洋画

伊坂幸太郎の人気小説がブラッド・ピット主演で映画に『ブレット・トレイン』

伊坂幸太郎の人気小説シリーズ『マリアビートル』が、ハリウッド映画『ブレット・トレイン』として実写化されました。

その主役は、なんとブラッド・ピットです。

この記事を読めば、こんなことが分かります。

記事のポイント
  • 『ブレット・トレイン』の豪華キャスト陣
  • 『ブレット・トレイン』の原作『アリアビートル』との違い

それでは、『ブレット・トレイン』のあらすじから見ていきましょう。

『ブレット・トレイン』のあらすじ

久しぶりに任務に復帰した殺し屋(ブラッド・ピット)は「あるブリーフケースを盗むように」との指示を、電話で受けました。

彼はコインロッカーに用意されていた銃を、あえて受け取りません。

この仕事には良い運気を感じる」と思ったからです。

しかし、この男はいつも不幸です。

こうして超高速鉄道に、飛び乗りますが……?

作品名ブレット・トレイン
監督デヴィッド・リーチ
公開日2022/9/1
上映時間126分
キャストブラッド・ピット
とけいの評価は?

 83/100点

『ブレット・トレイン』の舞台は日本

『ブレット・トレイン』の舞台は、日本です。

富士山や、ライトアップされた東京タワー・サムライ感全開の京都など、日本らしさが全面に押し出されています。

そのためか、『ブレット・トレイン』のキャストには、日本人も含まれています。

『ブレット・トレイン』のキャスト

  1. ブラッド・ピット
  2. ジョーイ・キング
  3. アーロン・テイラー=ジョンソン

主演の殺し屋を、『ファイト・クラブ』・『セブン』など、代表作だらけのブラッド・ピットが務めます。

また他にも、「キスから始まるものがたり」シリーズのジョーイ・キングや『TENET テネット』のアーロン・テイラー=ジョンソンなど、豪華キャストが勢揃いです。

『ブレット・トレイン』には日本俳優陣も

  1. 福原かれん
  2. 真田広之

『スーサイド・スクワッド』(16)でのカタナ役から、ハリウッド映画デビューを果たした福原かれんが『ブレット・トレイン』に、登場します。

また「運命」を語りたがる剣の達人のエルダーを、真田広之が演じます。

『ブレット・トレイン』の監督は『デッドプール2』で有名なデヴィッド・リーチ

『ブレット・トレイン』の監督は『デッドプール2』で有名なデヴィッド・リーチです。

原題は『BULLET TRAIN』です。

邦題は、そのまま呼んだ『ブレット・トレイン』が採用されました。

ちなみに、日本語訳では『弾丸列車』となり、本編のタイトル映像にも採用されています。

『ブレット・トレイン』にはカメオ出演が多かった

映画『ブレット・トレイン』では、監督のデヴィッド・リーチに関係するキャストが多く登場しています。

  • 『デッドプール2』のザジー・ビーツ
  • 『デッドプール』のライアン・レイノルズ

『ブレット・トレイン』の原作は伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』

  • 映画:『ブレット・トレイン』
  • 原作:伊坂幸太郎『マリアビートル』(⾓川⽂庫刊)

原作者でもある伊坂幸太郎からのコメントも到着しています。

何この日本!? と驚きつつ、豪華な俳優さんたちが活き活きと暴れていることに興奮しました!

暗い気持ちを吹き飛ばす楽しい映画になるのでは! と期待しちゃいます。

『ブレット・トレイン』と原作『マリアビートル』との違い

原作小説『マリアビートル』は、伊坂幸太郎の手がける大人気殺し屋シリーズの第2段です。

  1. 『グラスホッパー』
  2. 『マリアビートル』
  3. 『AX アックス』

小説『マリアビートル』の登場人物は、主に五人です。

  • 幼い息子の仇討ちを企てる元殺し屋の「木村」
  • 優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」
  • 闇社会の大物から密命を受けた、腕利き二人組「蜜柑」と「檸檬」
  • 運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」

『マリアビートル』の殺し屋は、東北新幹線の車内で、バトルを繰り広げていきます。

『ブレット・トレイン』と小説『マリアビートル』では、いくつかの設定の違いが見受けられました。

  • 舞台が、近未来都市の日本に
  • 王子が、少女に

更に、原作『マリアビートル』では、新幹線の行き先が東京から仙台方面でした。

対して、映画『ブレット・トレイン』では東京から京都に向かう東海道新幹線に変更されています。

まとめ

『ブレット・トレイン』は、日本好きの外国人が興奮するポイントがたくさん詰まっています。

  • 東京
  • ヤクザ
  • 京都

更に、車内でのバトルや主演のブラッド・ピットなど、本作は話題性が盛りだくさんです。

こうして日本のカルチャーが、スクリーン内で躍動します。

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。