映画レビュー

【ネタバレ】『マイノリティ・リポート』で登場するアガサとは?

犯罪が予知できる近未来を観られる映画作品が、『マイノリティ・リポート』です。

本作には、プリコグと呼ばれる存在が3人います。

その中でもとくに、一番知能の高いプリコグのアガサは、重労働をやらされていました。

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 『マイノリティ・リポート』で登場するアガサとは

『マイノリティ・リポート』を見るなら▼

それでは『マイノリティ・リポート』のあらすじから見ていきましょう!

『マイノリティ・リポート』のあらすじ

『マイノリティ・リポート』の舞台は、2054年です。

近未来の世界では、犯罪を予知する機関「犯罪予防局」がありました。

犯罪を不可能にしたのは、「プリコグ」と呼ばれる予知能力者が未来の殺人を当てられるからです。

ジョンは、犯罪予防局で犯罪を未然に防ぐ仕事をしていました。

しかし、次の犯人が予知された時、ジョンの人生が一変します。

なぜなら次の犯人は、ジョン自身であったからです。

作品名マイノリティ・リポート
監督スティーブン・スピルバーグ
公開日2002/12/7
上映時間145分
キャストトム・クルーズ

『マイノリティ・リポート』を見るなら▼

とけいの評価は?

 72/100点

『マイノリティ・リポート』には原作小説があった

『マイノリティ・リポート』は『トータル・リコール』と同じくフィリップ・K・ディックの原作小説を映画化した作品です。

最初は『マイノリティ・リポート』の映画化権を持つ監督で企画を進めていました。

ですが、トム・クルーズがスピルバーグ監督に直談判し、スコット・フランクが脚本担当に変更されました。

また、トム・クルーズスピルバーグ監督は共に多忙でした。

そのため、両者のスケジュールが空いた時期を見計らった後に、映画『マイノリティ・リポート』の制作が始まっていったのです。

『マイノリティ・リポート』の意味は?

マイノリティ・リポートの意味は、少数報告です。

犯罪を不可能にしたのは、3人の「プリコグ」です。

しかし実は、プリコグ全員の予知が一致するとはかぎりません。

このプリコグの少数意見を『マイノリティ・リポート』と呼んだのですが、予知が一致しないということは、つまりシステムの信頼性に関わります。

そこで犯罪予防局は、その事実を隠したのです。

さて、このように複雑な事情が絡む『マイノリティ・リポート』は、どのような結末を迎えたのでしょうか?

それは、本作を観てのお楽しみです。

 ◆U-NEXT31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。