洋画

洋画『知らなすぎた男』がコントみたいで面白かった話

今回、ご紹介する映画は『知らなすぎた男』(The Man Who Knew Too Little)です。

映画を観終わった感想として、一番最初に浮かび上がったものは「コント」でした。

 

そう。

昨年(2020年)に、色々話題となったあの笑いコンビと、本作が少し重なったのです。

 

 

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント

・映画『知らなすぎた男』のあらすじを紹介

・ビル・マーレイのキャリアをご紹介

 

本記事は2ページ目より、ネタバレが含まれます。

まだ映画『知らなすぎた男』をご覧になっていない方は、まずは本編をお楽しみ下さい。

Amazonで観る

 

 

それでは、さっそく映画『知らなすぎた男』のあらすじから見ていきましょう!

 

『知らなすぎた男』のあらすじ

アメリカでビデオ店に勤務するウォレスは、自身の誕生日に弟のジェイムズが住むロンドンへと旅行します。

ただし、弟はその日、商談パーティーがありました。

そのため、兄のウォレスが、ちょっぴりジャマです。

そこで弟は、ロンドンでは人気が出ていた体験型「ライブ劇場」に兄を参加させることにしました。

渋々、ゲームに参加したウォレスは、電話ボックスから電話を受け取り芝居を開始します。

が、しかし……?

 

作品名知らなすぎた男
公開日1998/11/21
上映時間93分
主要キャストビル・マーレイ
映画監督ジョン・アミエル

Amazonで観る

  • Amazonプライムビデオは最初の1ヶ月間、無料で映画が楽しめる

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

 

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。