洋画

ビートルズがいなくなった世界?映画『イエスタデイ』をご紹介!【エドシーランも出演】

音楽の世界で、ビートルズが与えた影響は、計り知れないものがあります。

そんなビートルズの凄さを音楽の世界にいない人間でも、映画『イエスタデイ』は十分に味わえる作品となっています。

加えて、映画『イエスタデイ』には、ミュージシャンのエド・シーランが出演しています。

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • ビートルズの名曲を復習できる
  • 映画『イエスタデイ』のあらすじを紹介
  • エド・シーランのキャリアとは

それでは『イエスタデイ』のあらすじから行ってみましょう!

『イエスタデイ』のあらすじ

イギリスの海辺の町に暮らすシンガー・ソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみで親友の女性エリー(リリー・ジェームズ)に支えられて活動してきました。

ですがシンガーとしてジャックは全く売れず、夢を諦めようとしていました。

そんなある日、ジャックは停電が原因による交通事故に遭遇します。

作品名イエスタデイ
公開日2019/6/29
上映時間117分
主要キャストヒメーシュ・パテル/エド・シーラン
映画監督ダニー・ボイル

とけいの評価

48/100点

ビートルズが消えた世界を描く映画『イエスタデイ』

停電は、わずか15秒間の出来事でした。

ただその停電がきっかけで、世界から「ザ・ビートルズ/BEATLES」がいなくなってしまったのです。


【メーカー特典あり】 レット・イット・ビー スペシャル・エディション (スーパー・デラックス)(完全生産限定盤)(SHM-CD)(5枚組)(Blu-Ray Audio付)(特典: A3ポスター付)

ある日、売れないシンガーソングライター・ジャックは、周りにカバー曲のつもりでビートルズの名曲「Yesterday/イエスタデイ」を歌い聞かせます。

すると、周りの仲間に「いつ書いたの?」と驚かれしまい、そこでビートルズが世界から消えたことを知るわけです。

ジャックがビートルズの名曲「Yesterday/イエスタデイ」を歌うシーンは、こちらです。

みんな驚いています。ジャックは、もっと驚いてます。

その後、ジャックはビートルズが本当に世の中から消え去った証拠をつかむ、とある行動を取っていきます。

さてそれから、ジャックはどのように動いていったのでしょうか?

『イエスタデイ』の主役はオーディションで決定

『イエスタデイ』の主役を演じたジャック役のヒメーシュは、オーディションから映画の出演を勝ち取っています。

ヒメーシュはオーディションの際にビートルズの名曲を披露したのですが、その現場に立ち会っていたエド・シーランはその歌を聴いて「彼ならいける。魂を込めた歌だ」と太鼓判を押し、キャストが決まったそうです。

売れないシンガーであるジャック以外、バンド「ザ・ビートルズ」を全く知らない状態になった世界を描いた『イエスタデイ』は、『スラムドッグ$ミリオネア』を世に生み出したダニー・ボイルがメガホンを取り、さらにエド・シーランが作品を盛り立てています。

『イエスタデイ』に登場したビートルズの名曲

映画のタイトルとなった「イエスタデイ」以外にも、本作ではビートルズの名曲が次々と登場しています。
その曲をリストとしてまとめてみました。

  1. When I’m 64
  2. Yesterday
  3. Eleanor Rigby
  4. Maxwell’s Silver Hammer
  5. Nowhere Man
  6. A Day In The Life
  7. Let It Be
  8. I Want To Hold Your Hand
  9. She Loves You
  10. I Saw Her Standing There
  11. In My Life
  12. Back In The U.S.S.R.
  13. The Long And Winding Road
  14. Here Comes The Sun
  15. Something
  16. While My Guitar Gently Weeps
  17. Carry That Weight
  18. Strawberry Fields Forever
  19. Hello, Goodbye
  20. Hey Jude
  21. Help!
  22. Yellow Submarine
  23. All You Need Is Love
  24. Ob-La-Di, Ob-La-Da

ポール・マッカートニーが作詞を担当した楽曲「Yesterday」は、実はポール・マッカートニーが、単独でレコーディングを行っています

その後、韻やメロディーを繋ぎ合わせるようにして「Yesterday」は完成したのです。

・ザ・ビートルズの楽曲で、これまで最もカヴァーされた作品は「Yesterday」

ビートルズにまったく興味のない人でも、映画『イエスタデイ』を鑑賞すると、ビートルズの名曲に聞き覚えがあると感じるでしょう。

本作を観るだけで、その魅力が十分に分かるはずです。

映画『イエスタデイ』でのエド・シーラン

映画『イエスタデイ』でのエド・シーランの立ち回りは、話のポイントになっていきます。

とあるシーンで、ジャックがコンサート会場でビートルズを熱唱するシーンがあるのですが、この会場は、実際にエド・シーランがコンサートを行った場所であり、コンサート終了後に、映画の1シーンが撮影されています。

そのため、臨場感がすごいです。

ジャックが歌うビートルズの名曲「ヘイ・ジュード」をダメ出しするエド・シーラン

ビートルズがいない音楽業界、見物です。

エド・シーランのキャリア

イエスタデイ』に登場するエド・シーランのキャリアを見ていきましょう。

本名エドワード・クリストファー・シーランは 1991年2月17日生まれのイギリス出身。

グラミー賞を4回受賞した経験を持つシンガーソングライターです。ルーパーペダルとアコースティックギターを駆使し、特徴的なメロディーを奏でていきます。

2011年『+』でレコードデビュー
2013年映画『ホビット 竜に奪われた王国』のエンド・クレジットに「I See Fire」が採用される
2014年アルバム『x (マルティプライ)』がイギリス・アメリカともにアルバム・チャートで初登場1位を獲得
2017年アルバム『÷ (ディバイド) 』は「最も再生されたアルバム」としてロングセールスに
2017年10月Shape Of You「シェイプ・オブ・ユー」はシングル、デジタルシングルセールスが2600万枚を超える。3つのギネス世界記録を樹立した。
2019年映画『イエスタデイ』にュージシャンのエド・シーラン役として出演

何より目に留まるのは、Shape Of You「シェイプ・オブ・ユー」の世界記録です。

ポン、ポンポンと独特なリズムで始まるこの曲は、日本でも非常に有名な一曲となりました。

華々しいエド・シーランのキャリアが、映画『イエスタデイ』をより盛り立てています。

まとめ

『イエスタデイ』はストーリーを楽しみながら、改めてビートルズの凄さを確認できる映画です。

ビートルズが、いなくなった世界。

停電の影響により誰もビートルズを知らなくなった世界で、ただ1人・売れないシンガーソングライターだけは、ビートルズの楽曲を覚えていました。

さて、あなたならどうしますか?

ぜひ、ビートルズの良さに浸りつつ、映画『イエスタデイ』のストーリーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

※今回紹介したい映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

(無料トライアルでもらえる600Pのうち、199Pを利用する必要があります)

\登録・解約も簡単/

※31日間以内に解約で完全無料です

↓   ↓   ↓   ↓

(※本ページの情報は2021年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。