損しないための教科書【保存版】の記事で、おトクな活用方法をまとめています。

(※本ページの情報は2023年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

この記事で紹介する商品やサービスを購入・申込することで売上の一部が還元されることがあります。

取扱い広告案件(会社)一覧は下記の通りです。

・株式会社リンクエッジ
・株式会社ファンコミュニケーションズ
・株式会社もしも
・バリューコマース株式会社
・株式会社フォーイット
・グーグル合同会社
・楽天グループ株式会社
・アマゾンジャパン合同会社
・株式会社アドウェイズ

RELATED POST