邦画

カランコエの花言葉を知っていますか?映画『カランコエの花』のあらすじと共に解説!

カランコエは花であり、園芸店やホームセンターで簡単に手に入ります。赤やピンクなど色鮮やかな花が集まって咲いている姿は、美しいの一言です。

そんなカランコエは2月25日、12月11日の誕生花であり、また花言葉としてたくさんの意味を持っています。

今回はカランコエの花言葉と共に、カランコエがタイトル名に採用されている短編映画『カランコエの花』をご紹介します。

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 『カランコエ』の花言葉とは
  • 映画『カランコエの花』のあらすじも紹介

カランコエの花言葉とは

カランコエは、秋から春にかけて美しい花を咲かせます。カランコエの名前の由来は、フランスの博物学者であるミシェル・アダンソンがカランコエの中国名「加籃菜」の発音からカランコエと名付けたと言われています。

カランコエの花の色は、白・黄・オレンジ・赤・ピンクなど様々です。

名称カランコエ(Kalanchoe)
科・属ベンケイソウ科・カランコエ属
和名紅弁慶
原産地マダガスカルなど
カランコエの誕生花2月25日・12月11日

暖色系の色が多いです。

またカランコエは、日当たりの良い明るい場所に鉢植えで育てましょう。

  1. 夏の強い直射日光
  2. 8℃未満の低い気温
  3. 高い湿度

カランコエの花は、上記3点のように環境にとても弱いので、注意しなければなりません。そんなカランコエの開花時期は11月~5月です。

しかし、温かい地域では例外もあります。

そしてカランコエには、実に12もの花言葉があります。

「カランコエ」12の花言葉

カランコエは、12の花言葉があります。

カランコエの花言葉はよい意味のものが多く、大切な人へ感謝の気持ちを伝える際に贈る花として非常に適しています。それでは、カランコエの花言葉を紹介しましょう。

  1. 幸福を告げる
  2. たくさんの小さな思い出
  3. あなたを守る
  4. 幸せをつくる
  5. おおらかな心
  6. 長く続く愛
  7. 柔軟性
  8. 忍耐力
  9. 切磋琢磨
  10. ときめき
  11. とっておきの
  12. 人気・人望

ちなみに、英語でのカランコエの花言葉は、

  • popularity(人気、人望)

です。

カランコエの小さな花達を「人」として考えてみると、いくつもの小さな花達が、ぎゅっと集まっているようにも見えます。

こうしたカランコエの花の様子を見立てて、「popularity」の花言葉を持つようになったのでした。

『カランコエの花』のあらすじ

映画『カランコエの花』のテーマは「LGBT」です。本作の上映時間は「39分」と非常に見やすいです。

ある日、高校生達は先生が休んだ代わりに行われた授業で、LGBTを学びます。そこから、クラスの空気が一変します。

もしかしたら、クラスメイトの誰かがLGBTだから臨時授業をしたのではないのか……?

一ノ瀬月乃(今田美桜)はLGBTではありませんでしたが、クラスの雰囲気が変わっていくことに、違和感を抱いてきます。

作品名カランコエの花
公開日2018/7/14
上映時間39分
キャスト今田美桜
映画監督中川駿

LGBTとは

以下の4つの頭文字をとって、名付けられた用語です。 

  1. レズビアン(女性同性愛者)
  2. ゲイ(男性同性愛者)
  3. バイセクシュアル(両性愛者)
  4. トランスジェンダー(性別越境、性別違和)

とけいの評価

49/100点

『カランコエの花』の主役は今田美桜【一ノ瀬月乃】

今田美桜(いまだみお)は、福岡出身。誕生日は、1997年3月5日です。

女優デビューは、映画「罪の余白」(15)です。今田美桜さんのメディア出演リストは、以下の通りです。

  1. 「花のち晴れ 花男 Next Season」(18)
  2. 「カランコエの花」(18)
  3. 「君は月夜に光り輝く」(19)
  4. 「半沢直樹シリーズ」(20)

『カランコエの花』の見どころ

「LGBTがこのクラスにいるのでは?」

好奇の目線をLGTB本人ではなく、周囲から描いている作品が『カランコエの花』です。

非常に、意欲的な作品です。『カランコエの花』の登場人物は高校2年生であり思春期全開のため、好奇の目線を避けられません。

本作のポイントは、LGBTの言葉の意味を知ったところで、理解を深めるには至らないという点です。

LGBTは、とても繊細な問題です。知識うんぬんではなく、理解という意味においては、今後も永遠のテーマとなるでしょう。

わずか39分の短編映画でありながら、映画『カランコエの花』は、強いメッセージを残す作品となったのでした。

まとめ

今田美桜が演じた一ノ瀬月乃は、あくまでLGBT本人ではない周りから見た視線を他の生徒にぶつけています。

その視線が新鮮であり、また痛々しくもあります。

社会問題にもなっているLGBTの認識の難しさを、『カランコエの花』を鑑賞して再認識してみて下さい。

※今回ご紹介した映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

U-NEXTの無料トライアルとは?

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
1)見放題作品が31日間無料で視聴可能(一部最新作を含む)

2)600円分のポイントが付与される!
先行配信の最新作から最新コミックの購入まで何でも使えます

\登録・解約も簡単/

※31日間以内に解約で完全無料です

↓   ↓   ↓   ↓

(※本ページの情報は2021年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。