ニュース

『キングスマン』のコリン・ファースがスパイ役で登場!映画『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』とは?

2月18日から公開される『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』は、ヒトラーが騙されます。

その作戦は、「死体」だった……?

『キングスマン』のコリン・ファースが、再びスパイ役で登場する意味でも、要注目な作品です。

記事のポイント
  • 『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』の紹介
  • 『キングスマン』のコリン・ファースが、再びスパイ役に

それでは、『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』のあらすじから見ていきましょう。

『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』のあらすじ

第二次世界大戦中にあった実話が、映画化されます。

  1. ヒトラーを騙すために、「死体」で高級将校に仕立て上げます
  2. 死体に、偽の文書を持たせます
  3. 中立国ですが、ナチス寄りであったスペインの海岸に死体を漂着させる

そんな驚きの奇策「ミンスミート作戦」を、チャーチル首相に提案するのですが……?

作品名オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体
監督ジョン・マッデン
公開日2022/2/18
上映時間128分
キャストコリン・ファース

とけいの評価

ー(未視聴)

『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』のキャスト

  1. コリン・ファース
  2. マシュー・マクファディン

注目はやはり、『キングスマン』のスパイ役で有名なコリン・ファースが『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』で、スパイ役を再演することでしょう。

コリン・ファースがMI5のモンタギュー少佐を、演じます。

元弁護士のスパイ役です。

また、マシュー・マクファディンが、チャムリー大尉を演じています。

キャスト陣には、イギリス最高峰の面々が勢ぞろい

そのほかのキャスト陣も、豪華です。

『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』に登場するマシュー・マクファディンは、『プライドと偏見』や『エジソンズ・ゲーム』が有名な人気俳優です。

更に、イアン・フレミング役には、『ブルックリンの恋人たち』などに出演したジョニー・フリンが担っています。

『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』の監督はジョン・マッデン

監督は、『恋におちたシェイクスピア』のジョン・マッデンです。

『恋におちたシェイクスピア』は、アカデミー賞で作品賞含む7部門を制覇した傑作です。

また、『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』の製作には、『英国王のスピーチ』のイアン・カニングが参加しています。

『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』のストーリーはメタファーあり?

『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』は、ストーリーの中心に一番失敗しそうな「ミンスミート作戦」があります。

やがて各国間の駆け引き、策略、終いには裏切り合戦へと発展していきます。

本作はミンスミート作戦が、「映画製作」のメタファーと重なっていく驚きの展開です。

  1. 脚本の最終稿が、プロデューサーチェックを通らない
  2. 主役のイメージにぴったりの俳優が見つからない
  3. 監督と女優のラブロマンス

前情報だけでも、『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』の展開にはワクワクします。

また、あくまで、コメディでは無いらしいので、スパイ映画として楽しめそうです。

まとめ


『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』は、頭脳戦がハイレベルです。

そのためスパイ映画好きだけでなく、マンガ好きにもオススメな作品です。

そして、やはり主役を務めたコリン・ファースのスパイ役に、注目です。

▼コリン・ファースも登場している『キングスマン』の世界とは?

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。