洋画

映画『パターソン』は詩が中心!ジム・ジャームッシュの映画には文学の匂いがする?

日常の暮らしを、淡々と描いた作品があります。映画『パターソン』です。

とけいは本作を鑑賞後に、ふと思いました。

パターソンは、純文学の読後感に似ている」と。

記事のポイント
  • 映画『パターソン』を手がけたジム・ジャームッシュ
  • 映画『パターソン』の詩について

ネタバレは一切、ございません。

それでは、映画『パターソン』のあらすじから見ていきましょう!

『パターソン』のあらすじ

バス運転手は、街の名前「パターソン」と同じ名前のパターソンでした。

毎朝、パターソンは起きると、妻のローラにキスをします。

それから同じ道を通勤して、バスを走らせ、夜には帰宅します。

その後、いつものように愛犬と散歩をして、バーで1杯だけお酒を楽しみます。

平凡で単調な7日間――そのすべてが、美しいのです。

作品名パターソン
監督ジム・ジャームッシュ
公開日2017/8/26
上映時間118分
キャストアダム・ドライバー/永瀬正敏

\\『パターソン』を見るならここ!!//

とけいの評価は?

 86/100点

『パターソン』は詩人

パターソンは、朝食を食べている時やバスを運転している時などに、常に詩を考えています。

そんな様子をいつも見ているパターソンのパートナーは、詩集を公にしようと勧めてきます。

しかし、パターソンは詩人と名乗ることに興味がありません。

一方で、他の人の詩には、興味があります。

詩人だと思われる人には、自らよく声を掛けています。

『パターソン』と詩

映画『パターソン』は、詩人を主人公にしています。

でも実際には、本人は詩人だと名乗っていません。

それでも、心は完全に詩人であるのです。

そんな映画『パターソン』では、多くの詩が登場します。

一つ、パターソンが尊敬する詩人ウィリアム・カーロス・ウィリアムズの詩を紹介します。

「たいしたことじゃないんだけど」
ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ

食べたよ
あのプラム
冷蔵庫に
あったやつ

たぶん君が
朝食のとき用に
とっておいた
あれだよ

ゆるしてくれ
本当においしかった
とても甘くて
とても冷たくて

ウィリアム・カーロス・ウィリアムズは、映画『パターソン』の舞台にもなったニュージャージーに実在する町パターソンで、生まれた詩人です。

1950年、パターソンの町全体を人間のメタファーのように書いた詩集『パターソン』で、全米図書賞を受賞しました。

ジム・ジャームッシュの映画には文学の匂いがする

ジム・ジャームッシュが詩集に出会ったことで、映画『パターソン』が作られた背景があります。

そのためか映画『パターソン』では、絶妙な間が各シーンに組み込まれています。

日常や登場人物の感情に目を向けて、本作を鑑賞すると、また味わいが変わってくるでしょう。

ジム・ジャームッシュは、文学の「連作短編」を映画のフォーマットに活用した監督です。

その独自の作風が、ミュージシャンの友人を増やしたのかもしれません。

交友関係から映画出演に至ったミュージシャンも多く、ジョン・ルーリートム・ウェイツなどが有名です。

永瀬正敏が、『パターソン』のラストで登場

映画『パターソン』のラストシーンに、永瀬正敏が登場します。

ジム・ジャームッシュと永瀬正敏のコンビは、映画『ミステリー・トレイン』以来となります。

映画『パターソン』内で、永瀬正敏は、日本人詩人役を演じています。

日常の中にある非日常を体現したかのような二人のやりとりに、小説的な優雅なひとときを感じられることでしょう。

まとめ

ジム・ジャームッシュが『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』以来、4年ぶりに発表した長編映画が『パターソン』です。

映画『パターソン』は、あくまで平凡な日常を切り取っただけです。

ただ、7日間が川のせせらぎのように流れていき、時にハプニングを起こします。

そこで、実感するのです。

平凡な日常こそ、何よりの幸せである」と。

ゆったりとした気分で日常の移ろいを感じられる映画『パターソン』を、ぜひこの機会に鑑賞してみてはいかがでしょうか?

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。