洋画

『マイノリティ・リポート』で登場するアガサとは?

犯罪が予知できる近未来。

その絶対的な要に3人のプリコグが存在しています。とくに、一番知能の高いアガサは重労働を課せられていました。

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 『マイノリティ・リポート』で登場するアガサとは

それでは『マイノリティ・リポート』のあらすじから見ていきましょう!

『マイノリティ・リポート』のあらすじ

『マイノリティ・リポート』の舞台は2054年です。

近未来の世界では、犯罪を予知する機関がありました。犯罪予防局と呼ばれています。不可能を可能にしたのは、「プリコグ」と呼ばれる予知能力者が未来の殺人を当てられるからです。

ジョン(トム・クルーズ)は、犯罪予防局で犯罪を未然に防ぐ仕事をしていました。

しかし、次の犯人が予知された時、ジョンの人生が一変します。

なぜなら、次の犯人は「ジョン」自身であったからです。

作品名マイノリティ・リポート
監督スティーブン・スピルバーグ
公開日2002/12/7
上映時間145分
メインキャストトム・クルーズ

とけいの評価

72/100点

『マイノリティ・リポート』に登場するアガサとは?

アガサは、予知能力を持つプリコグの1人です。

3人いるプリコグの中で最も能力が高く、薬物中毒の子どもとして産まれた複雑な過去を持ちます。

『マイノリティ・リポート』は、犯罪予防局で働くジョンが舞台です。

未来の犯罪を予知できる「プリコグ」のおかげで、犯罪を未然に防ぐことが可能になったのです。

しかし、「もう予知はしたくない」とジョンに語るアガサのシーンから分かるように、プリコグは過酷な労働環境に追い込まれていました。

坊主の上に、ヘッドギアをつけられた状態で拘束されているアガサは、見ていて痛々しく感じます。

また、ドーパミンやエンドルフィンを投与されているなどの描写もあります。自分が殺人を犯すと予知されたジョンは、その後、アガサを連れて外へ逃げます。

クライマックスはハッピーエンドか、それとも…?

『マイノリティ・リポート』に登場する最先端技術

  • ジェットパック

最先端のガジェット「ジェットパック」は移動を快適にするアイテムです。

  • 網膜認証ロボット「スパイダー」

網膜や虹彩といった瞳を使った生体認証は、今やスマートフォンにも取り入れられ、身近な存在となりました。

『マイノリティ・リポート』には原作小説があった

『マイノリティ・リポート』は『トータル・リコール』と同じくフィリップ・K・ディックの原作小説を映画化した作品です。

最初は『マイノリティ・リポート』の映画化権を持つ監督で企画を進めていたのですが、トム・クルーズがスピルバーグ監督に直談判し、スコット・フランクが脚本担当に変更されました。

また、トム・クルーズスピルバーグ監督は共に多忙だったので、両者のスケジュールが空いた時期を見計らった後に『マイノリティ・リポート』の制作が始まっていったのです。

まとめ

タッチできる「ホログラム」に「網膜認証システム」は、SF映画の話ではありません。実際の世界で開発され、着々と実用化が進められている新技術です。

ストーリーはもちろんのこと、遠すぎない未来を感じさせる新技術を堪能できる映画『マイノリティ・リポート』では、殺人犯になると予知されたジョンが逃げまわります。

その動きには、スタイリッシュな近未来の技術が詰め込まれています。

※今回紹介したい映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

\登録・解約も簡単/

※31日間以内に解約で完全無料です

↓   ↓   ↓   ↓

(※本ページの情報は2021年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。