邦画

色彩美を堪能せよ!映画『Diner ダイナー』と原作を比較してみた

今回、ご紹介する映画はDiner ダイナーです。

圧倒的な色彩美で描かれる飲食店では、お客様が全員「殺し屋」という特殊な設定になっています。

 

蜷川実花監督と藤原竜也さんが初タッグを組んだ今作。

他にもオオバカナコ役に玉城ティナ。殺し屋役に窪田正孝・小栗旬・真矢ミキら豪華キャストがズラリと勢揃いした作品です。

 

 

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 映画『Diner ダイナー』のあらすじを紹介
  • 原作と映画『Diner ダイナー』の違いを解説

 

本記事は2ページ目より、ネタバレが含まれます。

まだ映画『Diner ダイナー』をご覧になっていない方は、まずは本編をお楽しみ下さい。

Amazonで観る

 

 

それでは、さっそく映画『Diner ダイナー』のあらすじから見ていきましょう!

 

『Diner ダイナー』のあらすじ

元殺し屋の天才シェフ・ボンベロが店主のレストラン「ダイナー」は、お客様がすべて殺し屋という変わった店です。

日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したせいで身売りされた少女・オオバカナコは、ボンベロに買われてウェイトレスとして働くことになります。

客は、全員が殺し屋。

癖のある客ばかりで、オオバカナコは苦戦しますが……?

作品名Diner ダイナー
公開日2019/7/5
上映時間117分
キャスト藤原竜也・玉城ティナ
映画監督蜷川実花

Amazonで観る

  • Amazonプライムビデオは最初の1ヶ月間、無料で映画が楽しめる

※30日以内に解約すれば料金は一切かかりません

 

※次のページから、ネタバレを含みます。

1 2
ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。